タグ SpaceChain

シンガポール発の分散型衛星インフラ構築SpaceChain、6基目のブロックチェーン装置が打上成功

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 シンガポールに拠点を置く SpaceChain は、Space X のロケット「Falcon 9」に搭載されたブロックチェーン装置の宇宙への打ち上げミッションが成功したと発表した。こ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポールに拠点を置く SpaceChain は、Space X のロケット「Falcon 9」に搭載されたブロックチェーン装置の宇宙への打ち上げミッションが成功したと発表した。このペイロードには、Velas ネットワーク上で Ethereum の取引と NFT の発行をサポートできるノードが連携されている。

Image credit: Space Chain

2017年に Zee Zheng 氏によって設立された SpaceChain は、宇宙におけるオープンなブロックチェーン基盤の構築を目指している。今回のミッションで送られたブロックチェーン対応パッケージは、同社がこれまでに打ち上げた6番目のペイロードとなる。

同社は昨年5月、カザフスタンに拠点を置く Eurasian Space Ventures と覚書を締結した。両社は、ビットコイン取引プラットフォーム「Biteeu」とコーラン音声放送局「Divine」の2つのプロジェクトで提携することで合意している。

一方、Velas は世界最速と言われる Ethereum Virtual Machine のブロックチェーンプラットフォームだ。SpaceChain のノードがテストされ起動すると、Velas は軌道上のインフラを通じてプラットフォームの開発を続けることができるようになる。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


ブロックチェーンで衛星とデバイスの直接通信を目指す「SpaceChain」

SHARE:

ピックアップ:SpaceChain Foundation Invests in Core Semiconductor to Produce Open Hardware Platform for Direct Satellite-to-Devices Communication ニュースサマリー:宇宙市場における分散技術インフラの活用を目指す「SpaceChain」は5月19日、Core Semic…

ピックアップ:SpaceChain Foundation Invests in Core Semiconductor to Produce Open Hardware Platform for Direct Satellite-to-Devices Communication

ニュースサマリー:宇宙市場における分散技術インフラの活用を目指す「SpaceChain」は5月19日、Core Semiconductorとの戦略的パートナシップを締結したことを同社Mediumで発表した。同パートナーシップにより、衛星とデバイスの直接通信(Direct Satellite-to-Devices Communication)を可能とするハードウェア構築を目指す。

重要なポイント:衛星とデバイスが通信する場合、従来までは、地上の衛星アンテナやサードパーティネットワークを経由する方法が一般的とされていた。今回のパートナーシップはそうした常識を覆すものであり、またオープンソースで行われることから注目を集めている。

詳細情報:SpaceChain Foundationはコミュニティーベースの宇宙プラットフォーム。世界初のオープンソース・ブロックチェーンに基づく衛星ネットワークを構築することを目指している。宇宙技術とブロックチェーン技術を組み合わせ、ユーザーによる宇宙でのアプリケーション構築実現を目指す。

・同社の開発するブロックチェーンハードウェアウォレットは昨年12月、SpaceXのFalcon9ロケットに搭載され、国際宇宙ステーション(ISS)に到達したことで知られる。同ISS実証ミッションは、NanoracksとNASAとのSpace Act Agreementによって実現した。

・今回のパートナーシップにより、アクセス性と制約のないコラボレーションが可能となる。同社にとっては、分散型宇宙ハードウェアとニュースペース・エコノミーを実現していく大きな一歩となる。

・ブロックチェーンを活用することで、多層のグローバル分散型インフラストラクチャ上のデバイスをセキュアにすることが可能となるほか、同プロジェクトが実現すれば、ブロックチェーン技術が爆発的に実社会へ普及する起爆剤となる可能性がある。

・また、Googleを始めとするプラットフォーマーが採用しているオープンソースソフトウェア(OSS)概念のハードウェア版が採用され、オープンソースによるイノベーションの加速が期待される。プロジェクトで実際に公開されているコードは下記の通り。

https://github.com/coresemi

https://github.com/coresemi/gnss-baseband

背景:今回のSpacechainのパートナーシップ締結は、昨年12月にISSの実証実験をNASAらと行い、次なるステップとして金融サービスプロバイダー・IoTサービスプロバイダー・研究機関などと協業を推進していく上での通過点と言える。

執筆:國生啓佑/編集:増渕大志

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録