BRIDGE

タグ TuSimple(図森未来)

中国の自動運転トラックユニコーンTuSimple(図森未来)、評価額最大70億米ドルで米IPOを目指す【報道】

SHARE:

配送大手 UPS が出資する中国の自動運転スタートアップ TuSimple(図森未来)は、早ければ2021年初頭にアメリカ上場を目指していると報じられている。 重要視すべき理由:Tusimple がアメリカでの株式公開に成功すれば、主要な金融市場で上場を果たす世界初の自動運転企業となる。また、IPO は資本を必要としている同業他社への道を開く可能性がある。 ロボカー技術の開発が予想よりも遅れている…

Image credit: TuSimple

配送大手 UPS が出資する中国の自動運転スタートアップ TuSimple(図森未来)は、早ければ2021年初頭にアメリカ上場を目指していると報じられている。

重要視すべき理由:Tusimple がアメリカでの株式公開に成功すれば、主要な金融市場で上場を果たす世界初の自動運転企業となる。また、IPO は資本を必要としている同業他社への道を開く可能性がある。

  • ロボカー技術の開発が予想よりも遅れているため、IPO はリスクに対する投資家の意欲を試すことになるだろう。

詳細情報:北京とサンディエゴに拠点を置く Tusimple は、2021年の第1四半期に、35億〜70億米ドルの評価額でアメリカでの IPO 申請を提出する予定であると、中国メディアはこの件に詳しい関係者の話を引用して報じている

  • 一方、TuSimple は来月、多くの戦略的投資家から、目標評価額29億米ドルのコミットメントで3億米ドルのシリーズ E ラウンド資金調達を終えようとしている。IPO 直前の資金調達だと報道は伝えている。
  • フォルクスワーゲンの自動運転トラック部門 Traton は、TuSimple に1億4,000万米ドル、中国メディア大手 Sina(新浪)が1億ドルの投資を行うとみられる。Sina は、2016年に5,000万人民元(約7.6億円)のシリーズ A ラウンドに参加して以来、TuSimple の長年の支援者となっている。
  • IPO 前の資金調達を実施すれば、TuSimple の資金調達総額は6億米ドルを超えることになる。それでもこの数字は、同社を黒字化させるまでには十分とは言えない。CEO の Chen Mo(陳黙)氏は最近、黒字化までに10億米ドルの費用がかかると見積もっていると中国メディアは報道している。
  • Chen 氏によると、同社は5,000台のトラックを無人で運行し、年間3億米ドルの収益を上げることを期待しているという。同社は現在、アリゾナ州とテキサス州のいくつかの都市の高速道路で70台のロボリグによる自動運転トラック輸送サービスを試験的に実施している。
  • TechNode(動点科技)は17日、Tusimple に取材を試みたが、同社はコメントを拒否した。

背景:中国の自動車メーカーや自動運転スタートアップは、人件費や燃料費を削減のため自動運転トラックの実験を中国国内のいくつかの都市で行っているが、実験規制のためになかなか進展していない。

  • 中国最大手の自動車メーカー SAIC(上海汽車)は5月、中国の年に一度の政治イベントで、限られた条件下でハンズオフ運転を可能にするレベル3の自動運転車のテストを、中国の高速道路での旅客輸送や貨物配送サービスに対して許可するよう提案した
  • Tusimple の中国での自動運転トラックは、これまで、洋山港のある上海市のジオフェンスで囲まれた郊外エリアでのテストに限定されていた。Tusimple の CTO Hou Xiaodi(侯曉迪)氏は5月、同社のロボットトラックの走行距離は合計で約45,000kmに達したと述べたが、それ以上の詳細は明らかにしていない。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

中国の自動運転ユニコーンTuSimple(図森未来)、ドイツの自動車部品大手ZFと提携——ドライバレストラック量産化へ

SHARE:

ロボトラックのスタートアップ TuSimple(図森未来)は、自動運転トラック用のテクノロジーを開発・商業化を進めるため、ドイツの自動車サプライヤー ZF と提携した。 重要視すべき理由:TuSimple は、2021年までに真の意味でのドライバレストラック(安全管理のための人間すら乗っていないトラック)のテストを開始することを目指している。 ZF は世界最大級の自動車サプライヤーであり、自動運転…

Image credit: TuSimple

ロボトラックのスタートアップ TuSimple(図森未来)は、自動運転トラック用のテクノロジーを開発・商業化を進めるため、ドイツの自動車サプライヤー ZF と提携した。

重要視すべき理由:TuSimple は、2021年までに真の意味でのドライバレストラック(安全管理のための人間すら乗っていないトラック)のテストを開始することを目指している。

  • ZF は世界最大級の自動車サプライヤーであり、自動運転に大きく貢献している。
  • TuSimple は2018年から、ツーソンとアリゾナ州フェニックス間の高速道路の一区間で技術テストを行っている。また同社は、上海でドライバレストラックのテストを行うために、中国国内初の許可を得た

