BRIDGE

タグ Pricebook

インドネシアの家電O2Oディスカバリープラットフォーム「Pricebook」、第4ラウンドで未来創生ファンドから資金調達

SHARE:

インドネシアのガジェットディスカバリープラットフォーム「Pricebook」は7日、第4ラウンドで未来創生2号ファンドから資金調達したことを明らかにした。未来創生ファンドは、トヨタ自動車、三井住友銀行、スパークスが出資するファンドだ。 このラウンドには既存投資家の KLab Venture Partners も参加している。調達金額は開示されていない。 Pricebook は調達した資金を使い、同…

インドネシアのガジェットディスカバリープラットフォーム「Pricebook」は7日、第4ラウンドで未来創生2号ファンドから資金調達したことを明らかにした。未来創生ファンドは、トヨタ自動車、三井住友銀行、スパークスが出資するファンドだ。

このラウンドには既存投資家の KLab Venture Partners も参加している。調達金額は開示されていない。

Pricebook は調達した資金を使い、同社ウェブサイトのほか、YouTube や Instagram などソーシャルメディアを通じて、オフライン販売者への O2O 連携を加速するとしている。ガジェットや電子製品の取扱範囲においてもトップの座を維持する計画だ。

Pricebook は、レビュー、仕様、オンライン記事、オンライン店舗とオフライン店舗で入手可能かどうかといった情報を、独自チャネルを通じて収集。買い物客が必要な情報を全て得た後に購入の判断ができる。

<関連記事>

同社によれば、月に数百万人のユーザが Pricebook のウェブサイトやソーシャルメディアで共有される情報にアクセスしているのだという。ガジェット情報のプラットフォームとしてだけでなく、製造ブランドや金融企業へのマーケティングソリューションも提供している。

同社の公式声明では、次のように述べられている。

Pricebook の強みは、オンラインとオフラインにおけるインドネシア人の行動に適応している点です。Pricebook は数年間に及ぶ運営を通じて、インドネシアのインターネット人口や e コマース市場の急成長にも関わらず、ヘビーなオンライン買い物客とそうでない人たちとのギャップが埋められていないことを認識しました。

ヘビーなオンライン買い物客は価格データを元に購入する一方で、そうでない多くの人たちは購入前に店舗に足を運び製品を見たいと考えます。ここには、効率の良くない大きな市場があります。そこで、O2O ショッピングディスカバリプラットフォームが求められるのです。

【via e27】 @E27co

【原文】

インドネシアの価格比較サイト「Pricebook」、第3ラウンドでKLab Venture Partnersとオークファンから資金調達

SHARE:

日本の Pricebook の一部門であるインドネシアの O2O ショッピングサーチエンジン「Pricebook」は、3度目となる資金調達ラウンドをクローズした。このラウンドは、KLab Venture Partners がリードし、オークファン(東証:3674)が出資に参加した。調達規模については、明らかにされていない。 <9月30日13:30更新> 本稿は原文を翻訳したものであるが、Price…

pricebook-ceo-tomonori-tsuji
Procebook CEO 辻友徳氏

日本の Pricebook の一部門であるインドネシアの O2O ショッピングサーチエンジン「Pricebook」は、3度目となる資金調達ラウンドをクローズした。このラウンドは、KLab Venture Partners がリードし、オークファン(東証:3674)が出資に参加した。調達規模については、明らかにされていない。

<9月30日13:30更新>

本稿は原文を翻訳したものであるが、Pricebook 社より日本語で以下の連絡があったので付記しておく(原文ママ)。

  • 日本法人がインドネシア法人の親会社
  • 親子会社ともに「インドネシアにおけるPricebookの運用」以外の業務、部門はない。日本法人はインドネシア法人の管理業務のみ(ホールディングス)
  • 今回の調達を受けたのは日本法人
  • 但し、全オペレーションを行うのはインドネシア法人

Pricebook は今回調達した資金を用いて、他の製品カテゴリや、ジャカルタ以外の主に東南アジアの都市への拡大をを加速させる。

2013年9月に設立された Pricebook は、東南アジアにおいて、顧客と企業の間の情報非対称性の問題解決を目標に掲げている。2013年12月には、ガジェットの価格比較ポータルとしてインドネシア市場に参入した。

O2O ショッピングサーチエンジンとして、Pricebook はオンライン店舗とリアル店舗の両方から販売価格を収集し、それをポータル上に一覧化している。同社には現在20名のスタッフがおり、携帯電話、コンピュータ、他の電子アイテムなどに特化して、商品のスペック、レビュー、オンラインとオフラインの価格を集めている。

同社は、ジャカルタ・スラバヤ・バンドンにある1,000軒以上のリアル店舗のほか、インドネシア最大の電子機器ショッピングモール ITC Malls とも提携している。

Pricebook の CEO である辻友徳氏は、次のように語っている。

インドネシアのコマース市場は巨大だが、細部にいたっては、先進国の市場と大きく異なっている。企業が参入したり撤退したりするのを見ていると、純然たるタイムマシン型のウェブメディアがこの市場で機能しなくなっているのは、日に日に明らかになっている。

Pricebook は現在、かなりの量のユーザトラフィックがあり、我々のユニークな O2O リーチと顧客品質に関心を持つ企業から、さまざまな提携の要望を受けている。近い将来、東南アジアでナンバー1のショッピング・ビジネスポータルになることを目指して、Pricebook を通じてのみ得られる、スマートなショッピングや販売体験を実現する協業の可能性について、我々は門戸を開くことになるだろう。

昨年3月には、Pricebook は IMJ Investment Partners、グローバル・ブレイン、M&S Partners の創業者でディレクターの眞下弘和氏から、金額非開示の資金調達を行っている

