BRIDGE

タグ WeFit

ベトナムのフィットネススタートアップWeFitが破産申請——昨年CACらから100万米ドル調達も、新型コロナ影響で業績低下

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 「ClassPass」のようなサービス「WeFit」を提供するベトナムのライフスタイルプラットフォーム WeWow が、新型コロナウイルスの影響で資金繰りが苦しくなり破産を申請した。…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


「ClassPass」のようなサービス「WeFit」を提供するベトナムのライフスタイルプラットフォーム WeWow が、新型コロナウイルスの影響で資金繰りが苦しくなり破産を申請した。

Image Credit: WeFit

地元メディアが入手した顧客への発表で、WeWow は、WeFit、WeFit Point、WeFit Pago、WeJoy を含むすべてのサービスを閉鎖すると発表した。

当社の運転資金は完全に枯渇している。そのため、事業やプロダクトを維持することができない。(同社声明)

WeWow では、5月10日まで予約が入っていた顧客については、第三者と連携することで対応するとしている。

WeFit は、ハノイとホーチミンシティの1,000以上の場所で、ユーザがフィットネスと美容のパッケージをサブスクリプション購入できるアプリだ。先月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入の約95%が影響を受けているとしていた。スタッフの50%以上をレイオフまたは解雇すると発表したアメリカ ClassPass に似ている。

WeFit は昨年1月に資金調達を行ったばかりで、サイバーエージェント・キャピタル(CAC)や東南アジアの VC からのプレシリーズ A ラウンドで100万米ドルを調達した。当時、WeFit は月に約15万件の予約を処理していたという。

昨年5月、ジャカルタ開催の「Monthly Pitch」に登壇した WeFit 創業者兼 CEO Nguyen Khoi 氏
Image credit: Masaru Ikeda

しかし、2019年末から2020年初頭に向けて、WeFit は1回の予約ごとのセッション数を減らす方針変更を理由に、多くのジムやスパから訴えられていた。また、今年初めには同社が借金を積み上げていることも報じられていた

2月には、WeFit の創業者兼 CEO Nguyen Khoi 氏が退任し、CEO 代理 Nguyen Hai Dang 氏が後任に就いた。

WeFit は、新型コロナウイルス影響による業績低下を乗り切れなかった、東南アジアで直近のスタートアップだ。

先週、インドネシアの格安ホテル会社 Airy は、今月いっぱい事業を停止すると発表した。食品物流スタートアップの Stoqo も最近シャットダウンを発表した。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ベトナムのフィットネス・美容スパ送客スタートアップWeFit、プレシリーズAでサイバーエージェント・キャピタルらから100万米ドルを調達

SHARE:

ベトナムのライフスタイルテック・スタートアップ WeFit は、プレシリーズ A ラウンドでサイバーエージェント・キャピタルから100万米ドルを調達したと発表した。このラウンドには他にも複数の東南アジアの VC が参加しており、2019年1月早期に完了している。 WeFit の創業者兼 CEO である Khoi Nguyen 氏は、今回の投資によって、WeFit の製品開発の次フェーズが推進され、…

Image Credit: WeFit

ベトナムのライフスタイルテック・スタートアップ WeFit は、プレシリーズ A ラウンドでサイバーエージェント・キャピタルから100万米ドルを調達したと発表した。このラウンドには他にも複数の東南アジアの VC が参加しており、2019年1月早期に完了している。

WeFit の創業者兼 CEO である Khoi Nguyen 氏は、今回の投資によって、WeFit の製品開発の次フェーズが推進され、新市場に拡大することも可能になるだろうと語った。

海外の VC 企業と協力できたことをたいへん嬉しく思っている。この提携によって、新市場の模索に要するプロセスが短期化され、我々のサービスへのアクセシビリティを拡大できるだろう。

今回の調達に先だち、WeFit は2017年、ESP Capital と VIISA からシードラウンドで資金調達している。

2016年に設立された WeFit は、ベトナムのハノイとホーチミンシティでフィットネスや美容サービスを、モバイルを使った定額サービスで提供するパイオニアだと自称している。これまでに、1,000カ所の店舗で予約サービスが利用できるそうだ。ユーザの近隣にあるフィットネスや美容サービスの利用可能時間帯を検索・予約することができる。同社はフィットネスセンターや美容スパと提携し、彼らの運営コストを最適化し、WeFit からの送客で利益増大を支援する。

同社は、公式声明で次のように述べている。

WHO のデータによれば、すべての人に対するソリューションの利便性や多様性の欠如から、ベトナムは現在、世界中で最も運動をしない国のトップにランクされている。WeFit はこの問題の解決を狙っており、より多くの人にさらなる利点と手間のかからないサービスを、商業施設に付加価値を提供したい。

WeFit は現在、毎月15万件以上の予約を取り扱っているという。

サイバーエージェント・キャピタルのベトナム・タイ地域における投資責任者 Nguyen Manh Dung 氏は次のように述べた。

WeFit は近い将来、全く異なる美容やヘルスケアを形にできると思う。

WeFit は2019年にユーザ100万人達成を計画しており、2019年中にシリーズ A 調達に向けて前進する構えだ。

【via e27】 @E27co

【原文】