BRIDGE

タグ waygo

スマホでスキャンした文字を翻訳するアプリ「Waygo」が日本語→英語にも対応、ユーザの3割はなぜか日本から

SHARE:

Waygo は、スマートフォンのカメラで読み取った文字を、翻訳し対訳を表示してくれる、台湾生まれのモバイルアプリだ。漢字を読めない欧米人旅行者が、中国語圏を訪問したときにメニューや看板が読めない問題を解決するために作られた。 4月にアップデートされた Waygo の新しいバージョンでは、中国語→英語のみならず、日本語→英語の翻訳機能も追加された。Waygo のユーザ獲得について、最近の状況を Wa…

hackosaka-2014-competition-waygo
開発中の Waygo 中国語→日本語翻訳機能を披露する、CEO Ryan Rogowski。
(2014年2月、HackOsaka)

Waygo は、スマートフォンのカメラで読み取った文字を、翻訳し対訳を表示してくれる、台湾生まれのモバイルアプリだ。漢字を読めない欧米人旅行者が、中国語圏を訪問したときにメニューや看板が読めない問題を解決するために作られた。

4月にアップデートされた Waygo の新しいバージョンでは、中国語→英語のみならず、日本語→英語の翻訳機能も追加された。Waygo のユーザ獲得について、最近の状況を Waygo の創業者兼CEOの Ryan Rogowski が共有してくれた。

翻訳累積件数が100万件を突破しました。ユーザの具体的な数は開示できませんが、興味深いことにユーザ全体の約3割が日本からのユーザです。英語話者だけでなく、英語を学ぼうとする人によく使われているようです。中国でも、英語学習者に広く使ってもらえるようにしたいと考えています。

waygo_screenshot

現在、Waygo は iOS版のみで利用可能だが、4月末ないし5月上旬をメドに Android 版のローンチを計画しているそうだ。さらに、「スケジュールは、今後の資金調達とそれによるエンジニアの採用状況による(Rogowski氏)」が、多言語多方向の翻訳についても機能追加していくことを明らかにした。

Waygo は当初、中国語や日本語を母国語としないユーザ向けに開発されたアプリだが、非英語話者が英語を学ぶために多く使われているのは興味深い。

どこで聞いたかは忘れたけれど、英語のボキャブラリを増やす訓練法の一つとして、電車に乗ったとき目にした中吊り広告の内容を、ひたすら頭の中で英語に訳してみる、というのがある(筆者も時々、実践している)。転じて考えれば、Waygo は英語学習者のニーズに合致しているのかもしれない。スマホを中吊り広告にかざす仕草は、まだ周りの人々の注目を集めるだろうが、Waygo は現在 Google Glass 対応のアプリも開発中なので、近い将来、そのような心配も一蹴されるだろう。

Waygo はスマホ上でスタンドアロンに動作するので、インターネット接続を必要としない。つまり、海外渡航中に利用しても、高価なデータ通信ローミング料が発生しないわけだ。単語辞書はアプリのアップデートの都度追加され、彼らのベータテスト・ユーザが翻訳パターンの追加や改善に協力している。

メニューや看板の翻訳を主な利用シーンとして想定している Waygo だが、この技術の応用範囲はそれだけに留まらないだろう。今後の動向に注目したい。

----------[AD]----------

500Startupsがプログラム5期生のDemoDayをTwitter本社で開催

SHARE:

【原文】 サンフランシスコの Twitter 本社で、500 Startups の Demo Day が開催された。会場は起業家や投資家で満員で、興奮冷めやらぬ状態だった。500Startups のアクセラレータ・プログラムの5回目の卒業生を見るのは、実に楽しい機会だった。今回の Demo Day のテーマは〝熱狂さ〟で、登壇した多くの起業家が聴衆に多くのエネルギーを放っていた。最初のセッションで…

【原文】

500demo

サンフランシスコの Twitter 本社で、500 Startups の Demo Day が開催された。会場は起業家や投資家で満員で、興奮冷めやらぬ状態だった。500Startups のアクセラレータ・プログラムの5回目の卒業生を見るのは、実に楽しい機会だった。今回の Demo Day のテーマは〝熱狂さ〟で、登壇した多くの起業家が聴衆に多くのエネルギーを放っていた。最初のセッションでは17件、次のセッションでは14件のピッチが披露された。キーノートには連続起業家で、Andreessen Horowitz のジェネラルマネージャー Chris Dixon が登壇した。

面倒な話は抜きにして、この夜に心に残ったスタートアップのいくつかを以下に取り上げる。(順序には、特に意味がない。)

Cubie: このソーシャル・チャット・アプリは、Android と iOS で利用可能だ。Draw Something で文字が打てるようにしたものを想像すればよいだろう。16カ国にわたるユーザから注目を集めており、次はアメリカ市場を攻める準備ができている。

Traity: すべての企業は社風適合について話をする。その話題が多くされるのは就職においてだろう。でも、Airplane Test については、もう話は十分だ。Traity は個性を標準化し、人が持っているものを数値化することで、この問題を解決する。

※訳注: Airplane Test とは、ある企業が人を採用する際、その人物とうまくやっていけるかどうかを、面接者が確認するプロセスを言う。

Kickfolio: 新しい iOSアプリを宣伝するには時間と費用がかかる。Kickfolio の自前プラットフォームを使うと、iOS アプリの開発者は、モバイル環境にリリースする前に、ユーザテストを目的として、アプリをウェブにアップロードできる。これにより、インタラクティヴなデモが実現でき、よりユーザとの関係を確立しやすくなる。

Compstak: 不動産業者はリース物件の取扱は難しいと言うだろう。Comstak は、リース物件ブローカー向けの取引プラットフォームを構築し、この問題を解決する。得られた情報は、投資ファンド、REIT、ヘッジファンドなどにも販売される。既にニューヨーク市内のリース物件の99%の情報を有しており、サンフランシスコでは2週間前にローンチした。

Waygo: インターネット接続無しで、中国語を英語に翻訳できる初のアプリ。中国語部分にあわせると、自動的に翻訳される。RedLaser(訳注:バーコードスキャンで、商品の価格や情報が表示されるスマートフォン・アプリ)の中英翻訳版だ。

Chewse: CEO はピッチの間、非常に熱を帯びていたが、彼女は社食のB2Bマーケット・プレースについて、パワフルなプレゼンテーションを行った。Chewse は、グループ・ランチやディナー向けのケータリング注文プロセスを、オンラインで簡素化する。現在2つの地域でテストローンチしており、海外展開を展望している。

iDreamBooks: Rotten Tomatoes(訳注:映画データベース)の書籍版。Amazon レビューではダメなのだろうか? Amazon では本の著者が、不用意に自分の著作への評価を持ち上げるのだそうだ。

Dealflicks: Priceline(訳注:ホテルや旅行のディスカウントサイト) の映画チケット版。映画チケットや入場券が最大で60%オフとなる。「我々は映画の客席のメジャーになる」とCEOは言う。多くの地方劇場と提携しており、現在は全国チェーンの映画館と交渉中だ。

@500Startups をフォローしよう。

500demo2

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------