THE BRIDGE

タグ Polar Bear Pitching

極寒のバルト海に身を投じピッチするイベント「Polar Bear Pitching」の第6回が開催——古本マーケットプレイス制作のBookisが優勝

SHARE:

年に一度、フィンランドのオウルで開催される「Polar Bear Pitching(北極熊ピッチ)」は世界で最もクールなスタートアップコンテストかどうかは分からないが、最も寒い場所でのコンテストであるのは間違いない。毎年、凍てつくバルト海の一角に主催者が穴を開ける。そして12人の起業家たちが、ほぼ氷水状態の海に入って競い合う。 ルールはいたってシンプル。起業家は水中に入っている間、ピッチできるとい…

ゲーム会社 Rat Crew Studio をピッチに挑む、同社 CEO Akseli Jylhä-Ollila 氏
Image Credit: Polar Bear Pitching

年に一度、フィンランドのオウルで開催される「Polar Bear Pitching(北極熊ピッチ)」は世界で最もクールなスタートアップコンテストかどうかは分からないが、最も寒い場所でのコンテストであるのは間違いない。毎年、凍てつくバルト海の一角に主催者が穴を開ける。そして12人の起業家たちが、ほぼ氷水状態の海に入って競い合う。

ルールはいたってシンプル。起業家は水中に入っている間、ピッチできるというものだ。

オウルを本拠とするRat Crew Studios の創業者兼 CEO Akseli Jylhä-Ollila 氏は次のように話している。

私たちは参加資格がありますが、なんとも寒いです。

マイナス10度という極寒の中、寒冷地用のコートを身にまとった数百人の観衆を前に凍てつく海水に胸まで浸かって同氏は立っていた。

そこには何か考えがあると思われるだろうが、重要なのはその点だ。このピッチのアイデアを思いついたのは、6年前にオウル大学のスタートアップハブ Business Kitchen で働いていた Mia Kemppaala 氏である。オウル最大の雇用主であった Nokia は携帯電話事業を Microsoft に売却した後、大がかりなリストラを進めていた。そのあおりを受けて、フィンランド北方にあるこの都市の経済環境は悪化していた。

スカンジナビア北部の首都と宣伝しているこの都市の人口は約25万人である。当時、オウルの経済が逆風に耐えられるとは誰も思っていなかった。

実に悲観的な状況でした。

でもフィンランドでは、厳しい時こそ皆が団結するのです。(Kemppaala 氏)

<関連記事>

フィンランドには、困難に直面している時の忍耐を表す「シス」という言葉がある。Kemppaala 氏によると、ホッキョクグマ・ピッチが生まれた背景にはシスがある。面白おかしいユーモアで地元の人々の関心を引き、オウルのスタートアップの力になれることで、この地域にある別のテックの資産を宣伝できる方法はないかと考えていたという。

オウルの起業家たちは優れたアイデアを持っていたようだが、それを表現するのが得意ではなかったとKemppaala 氏は話している。寒中水泳という地元の風習を織り交ぜる考えが浮かんだ時、ピッチコンテストのイメージができていった。プレゼンに集中しながら、氷点下に近い海水につかる苦行に耐えられる姿を見せること以上にアピールできる方法はないだろう。

これがオウルの素晴らしいところです。これほどクレイジーな考えでも、皆が受け入れてくれるのです。

私が参加したのは、第6回イベントだった。この地域のスタートアップとテックのコミュニティを取材するメディアツアーの旅費を支払ってくれた地元団体「Business Oulu」のゲストメンバーとして、私は先週オウルにいた。

イベントが始まる前、私たちは市中心部から離れたバルト海の一角に開けられた氷の穴へと向かった。

水中には、プレゼンターが足をつく高台が置かれている。そのため、強い海流に身をすくわれてスウェーデンに流されてしまうことにならない。イベント開催中は、緊急時に備えて訓練を受けたダイバーが待機している。プレゼンターはスタートアップをピッチしようと氷のような海水の中で立っているのだから、その組み合わせが少し面白かった。

