THE BRIDGE

タグ ShopChat

楽天のViber、モバイルショッピングキーボードを開発するChatter Commerceを買収

SHARE:

チャット・メッセージングアプリを開発する Viber が、モバイルショッピングキーボード ShopChat を開発する Chatter Commerce を買収した。 ShopChat は、2016年にサンフランシスコで創業。デバイスのデフォルトのキーボードアプリの代わりに使える iOS アプリで、WhatsApp や iMessage、Facebook Messenger など主要なメッセージン…

Viber: Shopping

チャット・メッセージングアプリを開発する Viber が、モバイルショッピングキーボード ShopChat を開発する Chatter Commerce を買収した。

ShopChat は、2016年にサンフランシスコで創業。デバイスのデフォルトのキーボードアプリの代わりに使える iOS アプリで、WhatsApp や iMessage、Facebook Messenger など主要なメッセージングアプリ上で利用できる。買い物中毒者かもしれないキーボードのユーザーは、主要なリテーラーの在庫に直接アクセスすることができ、簡単に検索し、製品を友人とシェアすることができる。

ShopChat は、API を通じてサードパーティーアプリが自分のサービスに直接統合できるホワイトラベル製品も提供している。

これまで、同社はシードラウンドで100万ドル強を調達している。3月、日本のeコマース大手楽天が主導したラウンドだ。楽天は、2014年に9億ドルでイスラエルの企業である Viber を買収している。Viber はすでに、ShopChat のテクノロジーをメッセージングアプリ内に導入しており、Viber によればその機能のローンチ以来、米国ユーザーの3割が機能を使用したという。

楽天の出資と Viber による導入を考えれば、この買収が意味をなすことが理解できるかと思う。

Chat Commerce はサンフランシスコに7名のエンジニアチームを置いており、彼らは Viber の一部となる。Chatter Commerce の CEO、Zephrin Lasker 氏は Viber の e コマース部門グローバルヘッドになる。このポジションで、彼は「同社のグローバルモバイルコマース戦略の舵取り」をし、新マーケットへの展開を進めていくと同社の発表資料は述べている。

Viberは2010年に創業。最近、その企業名を「Rakuten Viber」と改めた。世界で8億以上のユーザーを有する。これまで同社による買収事例は多くないが、2015年には900万ドルで NextPeer というモバイルゲーム開発者向けのクロスプラットフォームのソーシャル機能を開発しているスタートアップを買収したと報じられてた。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

楽天も出資するShopChat、ショッピング機能が入ったモバイルキーボードアプリをローンチ

SHARE:

オンラインショッピングモールにモバイルキーボードアプリがあったらどう思うだろうか? 「メッセージコマース」のスタートアップShopChatは先週、資金調達ラウンドの発表とともに、ステルスバージョンを終えて正式にローンチしたことを発表した。 2016年に創業し、サンフランシスコに拠点を置くShopChatは二つの製品を主に扱っている。一つが既にダウンロード可能なiOSアプリ(Android版は後ほど…

上: ShopChat
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

オンラインショッピングモールにモバイルキーボードアプリがあったらどう思うだろうか? 「メッセージコマース」のスタートアップShopChatは先週、資金調達ラウンドの発表とともに、ステルスバージョンを終えて正式にローンチしたことを発表した。

2016年に創業し、サンフランシスコに拠点を置くShopChatは二つの製品を主に扱っている。一つが既にダウンロード可能なiOSアプリ(Android版は後ほどローンチ予定)で、デフォルトのキーボードの代替として、iMessage、Facebookメッセンジャー、WhatsAppなどの主要メッセージングアプリ上で機能し、主な小売店の販売在庫とユーザーとを直接橋渡しする。検索と友人間での製品のシェアを簡単にするものだ。

二つ目の製品はホワイトラベルのもので、外部のアプリがShopChatのAPIを通じて自身のサービスに直接統合できるようにするものだ。

iOSアプリをインストールすると、ユーザーはメインのキーボードアプリとShopChatを数回のタップで切り替えることができる。ShopChat上でユーザーに物を買わせるというよりも、各ブランドのウェブサイトにつなげて、そこで直接購買できるようにする。

ローンチ時においては、Guess、Foot Locker、Macy’sなど60のブランドが含まれている。ShopChatはアルゴリズムと「ソーシャルグラフ」のデータを用いて、どのブランドと製品を表示するかを決定する仕組みになっている。

ShopChatは昨年8月にひっそりとローンチしており、これまでに公開招待から約10万名のベータユーザーを獲得している。

上: Viber: Shopping

公式ローンチの発表に加えて、日本のeコマース大手の楽天とシリコンバレーや欧州の複数のエンジェル投資家から125万ドルを調達したことも今回明かした。楽天はメッセージング大手Viberも所有していることから、今回のラウンドに参加したことは注目に値する。実に数週間前、世界に約8億ユーザーがいるとしているViberは新しいアプリ内ショッピング機能を導入したことを発表した。今では、ShopChatのホワイトラベルサービスがその機能を支えているこが分かっている。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------