BRIDGE

タグ KLab Venture Parnters

チャットボットが日程調整をしてくれる「オートーク」運営、500 Startups JapanとKLab Venture Partnersから数千万円を調達

SHARE:

チャットボットが複数人の日程調整をしてくれるパーソナルアシスタント「オートーク」「オートークビズ」を開発・提供する Regulus Technologies は31日、500 Startups Japan と KLab Venture Partners からシード資金を調達したことを発表した。正確な調達金額は明らかにされていないが、数千万円程度とみられる。 Regulus Technologies…

左から:Chief Design Officer の塚由恵介氏(Chief Design Officer)、CEO の伊藤翼氏
Image credit: Regulus Technologies

チャットボットが複数人の日程調整をしてくれるパーソナルアシスタント「オートーク」「オートークビズ」を開発・提供する Regulus Technologies は31日、500 Startups Japan と KLab Venture Partners からシード資金を調達したことを発表した。正確な調達金額は明らかにされていないが、数千万円程度とみられる。

Regulus Technologies は、インタレスト・シェアの「log」を開発していた we-b(現在は、プログラミング教室「TECH:CAMP」 を提供する div として知られる)出身の伊藤翼氏(現 CEO)と塚由恵介氏(現 Chief Design Officer)により2016年12月に創業。個人ユーザ向けの「オートーク」と法人ユーザ向けの「オートークビズ」を開発し、今年7月からサービスを提供している。

Image credit: Regulus Technologies

「オートーク」では、ユーザの Google カレンダや Outlook カレンダなどと連携し、アポを取る相手とユニークな URL リンクを共有するだけで、候補日のやりとりか代行し自動化することができる。「オートークビズ」には、加えて、氏名や勤務希望地・時間などの基本情報をヒアリングする機能が備わっており、アルバイトを多く採用する企業などで面談調整を担当するコールセンターの業務省力化を実現しており、すでに複数の上場企業に採用されている(ネオキャリアが採用していることを明らかにしている)。

同社では、今回調達した資金により、エンジニア、セールス、マーケターなどの人材採用を活発化させ、サービス開発スピードと成長をさらに加速させたいとしている。今後の機能追加により、日程調整時の会議室やレストラン予約などへの送客、個人カレンダーの空き時間への広告訴求などでマネタイズを図る。

Image credit: Regulus Technologies

チャットボットを使ったスケジュールの自動調整の分野では、Facebook の「M」(アメリカでのみ利用可)、今月 Slack や Alexa との連携を念頭にシリーズ B ラウンドで1,000万ドルを調達した「x.ai」(Fenox VC がリード、Silicon Valley Bank と DCM Ventures が参加)、韓国の Kono Laboratories の「kono(코노)」などがある。日本では、昨年 TECH LAB PAAK の第3期Subot というサービスが登場していたが、こちらはすでにサービスを終了しているようだ。

<関連記事>

人工知能分野では、スマートアシスタントとチャットボットが最も期待されている昨今、Regulus Technologies の今後の成長に期待したい。同社では、今回の調達資金の使途として前述したように、複数の職種で人材の募集をしている。

----------[AD]----------

インドネシアの価格比較サイト「Pricebook」、第3ラウンドでKLab Venture Partnersとオークファンから資金調達

SHARE:

日本の Pricebook の一部門であるインドネシアの O2O ショッピングサーチエンジン「Pricebook」は、3度目となる資金調達ラウンドをクローズした。このラウンドは、KLab Venture Partners がリードし、オークファン(東証:3674)が出資に参加した。調達規模については、明らかにされていない。 <9月30日13:30更新> 本稿は原文を翻訳したものであるが、Price…

pricebook-ceo-tomonori-tsuji
Procebook CEO 辻友徳氏

日本の Pricebook の一部門であるインドネシアの O2O ショッピングサーチエンジン「Pricebook」は、3度目となる資金調達ラウンドをクローズした。このラウンドは、KLab Venture Partners がリードし、オークファン(東証:3674)が出資に参加した。調達規模については、明らかにされていない。

<9月30日13:30更新>

本稿は原文を翻訳したものであるが、Pricebook 社より日本語で以下の連絡があったので付記しておく(原文ママ)。

  • 日本法人がインドネシア法人の親会社
  • 親子会社ともに「インドネシアにおけるPricebookの運用」以外の業務、部門はない。日本法人はインドネシア法人の管理業務のみ(ホールディングス)
  • 今回の調達を受けたのは日本法人
  • 但し、全オペレーションを行うのはインドネシア法人

Pricebook は今回調達した資金を用いて、他の製品カテゴリや、ジャカルタ以外の主に東南アジアの都市への拡大をを加速させる。

2013年9月に設立された Pricebook は、東南アジアにおいて、顧客と企業の間の情報非対称性の問題解決を目標に掲げている。2013年12月には、ガジェットの価格比較ポータルとしてインドネシア市場に参入した。

O2O ショッピングサーチエンジンとして、Pricebook はオンライン店舗とリアル店舗の両方から販売価格を収集し、それをポータル上に一覧化している。同社には現在20名のスタッフがおり、携帯電話、コンピュータ、他の電子アイテムなどに特化して、商品のスペック、レビュー、オンラインとオフラインの価格を集めている。

同社は、ジャカルタ・スラバヤ・バンドンにある1,000軒以上のリアル店舗のほか、インドネシア最大の電子機器ショッピングモール ITC Malls とも提携している。

