BRIDGE

タグ coupon

大きな買収劇を経て、Tencent(騰訊)のWeChatにクーポン券やローカルディールが登場

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 中国ウェブ企業最大手のTencent(騰訊)が、WeChatメッセージングアプリで断トツの成功をおさめているのを覚えているだろうか?そこで、噂によるとWeChat(中国ではWeixin=微信として知られている)がさらに便利になり、地元のお買得情報や割引券を提供し始めるようだ。 これは、TencentがTongCard(通卡)という企業を買収することで実現する予…

【翻訳 by Conyac】【原文】

中国ウェブ企業最大手のTencent(騰訊)が、WeChatメッセージングアプリで断トツの成功をおさめているのを覚えているだろうか?そこで、噂によるとWeChat(中国ではWeixin=微信として知られている)がさらに便利になり、地元のお買得情報や割引券を提供し始めるようだ。

これは、TencentがTongCard(通卡)という企業を買収することで実現する予定だ。Sina Tech(新浪科技)によると、TongPay事業がすでにTencentの北京オフィスに組み込まれようとしていることから、買収は決まったも同然だと指摘する。

2006年にCEOのDeng Yu氏によって設立されたTongCardは、小売業者が消費者と接するためにキャンペーンや割引券を提供するプラットフォームで、モバイルアプリと登録小売業者6000軒以上という巨大なネットワークを持つ中国トップクラスのO2O企業だ。同社は同サービスのデイリーアクティブユーザは500万人と述べている。

噂によれば、すべてのTongCard機能は買収後にTencentのWeChat/Weixinアプリに組み込まれ、クーポンサービスのすべてが2億人以上のユーザを持つWeChatに導入されるようだ。また、TencentはO2Oサービスの強化で大躍進し、同業界で事業を展開する大手ウェブ企業やスタートアップを打ち負かすほどの成長を遂げるだろう。

そして、これらの動きによってTencentとWeCahtが、ローカルクーポンサービスを提供しているスタートアップのDDMapクーポン機能を持つBaidu Mapsを提供するBaiduを凌ぐ手助けにもなるだろう。

この買収が完了すれば、TongCard機能はTencentの電子決済システムTenpay(財付通)と結びつくかもしれない。それは、まもなくWeChatにお目見えすることだろう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

キャッシュレスペイメントと電子クーポンを合わせた「MOGi Mobile Wallet」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 スマートフォンユーザは、カードやクーポン券、現金で膨らんだ分厚い財布にさよならすることができるかもしれない。 シンガポールを本拠地とし、M2Cの愛称で親しまれるMobile Media Creationsが、新製品「MOGi Mobile Wallet」を発表した。これにより、ユーザはスマートフォンで商品やサービスの支払いをしたり、割引クーポンや会員カードを便…

【翻訳 by Conyac】【原文】

スマートフォンユーザは、カードやクーポン券、現金で膨らんだ分厚い財布にさよならすることができるかもしれない。

シンガポールを本拠地とし、M2Cの愛称で親しまれるMobile Media Creationsが、新製品「MOGi Mobile Wallet」を発表した。これにより、ユーザはスマートフォンで商品やサービスの支払いをしたり、割引クーポンや会員カードを便利なバーチャルスペースにまとめられる。

M2CのCEOであるRashad Budeiri氏はこう説明する。

「シンガポールではモバイル決済アプリケーションが存在しません。シンガポールの携帯電話におけるスマートフォン比率は72%のうち、68%はiOSとAndroidユーザです。MOGiは販売業者が最新の商品を消費者に届ける最高のツールです」。

PerxSquirylのようなこの地域の他のロイヤリティカードモバイルアプリと比較すると、MOGiは、ユーザがMOGiと提携のお店でキャッシュレス支払いをすることができるという点で他と一線を画している。

ユーザはあらかじめ、クレジットカードやPaypalでお店のバウチャーやプリペイドカードを購入し、バーチャルのモバイルウォレットに保存しておけば商品やサービスを購入することができる。財布に現金がないとか、バウチャーを忘れたなどということを心配する必要がなくなるのだ。

