タグ Stilt

学業の状態などからローンを審査する「Stilt」、与信の多様性に向け1億ドル調達

SHARE:

ピックアップ:Stilt Brings In $100M Debt Financing To Power Immigrant Loan Product ニュースサマリー:米国の移民や特定のビザ向けにローン型フィナンシャルサービスを提供するStiltは27日、Silicon Valley Bankからのデッドファイナンスによる1億ドルの資金調達を実施したことを発表している。 話題のポイント:アメリカ…

ピックアップ:Stilt Brings In $100M Debt Financing To Power Immigrant Loan Product

ニュースサマリー:米国の移民や特定のビザ向けにローン型フィナンシャルサービスを提供するStiltは27日、Silicon Valley Bankからのデッドファイナンスによる1億ドルの資金調達を実施したことを発表している。

話題のポイント:アメリカで生活する際、SSN(Social Security Number)ほど客観的に信頼度を提供することができるツールはありません。ただ、アメリカでVISAをきちんと取得し、移民や留学生として正式な形で来ているからといって、無条件で得られるものでもないのも実情です。

むしろ、ほとんどの留学生はSSNを持っていません。留学生が取得することの多いF-1ビザは、そもそも所得を得ることが前提にないため、SSNの取得が必要ないと考えられているからです。

そのため、例えばアパートメントの契約をしようとしても、大げさに言えば銀行口座に100万ドルあることが証明できようが、SSNの提出が規約に入っていると契約を断られてもおかしくありません。つまり、SSNを理由にフィナンシャルサービスを受けられないため、クレジットスコアを持てないという悪循環に陥るのです。

そうした現状を変えることを目指すのがStiltです。Stiltでは、SSNではなく学業の状態(GPAなど)、銀行口座の出費傾向などから総合的に個人の信頼性を分析し、ローンが可能かどうかを決定します。至って普通のフローのように思えますが、SSNが前提のアメリカではこうしたサービスは、特にデジタル上では存在しなかったのです。

例えば後払い市場をリードするスタートアップとして有名なAffirmなども、利用の際にはSSNが前提にされており、それ以外での信頼性担保を証明する手段は考慮されていません。現段階でStiltは、ローンとオリジナルの銀行口座のみのサービス提供ですが、将来的には後払い市場など包括的な金融サービスへの拡張も考えられます。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

マイナンバーカードの未来?米国「SSN」の課題解決を狙うStilt、シード資金獲得

SHARE:

ピックアップ:Stilt, which provides financial services for immigrants, raises $7.5 million seed round ニュースサマリー:FinTechスタートアップ「Stilt」は9日、シードラウンドにて750万ドルの資金調達を実施したと発表した。投資家にはSteamlined Ventures、Bragiel Brother…

Capture

ピックアップ:Stilt, which provides financial services for immigrants, raises $7.5 million seed round

ニュースサマリー:FinTechスタートアップ「Stilt」は9日、シードラウンドにて750万ドルの資金調達を実施したと発表した。投資家にはSteamlined Ventures、Bragiel Brothers、並びに個人投資家としてFundbox CEOのEyal Shinar氏やY CombinatorよりDalton Caldwell氏、Kevin Hale氏などが同ラウンドに参加している。

同社は米国におけるSSN(Social Security Number)を保有しない移民、留学生やワーキングホリデーなどのVISA保有者向けに低金利ファイナンスサービスを提供している。2015年に創業した同社は、翌年にY Combinatorのインキュベーションプログラムを卒業している。

また、海外からでも開設可能なデビットカード付きデジタルバンクサービスも開始している。

話題のポイント:「SSNがないとサービスを受けられない」、こうした問題をテクノロジーを介して解決しようとするスタートアップは近年増えつつある印象です。日本におけるSSNはマイナンバーカードですが、その普及率の低さもあってか、個人認証において重要視されるケースは少ない状況です。

しかし米国では、SSNこそ全ての個人に対する信頼度が詰まっているものとして、あらゆるサービスのバックグラウンドチェック的役割として機能しています。

例えばSSNがない限り、クレジットカードの発行や高額な商品のローン購入といったことは全くできません。また、賃貸の契約ですらSSNを持っていることが前提となるため、たとえ外国において安定した収入があろうとも規約上受け付けてくれないケースも数多くあります。

そのため、外国人(移民・留学生)の信頼度を図るうえでSSNのみが唯一無二と契約規約上定められているケースでは、どれだけ銀行の残高証明書を見せようが信頼度はゼロと等しいとされます。

StiltはこうしたSSNを保有していなくても、信頼度の高い外国人は存在することを前提とした事業デザインとなっています。そもそも、わざわざ米国にやってきてくる留学生やワーキングホリデーといった層はそもそもVISA取得時点でそれなりの残高を保有していなければなりません。

つまり、各国である程度の信用がある方は、SSNのクレジットがなくても政府が発行するVISAという「信頼証明書」は少なくとも持ち合わせているわけです。それらと、例えば留学生であれば学校の成績などと組み合わせ、独自のクレジットスコアを算出する仕組みとなっています。

全く同じ仕組みでSSNを持ち合わせない層へクレジットカードの発行を実現させているのが「Deserve」です。必要な情報は学校名や基本的な情報のみで、逆になぜSSNが一般的な決済企業で絶対必要とされているのか不思議になるほどスムーズに応募することができます。

アメリカで生まれた場合、自動的にSSNが振り分けられます。そのため、アメリカでは「SSNを持っていない」という存在の実態すら気が付くことのできない環境にあるのが実情でしょう。

Stiltの創業者は、インド出身でコロンビア大学へ進学を果たした経歴を持っています。進学当初、多くの留学生と同じようにSSNを持っていなかったため銀行口座ですら開設するのに相当な時間を要し、「SSNがない」ということだけで何故信頼がゼロになるのかことに憤りを感じたと創業の経緯が述べられています

DeserveやStiltの登場で、アメリカ在住者にとって10年前と比較すればSSNを持ち合わせていないことによる不便を感じるケースは減少しています。これからも、Stilt創業者のように実際にこの「不便」を感じたアメリカ留学生やワーキングホリデーの方が課題解決のために創業に至るケースは増えるのかもしれません。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。


  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待

無料メンバー登録