夕方戻る頃には太陽が沈みつつあり気温も低下、風が吹き始めていた。

多くの地元民がこのイベントに集まり、コンテストを一目見ようといくつかのコーナーでは人だかりができていた。

ピッチしたのは次の12社である。

  1. Bookis………古本のマーケットプレイスを制作
  2. Mealbox………健康食のデリバリー
  3. Doerz………都市や旅行代理店向けのクラウドベースのプラットフォーム、地元の案内人とともに体験を提供
  4. Kidday………子どもの写真と記念をより良く管理するアプリ
  5. Delektre………個人用の健康モニタリングデバイス
  6. Funky Jump
  7. Rat Crew Studios………オウルを本拠とするビデオゲーム企業
  8. Zenniz………テニススキル向上を目指す追跡システム
  9. Simlab IT………仮想現実の訓練
  10. AISpotter………スポーツ向けビデオアナリティクス
  11. VideoCV………ビデオベースの求職
  12. New Cable Corporation………新しい形の電子ケーブル
力士のコスチュームでピッチに臨む、日本の Funky Jump CEO 青木雄太氏

拷問のようなピッチを数分間こなした後は、その場をすぐに離れてメインステージに設けられている温かいバスタブに身を沈めた。

審査員による判定の結果、Bookis が優勝した。ピッチは下にある動画のような形で行われた。何というか、見せ場もあるので最後まで見る価値はある。

イベントが終了したのは午後9時頃で、寒さに耐えるのは皆もう十分だった。私も分厚いブーツを履き、寒冷地用のジャンプスーツを着ていたものの、手足の感覚がなくなりかけていた。スタートアップのピッチが進んでいくにつれ、この状況を克服するのは難しくなるだろう。今度は、温かい部屋でゆったり座って、起業家の人たちに次々とピッチしてもらうことにしよう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

極寒のバルト海に身を投じピッチするイベント「Polar Bear Pitching」の第5回が開催——植物育成用LED開発、NYのArtiSunが優勝

SHARE:

フィンランドの首都ヘルシンキから飛行機で北に上ること1時間、オウルという街がある。残念ながら(何が残念かはさておき)、北極圏に入るまでにはここからまだ100キロほど北へ進む必要があるが、この街は毎年エア・ギターの世界大会が開かれていることで世界的に有名で、日本からも大地洋輔氏、金剛地武志氏、宮城マリオ氏といった、歌手や芸人が参加している。 オウルでもう一つ有名なのは、5年前から開催されている「Po…

優勝した ArtiSun Technology のチーム
Image credit: Polar Bear Pitching

フィンランドの首都ヘルシンキから飛行機で北に上ること1時間、オウルという街がある。残念ながら(何が残念かはさておき)、北極圏に入るまでにはここからまだ100キロほど北へ進む必要があるが、この街は毎年エア・ギターの世界大会が開かれていることで世界的に有名で、日本からも大地洋輔氏、金剛地武志氏、宮城マリオ氏といった、歌手や芸人が参加している。

オウルでもう一つ有名なのは、5年前から開催されている「Polar Bear Pitching(北極熊ピッチ)」。オウルの海岸沖に広がる凍ったバルト海に穴を開け、起業家が海水に身をつけ凍えながら投資家にピッチするイベントだ。参加する投資家にもまた、ブリザードの中、ピッチを真剣に見守り冷静に評価する精神力が求められる。ピッチ終了後には身体を温めるサウナやバスタブが用意されているものの、ある種、滝行にも似たこのイベントには例年、注目を集めたい起業家が世界中から集結する。

フィンランドの外国貿易・発展大臣 Kai Mykkänen 氏のピッチで幕を開けた今年のイベントには、世界中から12チームが参加。ニューヨークのスタートアップで、制御された植物育成を実現できる LED を開発する ArtiSun Technology が優勝した。優勝した ArtiSun には、1万ユーロの賞金と、アジアのシリコンバレーと称される中国・南京への往復旅行券が進呈される。

旅行者が空港で没収された自分のアイテムを回収するしくみを提供する Cotio(フィンランド)が2位、骨折治療時に従来の石膏を使った完全固定ではなく、3D プリンタを使って作成した可動域を確保した固定装置を開発する CastPrint(ラトビア)が3位を獲得した。Cotio の CEO Kimmo Collander 氏は海中に身をつけた状態で4分間以上にわたるピッチを行い、聴衆は大きな拍手と歓声で彼の偉業を讃えた。

----------[AD]----------