詳細情報:26日に発表された声明によると、TuSimple と ZFは、自動運転トラック用の搭載コンピュータとレーダーや LiDAR などのセンサーを共同開発する。また ZF は、ロボトラックを商業化する際の TuSimple のデフォルトサプライヤーとなる。

  • ZF は、TuSimple の自動運転プラットフォームをトラックに連携し検証するために、エンジニアリングサポートを提供すると、両社は述べている。
  • TuSimple の最高製品責任者である Chuck Price 氏によると、今回の提携は「重要なマイルストーン」であるとのことだ。同氏は、この提携により、両社は自動運転トラックの量産化に向けてテクノロジーを拡大できるようになると述べている。
  • 一方 ZF は、両社が初めて自動車グレードのトラック用自動運転システムの開発・商業化に初めて成功することを期待していると述べた。
  • 今回の取引は、TuSimple が UPS との提携を拡大した直後に行われたもので、同社がアメリカの物流会社向けに行う自動運転の数を事実上2倍に増やすことになる。
  • TuSimple は現在、18社の顧客と契約しており、1日あたり約20回の自動運転を行っている。

背景:自動運転トラックは乗用車よりも先に実用化されると予想されており、大きな成長の可能性を秘めている。TuSimple は、自動運転トラックにより、アメリカの8,000億ドル規模のトラック運送業界に変革することを目指している。

  • 同社は2015年に Hou Xiaodi(侯曉迪)氏がアメリカで設立した会社で、アメリカと中国に事業を分けており、日本のほかに北京と上海にもオフィスを構えている。
  • レベル4の自動運転長距離トラックを開発している TuSimple は、昨年9月にシリーズ D ラウンドで1億2,000万ドルを調達した。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

中国の自動運転分野のユニコーンTuSimple(図森未来)、シリーズDのエクステンションラウンドで1億2,000万米ドルを調達

SHARE:

自動運転スタートアップの TuSimple(図森未来)は17日、延長されたシリーズ D ラウンドで新たに1億2,000万米ドルを調達したと発表した。自動運転ブームを巻き起こしているスタートアップに世界の投資家が資金を投じる中、中国のネット企業 Sina(新浪)から9,500万米ドルを調達した7ヶ月後のことだ。 重要視すべき理由:かつては自動運転の乗用車の開発に特化していた自動運転のパイオニアである…

Image credit: TuSimple(図森未来)

自動運転スタートアップの TuSimple(図森未来)は17日、延長されたシリーズ D ラウンドで新たに1億2,000万米ドルを調達したと発表した。自動運転ブームを巻き起こしているスタートアップに世界の投資家が資金を投じる中、中国のネット企業 Sina(新浪)から9,500万米ドルを調達した7ヶ月後のことだ。

重要視すべき理由:かつては自動運転の乗用車の開発に特化していた自動運転のパイオニアである同社は商用車に方向転換を図った。早期に利益を上げられることが約束されているビジネスだ。

  • 今回の投資がなされたのは、Alphabet 傘下の自動運転スタートアップ Waymo の CEO John Krafcik 氏が費用増と運転手不足にあえぐトラック業界に自社技術を導入する予定があると発表した数日後のことだ。
  • Waymo は今年5月、1年遅れで自動運転トラックの走行試験をアリゾナ州で実施したほか、サンフランシスコを本拠とするスタートアップ Embark は今年、eコマース大手の Amazon 向けに荷物配送を開始したとの報道がある

TuSimple の技術は、自動運転の成熟化に向けた重要な位置にあり、ここには巨大な潜在市場があります。TuSimple と深い関係を築き、戦略的な投資家になりたいと思った理由はそこにあります。 (Mando Corporation=만도の CFO Jae-Young Chung=정재영氏)

詳細情報:TuSimple は17日、さらなる商用市場への進出に向けて中国のプライベートエクイティ企業CDH Investments(鼎暉投資)、韓国の自動車部品メーカー Mando Corporation、その他の投資家からさらに1億2,000万米ドルを調達したと発表した。

  • 物流大手の UPS も、傘下の VC 部門 UPS Ventures を通して8月に TuSimple の少数株を取得した
  • 両社は共同で3月にアリゾナ州のフェニックス〜ツーソン間の高速道路で自動運転車の走行実験を行い、その2ヶ月後には荷物配送サービスのパイロット実験を実施した。
  • 今回獲得した資金は、長距離輸送サービスの拡充、OEM や第一級サプライヤーとの商用自動運転トラックの共同開発に用いられると、同社は17日に TechNode(動点科技)に伝えた声明で述べた。
  • 同社は中国とアメリカの公道に50台以上の自動運転トラックを保有し、契約顧客が18社を超える。この車両台数を今年末までに「数百台」に増やす予定だと12月に行われた中国系メディアとのインタビューで CEO の Chen Mo(陳黙)氏は述べた
  • 同社によると、シリーズ D のエクステンションラウンドでは、当初予定より応募が上回った(オーバーサブスクライブ)という。TuSimple がこれまでに調達した資金の総額はこれで2億9,800万米ドルとなった。競合 Embark の調達金額を約5倍上回る水準だ。

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】