現在の消費者には、バウチャーの有効期限を忘れてしまうということがあるが、MOGiのアプリではクーポンの有効期限が過ぎる前にユーザに通知することでその問題を解決する。

さらに、リストにあるお店のプリペイドカードを購入すると、ユーザはすぐさま払い戻しや割引のサービスを受けることができる。支払いは、お店のMOGiターミナルでQRコードをスキャンするだけだ。しかし、インターネットの接続がうまくいかなければ、使えない可能性がある。

  

友達へのプレゼントを何にするか迷っている?MOGiには、ユーザが誕生日の通知、メッセージを送受信したり、また自分自身のウィッシュリストを友達とシェアすることができるソーシャルメディア機能がある。

ユーザは、このアプリですぐにMOGiの友達にバウチャーやプリペイドカードを購入することもできる。しかし、ウィッシュリストのアイテムはMOGiと提携しているお店の商品やサービスに限定される。

近い将来、MOGiは現在のプリペイド方式を超えて、リアルタイムに支払いができるサービスをスタートしようと計画している。そうすれば、リアルタイムに支払いすることができ、あらかじめバウチャーを買ったり、プリペイドカードに入金したりする必要がなくなるのだ。

また、ジオフェンシングのような更にソーシャルな特徴を導入し、ユーザが近場でMOGiが使えるお店を見つけることができるようにする計画もある。

現在、MOGiは無料でiOSAndroidにダウンロードできる。MOGiとのビジネス提携を希望するお店は、特別なPoint of Sale(POS)タブレットが必要となるが、しばらくの間は無料で提供されることになっている。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

タイのデジタルマーケティング会社が作った、スタンプカードやクーポンを一つにするアプリ「Shoppening」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 around!、Squiryl、Perxなど同じようなサービスがある中、Shoppeningのアイデアは目新しいというわけではない。だが、最近シンガポールで行われたCommunicAsia 2012で、Shoppeningが私の目を引いた理由は2つある。1つはタイのスタートアップだということ。もう1つは、共同設立者に女性がいることだ。 Shoppeningは…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

around!SquirylPerxなど同じようなサービスがある中、Shoppeningのアイデアは目新しいというわけではない。だが、最近シンガポールで行われたCommunicAsia 2012で、Shoppeningが私の目を引いた理由は2つある。1つはタイのスタートアップだということ。もう1つは、共同設立者に女性がいることだ。

Shoppeningはメンバーズカードやクーポン券を多く持ちすぎてしまうという問題を解決するものだ。モバイルアプリからなるこのサービスは、キャンペーンを管理するプラットフォームで、お店はアプリを利用してモバイルクーポンやモバイルスタンプカードを作ることができる。お店の顧客は紙でないクーポンを使って特典を得ることができるし、アプリを利用してスタンプを集めることができる。お店は顧客を満足させること以外にも、モバイルキャンペーンをオンラインでモニタリングしたり、分析サービスを利用してキャンペーンの状況をチェックして、効率のよいキャンペーンを行うことができる。

このアプリは5月にローンチしたばかりだが、同社はアプリを急速に広めることに真剣に取り組んでいる。同社がCommunicAsiaに出展したのも、アプリを広く紹介し、正式にローンチすることが目的の1つだったからだ。Shoppeningは親会社である23 perspectiveが発案したものだ。デジタルマーケティング企業の23 pespectiveバンコクに拠点を置き、Starbucks Thailandやタイ国政府観光庁をクライアントに持っている。

このアプリは、シンガポールのような、割引券やスタンプカードが大好きな国では成功すると思う。確かに、同じようなサービスが増えすぎているのは事実だ。このアプリのバージョン1の見栄えから判断すれば、かなり将来有望であるようだ。

23 perspectiveがこのアプリをローンチしようと決めた理由に、他社向けのマーケティングキャンペーンというサービスに加えて、さらに独自のプロダクトがほしかったことが挙げられる。彼らのクライアントを実際に活用してこのアプリを使うことを考えると、なかなか賢い判断である。共同設立者のNathamon Chaiwatは、ShoppeningはGrouponのような日替わりクーポンサイトとは違うことも強調した。下のビデオを見れば、このサービスが企業にどう役立つのかさらに理解することができる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------