BRIDGE

タグ Logbook

pLuckyがアドウェイズ、グローバル・ブレインから資金調達、スマホアプリ分析領域へ事業拡大

SHARE:

サービス分析ツール「Logbook」を提供するスタートアップpLuckyが、アドウェイズとグローバル・ブレインへの第三者割当増資を実施した。 「Logbook」は、サービス分析というサービス運営上非常に重要な作業を、簡単に行えるツールを提供することとで、データに基づくサービス改善を可能にすることを目的としたツール。サービスのジャンル等による指標及び目標の自動設計、指標を改善するために行なうべき施策…

logbook

サービス分析ツール「Logbook」を提供するスタートアップpLuckyが、アドウェイズとグローバル・ブレインへの第三者割当増資を実施した。

「Logbook」は、サービス分析というサービス運営上非常に重要な作業を、簡単に行えるツールを提供することとで、データに基づくサービス改善を可能にすることを目的としたツール。サービスのジャンル等による指標及び目標の自動設計、指標を改善するために行なうべき施策例を自動で提案といった機能がある。

「Logbook」は昨年、4月にアルファ版を公開。その後、約1年間をかけてpLuckyはプロダクトのブラッシュアップを行ってきた。現在、アルファ版は300以上のユーザが登録しているという。

スマホ分析領域への対応



pLuckyは今回調達した資金により、スマホアプリ領域におけるサービス分析事業の拡大を図る。ウェブサービスでは実施されることが増えてきたサービス分析だが、スマホアプリではまだ十分に分析できているプレイヤーは少ない。

多くのプレイヤーがスマホアプリを提供するようになってきており、将来的に盛り上がりを見せそうなのがスマホにおけるサービス分析の領域だ。

すでにいくつかの分析サービスが登場してきているが、pLuckyは初心者の人たち向けに使いやすい分析ツールを提供するという考えのもと、「Logbook」を開発していく。

「Logbook」は3月からスマホアプリへの対応も開始し、現在Android版、iPhone版アプリのユーザを募集中だ。そろそろアプリの分析を始めないと、と考えている人は「Logbook」をチェックしてみてはいかがだろうか

----------[AD]----------

スクー、InnoBeta、シロク、次々とスタートアップと提携するpLuckyがグロースハック領域で攻勢に

SHARE:

株式会社pLuckyと株式会社スクーは、ウェブサービス市場やスマートフォンアプリ市場におけるグロースハックを促進するためにパートナーシップを締結したことを発表した。 pLuckyは先日、開発中の分析ツール「Logbook」のα版ユーザの募集をスタートしている。pLuckyは連日スタートアップ各社とのパートナーシップを発表している。本日発表されたスクー、InnoBeta、シロクだ。 具体的な提携の内…

株式会社pLuckyと株式会社スクーは、ウェブサービス市場やスマートフォンアプリ市場におけるグロースハックを促進するためにパートナーシップを締結したことを発表した

schoo growth hack

pLuckyは先日、開発中の分析ツール「Logbook」のα版ユーザの募集をスタートしている。pLuckyは連日スタートアップ各社とのパートナーシップを発表している。本日発表されたスクー、InnoBetaシロクだ。

具体的な提携の内容は、pLuckyが提供予定の分析ツール「Logbook」を利用しているユーザがサービス課題を発見した際に、InnoBetaの提供するリモートユーザテストツール「UIscope」を解決策として提示する、シロクが提供する「Growth Push」「Growth Point」などといったグロースハックツールを提示する、課題解決に繋がる授業の情報をスクーが提供するといったものだ。

本誌の読者であれば、グロースハックという言葉が大きな盛り上がりを見せ始めていることは感じ取っているだろう。pLuckyはその実際的な手法はまだ浸透しておらず、「何かやらなければ」という意識が先行している状態で、具体的な改善手法が思いつかない、という人々が多いと考えている。

一連の提携は、グロースハック上の問題発見から解決方法の提供までを包括的にカバーすることで、グロースハックに取り組もうとするプレイヤーに対して最初の一歩を踏み出すことを促すことを目的としている。

pLuckyは今後も多くのサービス改善やグロースハックに関連する企業とパートナーシップを結んでゆく予定だという。



----------[AD]----------

誰でもサービス課題の分析をできるように、pLuckyが新たな分析ツール「Logbook」を開発

SHARE:

ユーザ行動分析ツール「SLASH-7」の開発・運営を行っているスタートアップ pLucky が新たなサービスの開発を行っている。同社が新たに開発しているのは、誰でも手助けなしで分析を始められる分析サービスだ。 「分析をしなければならない」、そう感じつつも何から分析をし始めればいいのかわからない、そんなユーザの数は少なくない。pLucky が開発している「Logbook」では、まず何を分析しなくては…

logbook

ユーザ行動分析ツール「SLASH-7」の開発・運営を行っているスタートアップ pLucky が新たなサービスの開発を行っている。同社が新たに開発しているのは、誰でも手助けなしで分析を始められる分析サービスだ。

「分析をしなければならない」、そう感じつつも何から分析をし始めればいいのかわからない、そんなユーザの数は少なくない。pLucky が開発している「Logbook」では、まず何を分析しなくてはいけないのか、その次には何をやるべきなのかを明確にしながら、分析の手助けをしてくれる。

AARRRのフレームワークで分析を手助け

最近その言葉を耳にする回数が増えているグロースハック、そのフレームワークとして知られているのが「AARRR」だ。このフレームワークは、スタートアップがデータドリブン経営を行う上で参考にするべきものとして開発された。「Logbook」は、このフーレムワークに合わせて分析が可能になるようユーザをサポートする。

AARRR

上記が「AARRR」のフレームワークを図で表現したものだ。

    Acquisition(獲得)
    Activation(活性化)
    Retention(継続)
    Referral(紹介)
    Revenue(収益)

今、自分たちが分析し、改善すべきなのはどの部分なのか。漠然とデータを見ているだけではわからないが、「Logbook」はこれをサポートしてくれる。「AARRR」についての詳細は、 pLucky が公開しているこちらのスライド資料を見てみると良いだろう。


質問に答えることで最適な分析のためのコードが生成

「Logbook」は、ウィザードとダッシュボードに力を入れている。用意された質問に回答していくことで、そのサービスに合わせたコードが発行され、そのコードを埋め込めば分析を始めることができる。ウィザードに答えていけば、見るべき指標や何を分析していかなければいけないのかがわかるというわけだ。

海外でも似たサービスは存在しているが、AARRRのフレームにそって分析するのをサポートするのみでウィザードなどはとくに用意されていない。それでは分析に対する知識があるユーザしか使うことができない。「Logbook」ではその点もクリアし、サービス分析への入り口を広げようとしている。

「Logbook」は日本語と英語に対応予定。日本だけではなく、香港や台湾、その他東南アジアのユーザもターゲットにしている。将来的に pLucky は「Logbook」を使うことで、課題発見をサポートし、改善のために最適なツールをレコメンドするような、グロースハックのプラットフォームを目指す。

「Logbook」は現在、α版の事前登録を募集している。同サービスを使ってみたい人は、こちらの情報をチェックしてもらいたい。



----------[AD]----------