THE BRIDGE

タグ TUNECORE Japan

アイドル応援アプリ「CHEERZ」、聴き放題音楽サービス「KKBOX」、楽曲配信サービス「TuneCore Japan」による共同プロジェクトが始動

SHARE:

フォッグが開発するアイドル応援アプリ「CHEERZ」が、聴き放題音楽サービス「KKBOX」と世界中の配信ストアにて楽曲を発売することが出来るサービス「TuneCore Japan」との共同プロジェクトをスタートした。 3社による共同プロジェクトでは、「CHEERZ」に参加しているアイドル約650名はCHEERZが開発したシステムを活用する。参加アイドルは、楽曲配信に関する年間管理費などの負担がなく…

cheerz

フォッグが開発するアイドル応援アプリ「CHEERZ」が、聴き放題音楽サービス「KKBOX」と世界中の配信ストアにて楽曲を発売することが出来るサービス「TuneCore Japan」との共同プロジェクトをスタートした。

3社による共同プロジェクトでは、「CHEERZ」に参加しているアイドル約650名はCHEERZが開発したシステムを活用する。参加アイドルは、楽曲配信に関する年間管理費などの負担がなく、「TuneCore Japan」を通して、定額制音楽配信に関しては「KKBOX」に、その他「iTunes Store」「amazon music」「LINE MUSIC」などの音楽配信プラットフォームに自身の楽曲を配信することが可能となる。

音楽ディストリビューションサービス「TuneCore Japan」利用アーティストへの総支払い額が6億円を突破

アイドルと何かのテーマを掛け合わせることで、「CHEERZ」を売り出してきたフォッグ。彼らが常々、課題に思っていたのは、アイドルのアーティスト性は人々に認知されていないということだった。

「CHEERZ」を運営するフォッグのメンバーには、元々音楽業界出身の人間が多い。「CHEERZ」のプロジェクトマネージャーである伊藤崇行氏も、音楽業界出身者の一人だ。

スタートアップが企画に力を注ぐ理由ーーアイドル応援アプリ「CHEERZ」プロジェクトマネージャーに聞く企画の力

音楽業界を経験した彼らが感じていたのが、楽曲を売りにしているアイドルや音楽にこだわっているアイドルも存在する一方、それを十分に伝えられていないという課題だった。「KKBOX」もアイドルの音楽に力を入れており、「TuneCore Japan」も配信のサポートをしていきたいと考えていたことから共同プロジェクトの話が進んだ。

「アイドルの音楽はすでにリリースされているし、配信されていることもあります。ただ、ロックシーンやハウスシーンのように「アイドルシーン」は存在していない。シーンとして楽曲が聞かれていないんです。私たちが目指すのは、アイドルシーンを作ること。アイドルの楽曲を配信し、音源をまとめる場所を作り、アイドルの音楽シーンを作っていきます」

そう伊藤氏は語る。互いに目指すところが重なった三社は、「アイドルシーン」を立ち上げていくべく連携を行う。「CHEERZ」経由で配信されたアイドル楽曲は提携先である「KKBOX」内にて、新設予定のカテゴリ「アイドル」にまとめられていく。注目音源をピックアップして紹介することで、アイドルの楽曲を聴いてもらうための導線を作る狙いだ。

3社共同プロジェクトの流れ

さらに、「KKBOX」ではアイドル自身がミュージックキュレーターとなり、様々なジャンルの音楽を紹介し、ユーザに対して新たな音楽体験提供していく。

「CHEERZ」は、先日動画生配信の新機能「ちあスト」を実装。これで写真、動画の生配信に加えて、音楽面もカバーすることになった。

アイドル応援アプリ CHEERZ に動画生配信の新機能「ちあスト」が登場

「CHEERZ」を開発するフォッグは、SHOWROOM、KLab Entertainmentの3社協同で新たなライブシリーズ「Let’s Party!」の立ち上げも発表。アイドルシーンを盛り上げていくための動きを加速させている。

letsparty

----------[AD]----------

音楽ディストリビューションサービス「TuneCore Japan」利用アーティストへの総支払い額が6億円を突破

SHARE:

2012年10月にサービスインした米大手音楽ディストリビューションサービス「TUNECORE」の日本版「TuneCore Japan」。 アーティストは、「TuneCore Japan」を利用することで、楽曲をiTunes Store、Amazon Music、Google Play、MySpace、Spotifyなど世界中の配信ストア販売、配信できるサービスだ。同サービスでは、配信ストアの手数料…

TuneCoreJapan_artistrevenue

2012年10月にサービスインした米大手音楽ディストリビューションサービス「TUNECORE」の日本版「TuneCore Japan」。

アーティストは、「TuneCore Japan」を利用することで、楽曲をiTunes Store、Amazon Music、Google Play、MySpace、Spotifyなど世界中の配信ストア販売、配信できるサービスだ。同サービスでは、配信ストアの手数料を除いた金額をすべてアーティストに還元している。

