BRIDGE

タグ MasterClass

成功者やアスリートのオンライン講座「MasterClass」が1億ドル調達、エドテックに追い風

SHARE:

  ピックアップ:MasterClass Raises $100M to Let You Learn From Celebrities. Results Not Guaranteed ニュースサマリー:著名な起業家やアスリート、俳優、映画監督、シェフ、カメラマンなど、様々な業界のエキスパートによるオンライン学習コースを提供する「MasterClass」が、シリーズEラウンドで1億ドルの調…

Screenshot 2020-05-22 at 3.31.53 PM
Image Crdedit : MasterClass

 

ピックアップMasterClass Raises $100M to Let You Learn From Celebrities. Results Not Guaranteed

ニュースサマリー:著名な起業家やアスリート、俳優、映画監督、シェフ、カメラマンなど、様々な業界のエキスパートによるオンライン学習コースを提供する「MasterClass」が、シリーズEラウンドで1億ドルの調達を発表した。

今回の資金調達は、2018年にシリーズDで8,000万ドルを調達して以来約2年ぶりで、同社の累計調達額は2億3,600万ドルに及んでいる。同ラウンドに参加したのは、FidelityやOwl Ventures、IVP(Institutional Venture Partners)などを含む計6つの投資家だ。

話題のポイント:今回の資金調達は新型コロナウイルスの影響を背景としたオンライン学習マーケットの成長を要因としているようです。

MasterClassは、ビジネスモデルの観点でUdemyなどのオンライン講義プラットフォームやedX及びCourseraなどのMOOCsと比較されがちです。しかし著名人や成功者の直接的なスピーチを提供しているという点では、TED Talksの方がイメージとしては近いでしょう。

ビジネスや経済関連の講義としては、元Walt Disney CEOで、現会長を務めるボブ・アイガー氏や、元StarbucksCEOのハワード・シュルツ氏、経済学者のポール・クルーグマン氏などの講義を見ることが可能です。

これらの唯一無二のコンテンツこそがMasterClassの差別化ポイントであり、他のプラットフォームがすぐには真似できないコア・バリューとなっています。

データアナリティクスサイト「Statista」によれば、3月末時点で学校閉鎖により自宅待機を余儀なくされた生徒の数は全世界で13億8,000万人に及ぶといいます。季節的なインフルエンザによる学級閉鎖などの比ではない未曾有の教育危機だといえるでしょう。

Screenshot 2020-05-22 at 3.48.58 PM
Image Credit : Statista, WEF

もちろん現在(※5月末時点)の数はこれ以上だと考えられ、多くの教育機関がZoomやMicrosoft Teamsなどを利用しオンライン化に取り組んでいるのはご存知の通り。当然、政府運営の学校以外の民間教育機関も閉鎖やオンライン化移行を余儀なくされています。

下図はMasterClassと類似した動画学習サービスのUdemyが示す、コース加入件数の増加を表したデータです。米国やイタリア、カナダ、インドなどを含む世界11カ国の2月末から3月末の期間、コース加入件数が平均して250〜350%増加したことを示しています。

Udemy_Countries
Image Credit :Bussiness Wire

以上のような背景から、MasterClassは今回資本の増強を決断し、さらなるサービス拡大を見据えているのだと考えることができます。これまでもロックダウンを勝機とみて巨額の資金調達をしたエドテックスタートアップは数多くいるので、同社は少し出遅れている印象です。

同社は今回の調達資金を新しい講義配信モデルの開発・提供に費やしていく予定だといいます。具体的には、1週間に1動画といったような定期的な配信をベースにしたコースの提供や、音声のみの講義、ショートバージョン、AR機能などを追加です。

----------[AD]----------

MasterClass、シリーズDラウンドで8,000万米ドルを資金調達——一般大衆がセレブ講師陣から学べるように

SHARE:

マーティン・スコセッシが教える映画製作やスティーブ・マーティンが教えるコメディ、ガルリ・カスパロフが教えるチェスやセリーナ・ウィリアムズが教えるテニス、ゴードン・ラムゼイが教える料理クラスなど。有名な専門家講師陣による空想上の学校のように聞こえるが、これは一部正解である。空想上という部分を除いて。 MasterClass はその職業で著名な達人が、一般大衆向けに専門知識を提供するオンラインプラット…

Masterclassfeat
(上)MasterClass

マーティン・スコセッシが教える映画製作やスティーブ・マーティンが教えるコメディ、ガルリ・カスパロフが教えるチェスやセリーナ・ウィリアムズが教えるテニス、ゴードン・ラムゼイが教える料理クラスなど。有名な専門家講師陣による空想上の学校のように聞こえるが、これは一部正解である。空想上という部分を除いて。

MasterClass はその職業で著名な達人が、一般大衆向けに専門知識を提供するオンラインプラットフォームである。年会費180米ドルでウェブサイトやモバイルアプリを通して全ての講座にアクセスすることができ、もしくは90米ドルで1回限り1つの講座にもアクセス可能だ。

MasterClass は本日(9月6日)、シリーズ D ラウンドで8,000万米ドルを調達したことを発表した。このラウンドは IVP がリードし、他にも Atomico、NEA、Javelin Ventures、Advancit Capital、Evolution Media が参加した。サンフランシスコ拠点のスタートアップである MasterClass は、今回の資金調達により2012年の設立以来合計1億3,000万米ドルを超える調達額を記録した。今回の資金注入により講座配信サービスをさらに成長させ、その範囲をビジネスや政治を含む新しい分野に拡大する予定だと述べた。

asd.png
(上)ステフィン・カリーが教えるバスケットボール講座

MasterClass の共同設立者兼 CEO の David Rogier 氏は次のように話す。

教育システムは、オンラインとオフライン両方そうですが、その分野でトップまで上り詰めた人々を講師陣として採用することをこれまで大きく避けてきました。その理由はそれが可能とは思わなかったからです。もしそれが可能だったとしてもうまくはいかなかったでしょう。

その分野の一流の人から学習する機会を逃すことは、人類にとって損失です。初期のオンライン教育プラットフォームは実際の教室を真似しようとしました。これではうまくいきません。技術の完成度を世界で極めた人たちは、伝統的なシステムの中で教えることはできないのです。問題は人ではなく、このシステムです。そのため私たちはそのシステムを変化させているのです。

数多くの教育技術(エドテック)スタートアップが近年多額の資金を調達している。Coursera、Udemy、Udacity などそれらスタートアップは合わせて5億米ドル以上の資金を集めている。しかし、MasterClass は資格取得よりも、技術を磨くことやその分野における一流の人からヒントやコツを学ぶことに重点を置いている。

MasterClass は2015年に3つの講座を開講しサービスをローンチし、現在39の講座が開講されている。講座では各講師陣により選択された分野における技術や哲学を取り上げ、ビデオによる解説や双方向のレッスン、その他講座配信の一部として提供される教材を使う。2018年の終わりまでに、提供する講座数を50以上まで拡大する予定である。まさに今日(9月6日)、カナダ人ポーカープレイヤーのスターであるダニエル・ネグリーヌ氏がプラットフォーム上で初回の授業を開始した。

今回の投資により、IVP の Roseanne Wincek 氏が MasterClass の取締役会に加わることになる。

Wincek 氏は以下のように述べた。

ほとんどのオンラン教育企業は、規模の拡大のために作成されたオフライン教育のモデルを、すでに規模が拡大しているインターネットに掲載しています。MasterClass は教育の原理に立ち返ったのです。それは達人が一生の仕事や学び、そして成し遂げたことを教え子へ伝えるということです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------