BRIDGE

タグ StellarStation

地上局共有プラットフォームのインフォステラ、Airbus Venturesをリードに3.8億円を調達

SHARE:

地上局共有プラットフォーム「StellarStation」を開発するインフォステラは4月30日、新株予約権付社債による第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3億8000万円で、参加したのは既存投資家であるAirbus Ventures、Sony Innovation Fundのほか、新規投資家として大和エナジー・インフラ、三菱UFJキャピタル、三菱UFJリースが出資している。累計調達額は1…

infostellar

地上局共有プラットフォーム「StellarStation」を開発するインフォステラは4月30日、新株予約権付社債による第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3億8000万円で、参加したのは既存投資家であるAirbus Ventures、Sony Innovation Fundのほか、新規投資家として大和エナジー・インフラ、三菱UFJキャピタル、三菱UFJリースが出資している。累計調達額は12億4000万円。

今回の資金調達は、主にビジネスディベロップメントやセールスの採用、マネジメント層の強化を目的としている。今後は、ヨーロッパとアジアを中心に事業開発を進め、アンテナネットワークを周回軌道衛星の運用事業者により多く提供していくとしている。

同社は地上局共有プラットフォーム「StellarStation」を開発を行い、アンテナの共有による衛星通信の実現可能性を検証してきた。複数の衛星運用事業者に月間平均500パス(※パスは無線通信可能な期間)を提供している。また、海外政府系企業を含む、世界数カ国のアンテナ所有企業との契約をしており、現在、サービス提供可能なアンテナの数は計13基となっている。

一部の衛星運用事業者からの通信機会をまとめて購入したいというニーズに応えるため、大和エナジー・インフラ、三菱UFJリースに既存アンテナパートナーを含めて、柔軟に地上局ネットワークの拡充が図れるような取り組みを協議していくという。

via PR TIMES

----------[AD]----------