昨年、日本では有名アーティストから勢いにのる若手アーティストまで、幅広いアーティストがTuneCore Japanを通じて楽曲を提供。同サービスを通じた、アーティストへの還元額が2015年末時点で6億円を突破した。

2015年度のみで、3億5千万円をアーティストに還元し、2016年度中には10億円を突破すると見込んでいる。本国の米国「TuneCore」でも昨年1.42億ドル(約156億円)をアーティストへと還元しており、前年比7%増となっているという。

「TuneCore Japan」がサービスインした当時と比べて、着実にデジタル音楽のインディペンデント市場は拡大しているようだ。加えて、音楽ストリーミングサービスの市場も急激に成長している。

「TuneCore Japan」が目指すのは、日本の音楽を海外で販売すること。現在は、売上の10%ほどが海外からとなっており、この先、海外の売上比率を50%まで成長させたいと考えているという。

日本の音楽を世界へーー音楽ディストリビューションサービス「TUNECORE Japan」がSpotifyに楽曲提供を開始

----------[AD]----------

日本の音楽を世界へーー音楽ディストリビューションサービス「TUNECORE Japan」がSpotifyに楽曲提供を開始

SHARE:

米大手音楽ディストリビューションサービス「TUNECORE」の日本版、TUNECORE Japan(チューンコアジャパン)が、音楽のオンラインストリーミングサービス「Spotify」に、利用者の楽曲提供を開始した。TUNECORE Japanを利用する人々は、世界28か国、2400万人のSpotifyユーザーにも楽曲を届けることが可能になった。 TUNECOREは、サービス利用者であれば、世界約1…

tunecore japan

米大手音楽ディストリビューションサービス「TUNECORE」の日本版、TUNECORE Japan(チューンコアジャパン)が、音楽のオンラインストリーミングサービス「Spotify」に、利用者の楽曲提供を開始した。TUNECORE Japanを利用する人々は、世界28か国、2400万人のSpotifyユーザーにも楽曲を届けることが可能になった。

TUNECOREは、サービス利用者であれば、世界約111カ国に向けて自分の楽曲を配信することができるサービス。その日本版であるTUNECORE Japanは、2012年10月にサービスを開始している。これまではiTunes Store、Amazon MP3、music.jp、オリコンミュージックストア、Tapnow ミュージックストアなどに楽曲の販売が可能となっていた。ここに新たにSptifyが加わることで、さらに多くの海外の視聴者に向けて楽曲の提供が可能になる。

TUNECORE Japanのサービスを通じて、アーティストたちが楽曲の配信を行う際に必要な料金は、シングルで年間1480円〜、アルバムで年間4980円〜となっている。楽曲の売上はiTunes等の配信ストアの手数料を除いた金額をすべてアーティストに還元する。

TUNECORE Japan spotify

Spotifyは2400万人の無料会員が利用しており、毎日約2万曲が追加され、2000万曲以上が聞き放題となっている世界最大手の音楽ストリミーングサービス。2013年4月には、アジアやラテンアメリカでもサービスを開始しており、Sd Japanでもシンガポールとマレーシアでのサービスローンチや、Spotifyアジア太平洋地域新市場部門トップのインタビューなどを掲載している。

Spotifyはまだ日本には上陸していないが、SpotifyとTUNECORE Japanが提携することで、日本のアーティストは海外に向けて楽曲を配信することが容易になる。アーティストにとって、海外への進出が容易になるのは、TUNECORE Japanが実現したいことのひとつだ。

チューンコアジャパン株式会社の代表取締役社長、野田威一郎氏は同社のサービスについて以下のようにコメントしている。

日本のクリエイターが制作したものを世界に持っていたいとずっと考えていました。スマートフォンアプリは、制作したら一気に世界に広がることがあり、アプリを作る人々の目が世界へと広がりました。音楽アーティストの目ももっと世界に広げられるはず、そう考えていたんです。

曲が作られてから、リスナーの元に音楽が流通するまでに、多くの間が入るようになっていました。ここの間を減らし、音楽の公共インフラのようなものを作っていきたいと思っています。

野田氏が音楽関連のサービスをやりたいと考えたとき、やりたいサービスのイメージに近かったのがTUNECOREだ。小さなツテをたどり、単身交渉のため渡米して交渉の末生まれたのがTUNECORE Japan。決して強くはないつながりから、TUNECOREのライセンス契約を勝ち取った野田氏、その想いと行動力が日本のアーティストたちの可能性を広げてくれるかもしれない。

----------[AD]----------