THE BRIDGE

タグ MaBeee

乾電池IoTの「MaBeee(マビー)」、高齢者等見守りパッケージをビックカメラで販売開始

SHARE:

乾電池型IoTデバイス「MaBeee(マビー)」を開発・販売するノバルスは24日、高齢者等の見守りに主眼を置いたパッケージを家電量販店のビックカメラで販売開始する。今回販売されるパッケージは「MaBeee みまもり電池」は、見守られる人(高齢者など)に「MaBeee みまもり電池」、見守る人(家族など)に IoTBASE が提供するクラウドと連動したアプリ「スマート電池」をセットにして提供するもの…

MaBeee みまもり電池
Image credit: Novars

乾電池型IoTデバイス「MaBeee(マビー)」を開発・販売するノバルスは24日、高齢者等の見守りに主眼を置いたパッケージを家電量販店のビックカメラで販売開始する。今回販売されるパッケージは「MaBeee みまもり電池」は、見守られる人(高齢者など)に「MaBeee みまもり電池」、見守る人(家族など)に IoTBASE が提供するクラウドと連動したアプリ「スマート電池」をセットにして提供するもの。MaBeee みまもり電池が持つ持つ電流・電圧検出機能を用い、クラウド上で利用状況の可視化が可能となる。

ビックカメラは2018年秋に実施された「ビックカメラアクセラレーター」に採択されており、これをきっかけとして、今回、MaBeee みまもり電池をビックカメラで販売・プロモーションすることとなった。

ノバルス では、従来の多くの見守り製品で採用されている監視カメラや赤外線センサーとは異なり、高齢者にとって監視されている印象を受けにくいことから導入の抵抗が少ないとしている。このサービスを利用するには、MaBeee みまもり電池をビックカメラ店頭で購入し、電池を用いた製品と組み合わせ、スマートフォンなどの Bluetooth が利用できるデバイスからクラウドに接続する必要がある。販売価格は1個あたり2,980円(税別、予価)。

Image credit: Novars

ノバルスはこれまでも e コマースサイトや全国の家電量販店店頭で MaBeee を販売してきたが、MaBeee みまもり電池として、見守りに特化したパッケージを販売するのは今回が初めて。昨年7月、SOMPO ホールディングスグループ(東証:8630)とインフォコム(東証:4348)が共催したシニア向けビジネスコンテストでは、みまもり電池のアイデアで最優秀賞を受賞。以降、本パッケージの開発に注力し、販売にこぎつけた。

先月、電通が開催したアクセラレータプログラム「GRASSHOPPER」のデモデイで、ノバルスは今年、見守り用途への応用にフォーカスすることを明らかにしている。

ノバルスは、Plug and Play Japan Batch 1 に採択され、Monozukuri Hardware Cup 2019Tech in Asia Tokyo 2018のピッチセッション「Arena」でファイナリストに選ばれている。2016年9月にニッセイ・キャピタルとみずほキャピタルから1.2億円を調達。、2017年9月にニッセイ・キャピタルから1億円を調達している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」を開発するノバルス、ニッセイ・キャピタルとみずほキャピタルから1.2億円を調達

SHARE:

昨年11月にクラウドファンディング・キャンペーンをローンチし、最終的に目標額の12倍以上にあたる640万円あまりを集めた乾電池型 IoT「MaBeee(マビー)」。この MaBeee を開発するハードウェア・スタートアップ、ノバルスは8日、ニッセイ・キャピタルとみずほキャピタルから1.2億円を調達したと発表した。 今回の調達は、ノバルスにとって、インクルージョン・ジャパンからのシードラウンドでの資…

mabeee_featuredimage2

昨年11月にクラウドファンディング・キャンペーンをローンチし、最終的に目標額の12倍以上にあたる640万円あまりを集めた乾電池型 IoT「MaBeee(マビー)」。この MaBeee を開発するハードウェア・スタートアップ、ノバルスは8日、ニッセイ・キャピタルとみずほキャピタルから1.2億円を調達したと発表した。

今回の調達は、ノバルスにとって、インクルージョン・ジャパンからのシードラウンドでの資金調達(金額非開示)に続くものだ。同社では今回調達した資金を用いて、ソフトウェア、ハードウェアの開発メンバーを強化し、MaBeee のアプリケーション開発や新モデルの開発を進め、更にセールス・マーケティングメンバーを加えることで、より一層の事業拡大を推進していくとしている。

