THE BRIDGE

タグ Stratasys

3Dプリンタ会社のStratasys、150万人のCADエンジニアが集まるコミュニティを運営するGrabCADを買収

SHARE:

Stratasysが、CADデザイナーやエンジニアが集まるコミュニティを運営するGrabCADを買収した。買収金額は非公開となっているが、TechCrunchは1億ドルだと予想している。 この買収にあたって、GrabCADは複数の会社と交渉を行っていたことをForbesが報じている。交渉相手にはAutodeskやAdobeといった企業も含まれている。GrabCADは4年前に創業したスタートアップだ…


grabcad

Stratasysが、CADデザイナーやエンジニアが集まるコミュニティを運営するGrabCAD買収した。買収金額は非公開となっているが、TechCrunchは1億ドルだと予想している

この買収にあたって、GrabCADは複数の会社と交渉を行っていたことをForbesが報じている。交渉相手にはAutodeskやAdobeといった企業も含まれている。GrabCADは4年前に創業したスタートアップだ。2011年にボストンのアクセラレータプログラムに参加し、今回の買収までに投資家たちから1,360万ドル(約13億6000万円)を調達している。

GrabCADは150万人のエンジニアが参加するコミュニティを運営しており、およそ52万個のCADモデルをシェアしている。このGrabCADのコミュニティを用いている幾人かのエンジニアは、GEやPebble、Tiffany & Coなどで仕事をしている。

今回の買収後、GrabCADの創業者でありCEOである、Hardi Meybaum氏は同社の代表として社にとどまり、Stratasysグループのひとつとして独立して業務を行う予定となっている。Hardi Meybaum氏はこの一件を知らせるブログ記事内で、

「私たちがStratasysに初めて会ったとき、私たちは世界のデザインと製造を変えたいというビジョンを共有しているとすぐにわかった。ただ、そのアプローチは異なっていた。Stratasysは素晴らしい3Dプリンティング技術を開発することで産業を変えようとし、GrabCADは人々をつなぎ、彼らのコラボレーションをサポートすることで変化をもたらそうとしていた。私たちはCADのソフトウェアには依存しない。これは私たちが最も重要視している原理であり、Stratasysのチームと共有できていることだ。」

とコメントしている。

3Dプリンティングにおいて、3Dモデルを作り出すことは非常に重要な部分だ。Stratasysは今回の買収でそのモデルを作り出すリソースを獲得したことになる。

GEによる製造業の未来について触れたレポート「Future of work」では、アドバンズドマニュファクチュアリングやグローバルブレインといった概念が紹介されている。ここでは製造工程に起きている変化や、オープンソースプラットフォームによるクラウドソーシングが人に与える影響について書かれている。

今回、StratasysがGrabCADを買収した動きは、上記の未来予想図に重なるものがある。3Dプリンティングの領域、いや製造業はこれから大きく変化していくのではないだろうか。

----------[AD]----------

ワールドカップを記念して3Dプリンターを使って作られたサッカーボールが登場

SHARE:

最近はワールドカップの話題を耳にすることが多く、多くの人が寝不足や不規則な生活習慣に悩まされているのではないだろうか。 ワールドカップの熱はガジェット方面にも飛び火しており、本誌でもアディダスが開発したサッカーボールの目線からワールドカップを様子を伝えるボール「brazucam」や、サッカーに関する話題の盛り上がりを可視化するプロダクトのコンセプトモデル「Kixl」などを紹介してきた。 ハードウェ…


3dprinted soccer ball

最近はワールドカップの話題を耳にすることが多く、多くの人が寝不足や不規則な生活習慣に悩まされているのではないだろうか。

ワールドカップの熱はガジェット方面にも飛び火しており、本誌でもアディダスが開発したサッカーボールの目線からワールドカップを様子を伝えるボール「brazucam」や、サッカーに関する話題の盛り上がりを可視化するプロダクトのコンセプトモデル「Kixl」などを紹介してきた。

ハードウェア方面からワールドカップを盛り上げようとしている例を紹介する。Stratasysのパートナーである「Proto3000」は、マルチマテリアル3Dプリンタ「Objet500 Connex」を使って、彼らがデザインしたサッカーボールを3Dプリンティングした

Stratasysのマルチマテリアルの3Dプリンティング技術は、透明性の高い硬い素材とゴム状の素材を用いて五角形と六角形のパネルを生み出した。その後、洗浄し、ボールの裏側から国旗のステッカーを貼り、今年のワールドカップの出場国がハイライトできるようにしている。

3Dプリンターを使ってワールドカップを記念したサッカーボールを作る様子だ。



----------[AD]----------

ゴムなど柔軟性を持つ素材でマルチカラー出力が可能な3Dプリンター「Stratasys Objet500 Connex3」

SHARE:

米国の3DプリンターメーカーStratasysが、ゴムのような柔軟性を持った素材を使い、マルチカラーで出力が可能な3Dプリンター「Objet500 Connex3」を発表した。BBCによれば、価格は約33万米ドルほどになる見込み、発売日は未発表となっている。 これまで発売されてきたConnexシリーズでも、不透明素材や透明素材、ゴムのような複数の素材を同時に出力は可能だった。Connex3では新た…


color_rubber_shoe_flexing

米国の3DプリンターメーカーStratasysが、ゴムのような柔軟性を持った素材を使い、マルチカラーで出力が可能な3Dプリンター「Objet500 Connex3」を発表した。BBCによれば、価格は約33万米ドルほどになる見込み、発売日は未発表となっている。

これまで発売されてきたConnexシリーズでも、不透明素材や透明素材、ゴムのような複数の素材を同時に出力は可能だった。Connex3では新たにマルチカラー出力に対応している。

connex3_with_cmy_helmets

これまで3Dプリンターを活用して生み出された物体は、その後カラーリングが必要だったが、Connex3ではカラーリングされた状態で出力される。StratasysはBBCの取材に対して、「Connex3によって企業やデザイナーがプロトタイプの作成から市販化までにかかる時間を従来の半分にできる」と回答している。



先日は、カーボンファイバーを素材にプリンティングが可能な3Dプリンターを紹介した。素材の多様化、色付きでの出力などがさらに低コストで可能になれば、モノづくりのプロセスに変化をもたらしそうだ。

(Image: Stratasys)

----------[AD]----------