収入が増加し、高機能スマートフォンが普及を続けるなど、発展を遂げるインドネシア市場では、2016年にインターネット人口が1億人に達した。伸びゆくショッピング需要は、インドネシアに多くのオンライン・マーケットプレイスの参入を促し、それは Eコマースやその周辺ビジネスの大きな成長につながっている。

しかしながら、インドネシアの主なショッピングチャンネルは、価格・信頼・スピード・他の敏感な問題のために、オフラインに大きく依存したままだ。こういったオフライン取引の問題点は情報の非対称と情報の分断で、販売者・消費者・生産者のいずれもが、正確でリアルタイムの流通情報に完全にアクセスできないため、あらゆる場所で機会損失を招いている。

水曜日、東南アジアのショッピングサーチエンジン兼価格比較サイトの Priceza は、シリーズAラウンド調達時を遥かにしのぐ数百万ドルの資金調達を、シリーズBラウンドでドイツのメディア大手 Hubert Burda Media(HBM)から実施した

【via e27】 @E27co

【原文】

インドネシアで価格比較サイトを運営するPricebookが、グローバル・ブレイン、IMJ-IP、眞下弘和氏から資金調達

SHARE:

インドネシアの価格比較サイト Pricebook は今日(原文掲載日:3月17日)、2回目となる資金調達ラウンドを実施し、グローバル・ブレイン、IMJ Investment Partners、m&s partners 代表の眞下弘和氏から資金調達したと発表した。調達額は開示されていない。 今回の調達は、2013年にインキュベイトファンドから15万ドルを調達して以来のものだ。発表によれば、調…

Pricebook-team
Pricebook のインドネシア・チーム。

インドネシアの価格比較サイト Pricebook は今日(原文掲載日:3月17日)、2回目となる資金調達ラウンドを実施し、グローバル・ブレインIMJ Investment Partners、m&s partners 代表の眞下弘和氏から資金調達したと発表した。調達額は開示されていない。

今回の調達は、2013年にインキュベイトファンドから15万ドルを調達して以来のものだ。発表によれば、調達した資金は、事業成長の加速と、オンライン・オフライン両方の小売業者向けマーケティング基盤の追加開発に使うとしている。運営チームも人員を増やす。

Pricebook は、ケータイ、カメラ、コンピュータなど家電品のスペック、レビュー、価格をオンライン・オフラインの店舗から収集する。最近、ケータイ電話の契約プランや携帯用の予備バッテリーもカタログに追加された。

価格と品質に関する情報の透明性を提供することで、Pricebook は買う側にも売る側にもショッピング体験をより楽しいものにする。ユーザはレビュー投稿やフォーラムのスレッドを見ることで、質問に対する正直な回答を得ることができる。販売者には、店舗の露出とオンライン・マーケティングを支援する市場データが提供される。

Mobile-internet-package-comparison
Pricebook に掲載されている、インドネシアのケータイの料金プラン比較。

創業者で CEO の辻友徳(つじ・とものり)氏は、Pricebook はオンライン・コマースとオフライン・コマースを結ぶ主要プラットフォームにしたいと考えている。Pricebook は最近、買物客の購入動機づけとなる割引券を導入しており、ユーザが割引券を使うことで、Pricebook と販売者両方が Pricebook 経由で購入が成立したことがわかるようになっている。

Pricebook は2013年9月に設立された日本のスタートアップだが、同年12月、インドネシアにオフィスを開設しプロダクトをローンチした。

Tech in Asia が Pricebook の最初の投資ラウンドについて報じた2013年の時点では、同社はデータベースに6,000件の製品、約30店舗から収集した1万件以上の価格を掲載していると語っていた。現在では、オンライン店舗と追うライン店舗から2万件以上の商品が掲載されている。辻氏によれば、Pricebook へのユーザの月間訪問件数は数十万件だが、販売者の方は、数百件の店舗が少なくとも週に一度は価格情報を更新しているそうだ。

しかし、Pricebook は2013年に発表していたモバイルアプリの公開をまだ実現できていない。この点について、辻氏は「社内で優先順位を議論している」と説明する。

今のところ、同社の最優先事項は、販売者の獲得とプラットフォームの開発だ。辻氏は、Pricebook を「購入客と販売者が互いに助け合えるプラットフォームにしたい」と語っている。

価格比較サイトはクリック課金を採用しているところが多く、この場合、消費者が販売サイトに転送される都度、販売者に料金が発生する。取引が価格比較サイト経由でもたらされたどうかを見て、この金額が決まるケースもある。

Pricebook は、どの商品が人気で、ある地域でどの小売業者が最良価格を提示しているか、など付加価値の高い市場データを入手できるようになるため、辻氏はプラットフォームが成長すればマネタイゼーションの機会は増加すると考えている。さまざまな業界がこの種のデータを利用する可能性があるだろう。

モノを買ったり売ったりする、さまざまなプロセスの情報に深く入り込んでいるので、我々にはマネタイズできるポイントがたくさんある。(辻氏)

Pricebook は、PriceAreaRocket Internet が支援する PricePandaTelunjuk など、インドネシアで多くの競合に直面している。彼らには豊富な資金力があり、市場では比較良いポジションに立っている。なかでも、PricePanda は、2014年1月の300万ドルの調達に続き、今月初め新しいラウンドの資金調達を行った。その際、PricePanda はインドネシアだけでなく東南アジア全域で7万件のプロダクトの情報を掲載していることを明らかにしている。

PriceArea は2014年5月の時点で、月間訪問数は140万件としていた。ちょうどこの頃、PriceArea は韓国の YelloMobile によって買収されており、Yello Mobile/PriceArea 連合は、モバイルによる価格比較サービスという点で一歩先を行っていると推測できる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】