MaBeee は単三型乾電池の形状をした IoT デバイスで、ユーザは乾電池で稼働する製品に MaBeee を装着することで、スマートフォンから BLE (Bluetooth Low Energy)経由での操作が可能になる。例えば、乾電池を入れた MaBeee をミニ四駆に使うと、スマホを振るとミニ四駆が走り出したりするような操作だ。2016年8月からは、Amazon.co.jp などのEコマースプラットフォームのほか、コジマ、ソフマップ、ビックカメラなど全国の家電量販店の店頭でも販売が開始されている。

ノバルスは2015年4月、現在代表取締役を務める岡部顕宏氏によって設立された。岡部氏は精密機械大手のセイコーインスツルで、BlueTooth を使って通信をする腕時計の規格「BT-Watch」の作成に関わった人物だ。同社は企業の枠を超えたコミュニティ「ヤミ研(100日ラボ)」を運営しており、Mabeee はそのコミュニティに参加していたエンジニアが「自分の子どもと遊ぶプラレールを簡単にコントロールしたい!」というアイデアからスタートし、製品の開発に至った。

----------[AD]----------

ノバルスが開発する乾電池をIoT化するプロダクト「MaBeee」がクラウドファンディング開始

SHARE:

ハードウェアベンチャーのノバルスが開発している乾電池に接続するタイプのIoTプロダクト「MaBeee」のクラウドファンディングプロジェクトを開始した。同社は、「CEATEC JAPAN 2015」にも同プロダクトを出展しており、今回のクラウドファンディングはプレセールスを目的としている。 乾電池を「MaBeee」に装着することで、スマホを通じて操作が可能になる。例えば、乾電池を入れた「Mabeee…

mabeee

ハードウェアベンチャーのノバルスが開発している乾電池に接続するタイプのIoTプロダクト「MaBeee」のクラウドファンディングプロジェクトを開始した。同社は、「CEATEC JAPAN 2015」にも同プロダクトを出展しており、今回のクラウドファンディングはプレセールスを目的としている。

乾電池を「MaBeee」に装着することで、スマホを通じて操作が可能になる。例えば、乾電池を入れた「Mabeee」をミニ四駆に使うと、スマホを振るとミニ四駆が走り出したりするといった操作が可能になる。取り付けも操作も簡単な「MaBeee」は子どもでも楽しんで使うことができるだろう。



ノバルスは、企業の枠を超えたコミュニティ「ヤミ研(100日ラボ)」を運営しており、「Mabeee」はそのコミュニティに参加していたあるメーカーに勤めるエンジニアが「自分の子どもと遊ぶプラレールを簡単にコントロールしたい!」というアイデアからスタートした。

その後、「ヤミ研」所属企業の枠を超えて、複数の企業に所属するメンバーが集い、各々の専門分野での知見を出し合いながら詳細を固めていった。3Dプリンタを活用しながら試作を繰り返して開発を進め、今回のクラウドファンディングするに至った。

ノバルスの代表取締役の岡部顕宏氏は、以前セイコーインスツルに勤めていた人物。

「日本の製造業の一人一人の技術者の頭の中には、様々なアイデアに溢れていると確信しています。しかし、なかなか具現化するには至っていません。これまでお世話になった大手製造業での経験を元に、新基軸の製品のハードウェアを世に出したいと考え、起業しました」

と岡部氏は語る。同氏は「ぜひ、お父さんが子供さんと遊んで頂くときに活用して頂きたいと考えています」とコメント。ツイストコントロール機能を用いて、プラレール車両が駅に到着する際に徐行運転をしたり、ミニ四駆の減速・加速をコントロールしたりと、家にあるおもちゃの新しい楽しさを体感してもらえたら、と「MaBeee」への思いを語ってくれた。

「乾電池は年間30億本以上出荷されており、私たちが想像もつかない程、多くの機器で使われています。今後、予定しているイベントなどを通して、皆さんの使っている製品で「こんな風に使ったらいい、こんなアプリを開発してみたい」といったアイデアも是非聞かせて頂ければと考えています」

クラウドファンディングの目標金額は50万円。プロジェクトの期間は約90日となっている。製品は2016年4月に出荷予定だ。

----------[AD]----------