THE BRIDGE

タグ Swingtrack

BHIが一連の情報過多対策アプリを「Swing!」として統合、同社初となるweb版リリースでPCからのアクセスも可能に

SHARE:

東京に拠点を置く BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。 これまでに各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する「SwingMail」(iOS 版、Android 版)や、現在の時刻に沿って To-Do 管理を自動化できるアプリ「Swingdo」…

東京に拠点を置く BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。

これまでに各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する「SwingMail」(iOS 版、Android 版)や、現在の時刻に沿って To-Do 管理を自動化できるアプリ「Swingdo」(iOS 版、Mac アプリ版、Google Chrome エクステンション版)、LINEでメールの送受信やTo-Do管理ができるチャットボット「SwingBot(リンク先は、LINE 連携用URL)」、ECサイトやチケッティングサイトの通知メールから購入履歴などを自動整理してくれるアプリ「Swingtrack(iOS 版)」をリリースしてきた。

同社は15日、これらのシリーズアプリのうち SwingMail、Swingdo、Swingnews、Swingtrack の機能をまとめ、「Swing!」というスイートブランドで統合展開していくことを明らかにした。また、モバイルアプリとしてはこれまで通り独立したままだが、Swing! については同社初となる web 版をリリース、モバイルだけでなく PC からも一連の機能にアクセスが可能となった。

「Swing!」web 版のニュース機能(Image credit: BHI)
クリックして拡大

BHI ではインフォメーション・オーバーロード対策を特化してきたため、これまでのソリューションはモバイルアプリのみを提供していた(Swingdo の Google Chrome エクステンション版を除く)。このため、ユーザはメールの機能を使う場合、PC では仕様の異なる別のメーラを併用せざるを得ない状況が続いていた。同社では web 版のリリースにより、ユーザはモバイルアプリと同様の画面仕様での操作が PC からも行えるほか、モバイルでは面倒な細かい設定や長文の返信などは、シチュエーションに合わせて PC から行えるようになるとしている。

「Swing!」web 版のお買物機能(Image credit: BHI)
クリックして拡大

また、web 版については、ホワイトラベルによる OEM 展開をスタートし、マネタイズを開始する。メール・/Todo/お買物/ニュースを顧客要望に応じてパッケージにして提供することや、一部機能を他社の既存サービスに組み込ませることを狙う。お買物機能については現時点で楽天と Amazon のみに対応しているが、10月上旬までに約90の EC サイトに対応させ、簡単操作による商品再購入や商品情報とニュース情報の連携などを図る。

BHI は2013年の創業、それより遡る2012年にサムライインキュベートから430万円の出資を受けた(ラウンド不明)。以降、2014年4月にシリーズ A ラウンドで大和企業投資から(調達額非開示、推定調達額1億円程度)、2016年12月にフリービットインベストメントやニッセイ・キャピタルから(ラウンドおよび調達額非開示)出資を受けている。

(編注:iTunes の仕様変更に伴い、PC および Mac 用の iTunes Ver 12.7 以降では記事中リンクから iOS アプリをダウンロードできません。iPad や iPhone のブラウザ上で当該リンクをクリックしてください。)

----------[AD]----------

情報過多対策のBHI、ECサイトやチケッティングサイトの通知メールから購入履歴などを自動整理してくれるアプリ「Swingtrack」をローンチ

SHARE:

東京に拠点を置く BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。これまでに、各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する「SwingMail」(iOS 版、Android 版)や、現在の時刻に沿って To-Do 管理を自動化できるアプリ「Swingdo」…

Image credit: BHI

東京に拠点を置く BHI は、インフォメーション・オーバーロード(情報過多)対策にフォーカスしたモバイル・ソリューションを提供するスタートアップだ。これまでに、各種SNS宛のダイレクトメッセージやメールをアグリゲートし、推測される優先順位に沿ってメール返信を支援する「SwingMail」(iOS 版、Android 版)や、現在の時刻に沿って To-Do 管理を自動化できるアプリ「Swingdo」(iOS 版、Mac アプリ版、Google Chrome エクステンション版)、LINEでメールの送受信やTo-Do管理ができるチャットボット「SwingBot(リンク先は、LINE 連携用URL)」をリリースしている。

同社は25日、iOS 向けに購入履歴等の集約や整理ができるアプリ「Swingtrack」をローンチした。iTunes AppStore から無料でダウンロードできる。

Swingtrack で、航空券の購入記録を表示した例
Image credit: BHI

Swingtrack では、主要な e コマースサイトやネットショップなどから届いた通知メールを解析、商品の配達予定日や購入記録、イベントや交通などのチケットを簡単にまとめることができる。情報は目的別に整理されるため、メールを検索する手間や、誤って削除してしまうリスクを軽減可能だ。楽天や Amazon で購入した商品情報をカレンダー形式で表示、購入商品の傾向や月々の支出が簡単に把握できるほか、EC サイトからの配達予定日についてもカレンダー形式で表示、当日にはリマインダーを設定できる。

対応できるメールサービスは、Gmail、iCloud、Yahoo! JAPAN、Outlook、docomo メール、mineo メール など。サポートする(通知メールの内容解析対象となる)EC サイトやチケッティングサービスについては、順次追加する予定。

BHI では Swingtrack のリリースに至った背景として、SwingMail や Swingbot ではコミュニケーションに特化したメールやメッセージを優先していた一方、通知系のメールについてはフィルタリングしていた。ユーザから、配達予定日や購入履歴などを通知するメールをまとめるアプリが欲しいという声が数多く寄せられたためとしている。

Swingtrack はユーザの利便性を高めるためのアプリとして提供されるが、同時に BHI にとっても大きなマネタイゼーションの可能性を包含している。あらゆるサイトを横断して購入履歴を一元集約できるので、ユーザの購買嗜好を把握できるからだ。メール内容の解析はクラウド側で行われているものの、今のところ、BHI はそれをユーザに無断で二次利用することは無いということだが、将来的には、購入履歴に基づいて、例えば、iTunes の Genius のようなユーザ毎のレコメンド機能なども提供できるようになるだろう。

BHI は最近オフィスを恵比寿に移転、人工知能分野に強いエキスパートが集まり始めているようだ。9月以降にも、リリース済のアプリの大幅アップグレードや、新アプリのリリースを予定しているようなので、これらについても改めてお伝えしたい。

<関連記事>

----------[AD]----------