Pricebook の CEO である辻友徳氏は、次のように語っている。

インドネシアのコマース市場は巨大だが、細部にいたっては、先進国の市場と大きく異なっている。企業が参入したり撤退したりするのを見ていると、純然たるタイムマシン型のウェブメディアがこの市場で機能しなくなっているのは、日に日に明らかになっている。

Pricebook は現在、かなりの量のユーザトラフィックがあり、我々のユニークな O2O リーチと顧客品質に関心を持つ企業から、さまざまな提携の要望を受けている。近い将来、東南アジアでナンバー1のショッピング・ビジネスポータルになることを目指して、Pricebook を通じてのみ得られる、スマートなショッピングや販売体験を実現する協業の可能性について、我々は門戸を開くことになるだろう。

昨年3月には、Pricebook は IMJ Investment Partners、グローバル・ブレイン、M&S Partners の創業者でディレクターの眞下弘和氏から、金額非開示の資金調達を行っている

収入が増加し、高機能スマートフォンが普及を続けるなど、発展を遂げるインドネシア市場では、2016年にインターネット人口が1億人に達した。伸びゆくショッピング需要は、インドネシアに多くのオンライン・マーケットプレイスの参入を促し、それは Eコマースやその周辺ビジネスの大きな成長につながっている。

しかしながら、インドネシアの主なショッピングチャンネルは、価格・信頼・スピード・他の敏感な問題のために、オフラインに大きく依存したままだ。こういったオフライン取引の問題点は情報の非対称と情報の分断で、販売者・消費者・生産者のいずれもが、正確でリアルタイムの流通情報に完全にアクセスできないため、あらゆる場所で機会損失を招いている。

水曜日、東南アジアのショッピングサーチエンジン兼価格比較サイトの Priceza は、シリーズAラウンド調達時を遥かにしのぐ数百万ドルの資金調達を、シリーズBラウンドでドイツのメディア大手 Hubert Burda Media(HBM)から実施した

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

KLabが新たにKLab Venture Partnersを立ち上げ、フィリピンと東南アジアへ進出

SHARE:

日本を拠点とするベンチャーキャピタル企業 KLab Ventures の投資活動が、新たな企業 KLab Venture Partners に取り込まれることが今日(原文掲載日:10月21日)、発表された。KLab Ventures は、ソーシャルおよびモバイルゲーム企業であるKLabと日本の金融サービス企業グループSBIに共同で所有され、ポートフォリオ活動の支援を継続する予定だ。一方、今回の新し…

kvp_featuredimage

日本を拠点とするベンチャーキャピタル企業 KLab Ventures の投資活動が、新たな企業 KLab Venture Partners に取り込まれることが今日(原文掲載日:10月21日)、発表された。KLab Ventures は、ソーシャルおよびモバイルゲーム企業であるKLabと日本の金融サービス企業グループSBIに共同で所有され、ポートフォリオ活動の支援を継続する予定だ。一方、今回の新しい KLab Venture Partners にはSBIからの投資の予定はなく、KLab の完全子会社となる。

ローンチにあたり新たな資金が必要になるが、同社は年末までに調達できることを見込んでいる。現在、同資金におけるリミテッド・パートナーシップ(LP)候補を検討している。また、「成長中の国内外のあらゆるIT企業」への投資に関心を寄せているという。まずは日本で投資する計画であるが、アメリカおよび東南アジアへも目を向けるだろう。

フレッシュスタート

CEOの長野泰和氏は、KLab Venture Partners と KLab Ventures の投資対象のスタートアップ選定方法には、はっきりとした違いはないという。KLab Ventures は以前、マルチメディア、ソーシャルネットワーキング、企業向けソフトウェアのスタートアップへの投資経験がある。顕著な違いの1つとしては、KLab Venture Partners はこれからシードステージのビジネスへより目を向けるということだろう。

KLab の完全子会社として、新しい VC は親会社のリソース、技術、そしてネットワークを最大限に活用することができると長野氏は指摘する。割り当てられた資金を投資していた以前のVCである KLab Ventures にとって、完全に KLab 傘下にありながら新しい会社を始めるのには適した時期である。

彼は、この新会社が主なリードインベスターになるのか、それとも他の投資ラウンドに参加する形になるのかは明らかにせず、これはケースによると述べる。同様に、各スタートアップへの投資規模と株式についてはスタートアップの段階により決定される。

KLab Venture Partnersは2016年に、フィリピンの首都マニラで支店を開設することを計画している。これにより、同社の東南アジア市場への進出が期待できる、と長野氏。同社はフィリピン市場の持つ可能性、そして現在多くのVCがまだないことに対する期待を抱いている。

長野氏は KLab Venture Partners を切り離すために、KLab のサポートとリソース、そして KLab Ventures の過去3年半の業績を頼りにしている。アメリカの教育会社 EnglishCentral に買収された英語学習スタートアップの Langrich など同VCのポートフォリオ会社は、シードラウンド後のさらなる投資、そして成功を期待している。

15時更新:前バージョンの本記事は、KLab Venture Partners が KLab Venturesに代わるものであり、Utagoe が KLab に買収されたという誤った記載がありましたが、修正されています。

KLabのフィリピン進出は、フィリピンのエコシステムにとって朗報だろうか? コメント欄で皆さんの考えを聞かせてほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------