THE BRIDGE

タグ Startup Leadership Program

Startup Leadership Program(SLP)東京チャプターの2015-2016クラスが修了、高評価6サービスを紹介

SHARE:

Startup Leadership Program (SLP)は2006年にアメリカ・ボストンで始まった起業家育成プログラムで、日本では2013年の上陸から数え3期目を迎える。2015年-2016年クラスには13人の起業家(フェロー)や23のスタートアップが参加したが、彼らが約半年間で11回におよぶメンタリングを終えた成果を披露する Presentation Day が3月上旬、都内で開催された…

slp-2016-all-presenters

Startup Leadership Program (SLP)は2006年にアメリカ・ボストンで始まった起業家育成プログラムで、日本では2013年の上陸から数え3期目を迎える。2015年-2016年クラスには13人の起業家(フェロー)や23のスタートアップが参加したが、彼らが約半年間で11回におよぶメンタリングを終えた成果を披露する Presentation Day が3月上旬、都内で開催された。

他の国の SLP と比べて、SLP 東京チャプターが特徴的なのはメンターに加え、ヒアリング相手に大企業を迎えているところだろう。今回の SLP でもエーザイ、J-WAVE、日本経済新聞、日本マイクロソフト、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、富士セロックス、ヤフーが、参加フェローやスタートアップとの協業や投資の可能性を探るべく顔を揃えた。参加フェローやスタートアップと大企業との間でのディスカッションは非公開となっているため、本稿では扱わない。13人のフェロー、23のスタートアップの中から、メンターらが特に素晴らしいと評した6チームを紹介したい。

ビタリー by ビタリー

和波利久氏(Lean Startup Japan)、貝沼篤氏(アクセンチュア デジタル コンサルティング本部)による評価

slp-2016-vitaly

Slack はフロー型のコミュニケーション・ツールであるためタスク管理には向かないが、Slack と連携可能なタスク管理ツール「Vitaly(ビタリー)」により、ビジネスパーソンの労働生産性を向上させる。ユーザ毎にインターフェイスが最適化されており、自分が何をすればいいかを明示的に把握することができる。

歴食

飯野将人氏(Learning Entrepreneurs Lab)、井上裕太氏(TBWA\HAKUHODO\QUANTUM)による評価

slp-2016-rekishoku-1

slp-2016-rekishoku-2

歴食.jp」は武将や文豪などが愛した食事、日本全国の「歴史的なストーリーを有した食事」を紹介するサイト。人々に地域の食のルーツや歴史を知ってもらうことが狙い。地域の連携により、日本の食の新ジャンルとして日本の内外に情報発信する。将来的にはアプリを開発し、歴食が食べられる飲食店を検索できる機能を実装する計画だ。

ワントリップ by オモロー

高瀬昇太氏(Blincam)、堤孝志氏(Learning Entrepreneurs Lab)による評価

wantrip_logoペットを一緒に履行に連れて行きたい、ペットが心配で旅行に行けないというニーズを狙った口コミポータルとマッチングプラットフォーム「ワントリップ」を展開。

「ワントリップ」で、「ペットのことを心配せずに、安心して旅ができる!」というビジョンを実現させる。

Call Connect by Selfree

黒田敦史氏(ブリリアントソリューション)、竹川祐也氏(CyberAgent Ventures)、伊藤健吾氏(Genuine Startups)による評価

callconnect_screenshot

Call Connect」は Twilio と連携し、フリーダイヤルや一般電話回線の番号を取得。5分間で電話によるカスタマーデスクが立ち上げられるクラウドサービス。顧客からかかってきた電話についてクラウド経由でやりとりできるため、複数のカスタマーデスク担当者によるリモートワークが可能。通話録音、メモ、IVR(音声自動応答)の各機能が使えるほか、Slack・Zendesk・Backlog などサポートタスク管理ツールとの連携も可能。

QU by キューユー

松田崇義氏(DGインキュベーション)、高野秀敏氏(キープレイヤーズ)による評価

qu_screenshot

キューユーは、今一番安いガソリンスタンドが見つかるモバイルアプリ「QU」を開発中。CGM によりユーザからガソリンの店頭販売価格情報を集め、それを自社アプリと API で外部にも提供する予定。5月前後にアプリをローンチし、当初はキューユーの本拠地である愛知県限定でサービスを開始する予定だ。

職人さんドットコム by 職人さんドットコム

shokunin-san-dot-com_screenshot

山口豪志氏(54)、坂井田大悟氏(アクセンチュア デジタル コンサルティング本部)による評価

職人さんドットコム」は、建設現場で働く職人さん(技能労働者350万人)を対象にした無料ポータルサイトを運営。

プロショップ検索では、土地勘のない建設現場で資材や工具が必要になったりした場合、それらを調達できる店を探し出し、電話番号、住所、営業時間、駐車場、トイレの有無などの情報を掲載している。

