THE BRIDGE

タグ Mogi

TNF Venturesがモバイルウォレットアプリ「MoGi」に47万5,000米ドルを出資

SHARE:

【原文】 シンガポール拠点でアーリーステージのスタートアップに特化して投資を行うTNF Venturesが、Mobile Media Creationsによって開発されたモバイルウォレットアプリMoGiに58万8,000シンガポールドル(47万5,000米ドル)を出資した。そして、シンガポール政府が運営するNational Research Foundation(国立研究財団)も、同財団のTech…

【原文】

mogi-590png

シンガポール拠点でアーリーステージのスタートアップに特化して投資を行うTNF Venturesが、Mobile Media Creationsによって開発されたモバイルウォレットアプリMoGiに58万8,000シンガポールドル(47万5,000米ドル)を出資した。そして、シンガポール政府が運営するNational Research Foundation(国立研究財団)も、同財団のTechnology Incubation Schemeを通じて共同出資している。

iPhoneAndroidで無料で利用可能なMoGiでは、シンガポールのレストラン、健康施設、小売店、美容関連ショップなど220軒を超えるお店のバーチャルプリペイドカードやポイントプログラム、割引券を保管・保存することができ、ユーザ同士でギフトを贈り合うこともできる。同サービスがローンチされたのは2012年10月だ。

東南アジアのモバイルロイヤリティプログラム業界にはかなりの数のアプリPerxSquirylChopChopなどがあるが、これらはどれもeコマース業界に完全には挑戦していない。フィリピンのサービスZapが果敢に取り組んでいるが、同サービスはどちらかと言うと新興国市場に相応しいプロダクトだ。

シンガポール政府は最近、NFC技術を利用したサービスを後押ししているが、この技術を搭載している携帯電話の数が限られていることから、助成金を受け取る率は緩やかだ。だが、MoGiはNFC技術に頼っているわけではない。そのかわりに、同サービスはPOS端末機やCRMを販売店に提供して独自のインフラを確立している。

MoGiはモバイルウォレットと称しているが、私が前に述べたその他すべてのアプリと同じように、販売店にアナリティクスや場所に特化したプロモーションを提供するマーケティングプラットフォームだ。

MoGiの共同設立者は、電気通信業界に豊かな経験を持つCEOのRashad Budeiri氏と、営業のバイスプレジデントで、金融、通信、eコマース業界に経験を持つStewart Bowers氏だ。

MoGiを支援するTNF Venturesは最近、シンガポールのスタートアップに積極的に出資を行っている。今月も、動画のインタビューソフトNext-5に50万米ドルを注入し、昨年は、バーチャルの株取引ゲームTradeHeroと、フライトとホテルの検索サービスFlocationsにも同様の額を出資している。

TNF Venturesはこの他にも数件の出資計画をしており、それについてはそのうち発表されるだろう。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------

キャッシュレスペイメントと電子クーポンを合わせた「MOGi Mobile Wallet」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 スマートフォンユーザは、カードやクーポン券、現金で膨らんだ分厚い財布にさよならすることができるかもしれない。 シンガポールを本拠地とし、M2Cの愛称で親しまれるMobile Media Creationsが、新製品「MOGi Mobile Wallet」を発表した。これにより、ユーザはスマートフォンで商品やサービスの支払いをしたり、割引クーポンや会員カードを便…

【翻訳 by Conyac】【原文】

スマートフォンユーザは、カードやクーポン券、現金で膨らんだ分厚い財布にさよならすることができるかもしれない。

シンガポールを本拠地とし、M2Cの愛称で親しまれるMobile Media Creationsが、新製品「MOGi Mobile Wallet」を発表した。これにより、ユーザはスマートフォンで商品やサービスの支払いをしたり、割引クーポンや会員カードを便利なバーチャルスペースにまとめられる。

M2CのCEOであるRashad Budeiri氏はこう説明する。

「シンガポールではモバイル決済アプリケーションが存在しません。シンガポールの携帯電話におけるスマートフォン比率は72%のうち、68%はiOSとAndroidユーザです。MOGiは販売業者が最新の商品を消費者に届ける最高のツールです」。

PerxSquirylのようなこの地域の他のロイヤリティカードモバイルアプリと比較すると、MOGiは、ユーザがMOGiと提携のお店でキャッシュレス支払いをすることができるという点で他と一線を画している。

ユーザはあらかじめ、クレジットカードやPaypalでお店のバウチャーやプリペイドカードを購入し、バーチャルのモバイルウォレットに保存しておけば商品やサービスを購入することができる。財布に現金がないとか、バウチャーを忘れたなどということを心配する必要がなくなるのだ。

現在の消費者には、バウチャーの有効期限を忘れてしまうということがあるが、MOGiのアプリではクーポンの有効期限が過ぎる前にユーザに通知することでその問題を解決する。

さらに、リストにあるお店のプリペイドカードを購入すると、ユーザはすぐさま払い戻しや割引のサービスを受けることができる。支払いは、お店のMOGiターミナルでQRコードをスキャンするだけだ。しかし、インターネットの接続がうまくいかなければ、使えない可能性がある。

  

友達へのプレゼントを何にするか迷っている?MOGiには、ユーザが誕生日の通知、メッセージを送受信したり、また自分自身のウィッシュリストを友達とシェアすることができるソーシャルメディア機能がある。

ユーザは、このアプリですぐにMOGiの友達にバウチャーやプリペイドカードを購入することもできる。しかし、ウィッシュリストのアイテムはMOGiと提携しているお店の商品やサービスに限定される。

近い将来、MOGiは現在のプリペイド方式を超えて、リアルタイムに支払いができるサービスをスタートしようと計画している。そうすれば、リアルタイムに支払いすることができ、あらかじめバウチャーを買ったり、プリペイドカードに入金したりする必要がなくなるのだ。

また、ジオフェンシングのような更にソーシャルな特徴を導入し、ユーザが近場でMOGiが使えるお店を見つけることができるようにする計画もある。

現在、MOGiは無料でiOSAndroidにダウンロードできる。MOGiとのビジネス提携を希望するお店は、特別なPoint of Sale(POS)タブレットが必要となるが、しばらくの間は無料で提供されることになっている。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------