THE BRIDGE

タグ Magalry

GREE、有名人によるオリジナル連載が配信される有料メルマガサービス「Magalry」を3月で終了

SHARE:

GREEは、今年の3月31日で有名人によるオリジナル連載が配信される有料メルマガサービス「Magalry(マガリー)」のサービス提供を終了することを明らかにした。 Magalryは、昨年2013年の2月にスタートした、テレビや雑誌で活躍する著名人が執筆したオリジナル連載記事を画像や音声、動画と共にWeb上で閲覧ができ、メールで受け取ることもできるサービス。津田大介、中川翔子、眞鍋かをり、土田晃之な…

magalry

GREEは、今年の3月31日で有名人によるオリジナル連載が配信される有料メルマガサービス「Magalry(マガリー)」のサービス提供を終了することを明らかにした。

Magalryは、昨年2013年の2月にスタートした、テレビや雑誌で活躍する著名人が執筆したオリジナル連載記事を画像や音声、動画と共にWeb上で閲覧ができ、メールで受け取ることもできるサービス。津田大介、中川翔子、眞鍋かをり、土田晃之など、多彩な執筆陣がコンテンツを発行していた。3月末の終了に先立ち、発行されている各マガジンの新規記事発行は2月末までに終了する。

Tech総研に掲載されていたMagalryの開発チームへのインタビュー記事によると、Magalryでの記事はタレント自身が書くものをベースにするが、有料コンテンツとしての魅力を増すために、放送作家や構成作家などが協力し、企画サポートを行っていたという。

MagalryはGREE内で定期的に開催される新規事業提案制度「GREE Frontier」を経て実現したサービス。3ヶ月という期間で開発されたサービスだったが、残念ながら1年ほどでのサービス終了となった。

ちょうどサービス終了が発表された当日、サイバーエージェントがビジネスパーソン向けの有料ブログマガジン「B.L.G.(ビーエルジー)」をローンチしている。こちらはビジネスにフォーカスし、課金モデルも著者単位ではなく、サービスに月額課金を支払えばどの書き手のコンテンツも閲覧できるようになっている。

----------[AD]----------

GREEが有名人によるオリジナル連載が配信される有料メルマガサービス「Magalry」を開始

SHARE:

ソーシャルゲームのプラットフォームを提供するGREEが、新しいサービスの提供を開始した。有料メルマガサービス「Magalry(マガリー)」は、テレビや雑誌で活躍する著名人が執筆したオリジナル連載記事を画像や音声、動画と共にWeb上で閲覧ができ、メールで受け取ることもできるサービス。 現在、Magalryでの連載が発表されているのは、タレントの田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中川翔子、眞鍋かをり、…

01

ソーシャルゲームのプラットフォームを提供するGREEが、新しいサービスの提供を開始した。有料メルマガサービス「Magalry(マガリー)」は、テレビや雑誌で活躍する著名人が執筆したオリジナル連載記事を画像や音声、動画と共にWeb上で閲覧ができ、メールで受け取ることもできるサービス。

現在、Magalryでの連載が発表されているのは、タレントの田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中川翔子、眞鍋かをり、EXILEのKEIJI(ドラマ「ムッシュ!」との連動企画)など、普段からSNSやブログ等で積極的に発信を行なっている人々が中心となっている。

ユーザは、お気に入りの著名人が書いた記事を、スマートフォンやタブレット端末、パソコンで購読することが可能。また、記事を読んでコメントを投稿したり、リアクションアイコンと呼ばれる機能を選択することで、感想や著者へのメッセージを伝えることも可能となっているという。

02

GREEは、新しくいくつかのソーシャルメディア事業を展開しており、写真を共有する写真アプリ「Pictline」や、友だちとテレビ番組を楽しめるアプリ「emocon」に続いて、Magalryが誕生した。

Magalryは、メルマガを通して、著名人とそのファンがつながることができるエンターテインメントプラットフォームを目指し、さらなる著者の拡大とコミュニケーション機能をはじめとしたサービスの充実を図る狙いだ。

Magalryに近い領域のサービスには、デジタルコンテンツのための配信プラットフォーム「cakes(ケイクス)」や、モバキッズが運営するオンラインサロン「Synapse(シナプス)」、サポーターコミュニティを構築可能にする「hopp(ホップ)」(最近Grow! Inc.から事業が譲渡され、サービスの名称がGrow!から変更された)などが挙げられる。

オンラインコミュニティやデジタルコンテンツを軸としたサービスは、ここ1、2年で少しずつ新しい動きが生まれている。これから注目したい領域だ。

----------[AD]----------