GPS 連動で現場から店までのルートを地図上に表示する。


slp-2016-sean-k
ショーンKこと、ショーンマクアードル川上氏

Presentation Day の最後には、15年以上にわたり J−WAVE で起業家らを紹介する番組「MAKE IT 21(メイク・イット・トゥエンティーワン)」の MC を務めるショーンマクアードル川上氏が登壇。大企業とスタートアップのコラボレーション事例が増え、リーンスタートアップ的なアプローチが日本にも根ざしてきたことを感じていると述べ、SLP のこれまでの活動についても高く評価した。

<関連記事>

slp-2016-broaderview

----------[AD]----------

スタートアップ・リーダーシップ・プログラム、中国に上陸

SHARE:

【原文(中国語)】 中国におけるスタートアップ・エコシステムは、北京でのスタートアップ・リーダーシップ・プログラム(以下、SLPと略す)の始動により、さらに活性化されることだろう。SLP はアメリカに端を発し、やがて世界へと広がった、起業家・創業者・リーダー養成プログラムだ。ボストンから始まり、シカゴ、ニューヨーク、シリコンバレー、サンディエゴ(以上、アメリカ)、ロンドン(イギリス)、バンガロール…

【原文(中国語)】

中国におけるスタートアップ・エコシステムは、北京でのスタートアップ・リーダーシップ・プログラム(以下、SLPと略す)の始動により、さらに活性化されることだろう。SLP はアメリカに端を発し、やがて世界へと広がった、起業家・創業者・リーダー養成プログラムだ。ボストンから始まり、シカゴ、ニューヨーク、シリコンバレー、サンディエゴ(以上、アメリカ)、ロンドン(イギリス)、バンガロール、ムンバイ、ニューデリー(以上、インド)、そして、中国は北京と香港に上陸した。

北京の同プログラム・リーダーを務めるトニー・アン氏によると、このプログラムの特徴は、多くのことが学べる世界中に広がったネットワーク、経験を分かち合うことができ、刺激を与えてくれる仲間、そしてサポートをしてくれるベテランのメンターがいることだ。SLP はこれまで、合計資金調達額 8,800万ドル(=約69億円)を擁する、100のスタートアップをキュレートしてきた。

SLP から輩出された企業には、オンライン・フィットネス・コミュニティ/アプリケーション・ベンダーのRunKeeper、オンライン共有ツールの Shareholic 、パーソナライズ情報ネットワークの Pinyadda などがいる。このプログラムのテーマは、主に生命科学、テクノロジー、クリーンテクノロジー、社会事業のような分野であるが、革新的な考えや、既成概念を打ち壊すようなアイデアは常に歓迎される。

SLP は世界中で、AccelWI HarperLongworth Venture Partners などの一流のベンチャー・キャピタルとパートナーシップを構築している。

SLP の会員らは、産業別のエキスパート、プロのVC(ベンチャー・キャピタル)から指導を受け、世界各国にまたがる仲間とともに、自らのアイデアを新たなレベルへと引き上げようとしている。現状、選ばれた会員らは、VC から出資の機会を得ているが、SLP 自らも最良と判断した案件には投資を検討する。

世界規模のネットワークの一員になり、インスピレーションを受けたい方は、SLP のウェブサイトから参加を申し込むことができる。

また、これまでにお伝えしているように、天使湾創投訳注1) や中国加速訳注2)のように、中国には同様のプログラムやチャンスがどんどん増えている。これは中国で高まり続ける起業家精神にとって、良い影響をもたらすだろう。

【via Technode】(@technodechina)

訳注1:天使湾創投(TiSiWi)…中国・杭州市に本拠地を置くベンチャー・キャピタル。中国の3D地図検索ポータル「E都市」を創業した 龐小偉(パン・シャオウェイ)氏が設立した。

訳注2:中国加速(China Accelerator)…デイブ・マクルーア氏率いる500スタートアップや、テックスターでメンターを務める、エンジェル投資家サイリル・エバスウェイラー氏が立ち上げたインキュベータ。本拠地は大連。スタートアップ・デイティングのオーガナイザー Hero Maeda もメンターを務める。


著者紹介:ベン・チァン

チァンは Technode のライターであり、5年前から PC World 中国版や BNET 中国版に寄稿してきた。英語編集者としてキャリアをスタートし、工夫をこらしたインターネット・プロダクトで、人々の生活を向上させたいと願っている。ソーシャル・ネットワーク、ソーシャル・ゲーム、ユーザ志向型のインターネット・プロダクト・デザインの分野で、スタートアップや上場会社のさまざまな職種に勤務経験がある。ピーター・モーヴィル著「Search Patterns(邦題:検索と発見のためのデザイン ― エクスペリエンスの未来へ)」、マーティー・ケイガン著「Inspired」の中国語版の翻訳を担当。北京在住、中国スタートアップ、中国人起業家に関心が高い。

----------[AD]----------