ベトナムのフィットネス・美容スパ送客スタートアップWeFit、プレシリーズAでサイバーエージェント・キャピタルらから100万米ドルを調達

by e27 e27 on 2019.1.16

Image Credit: WeFit

ベトナムのライフスタイルテック・スタートアップ WeFit は、プレシリーズ A ラウンドでサイバーエージェント・キャピタルから100万米ドルを調達したと発表した。このラウンドには他にも複数の東南アジアの VC が参加しており、2019年1月早期に完了している。

WeFit の創業者兼 CEO である Khoi Nguyen 氏は、今回の投資によって、WeFit の製品開発の次フェーズが推進され、新市場に拡大することも可能になるだろうと語った。

海外の VC 企業と協力できたことをたいへん嬉しく思っている。この提携によって、新市場の模索に要するプロセスが短期化され、我々のサービスへのアクセシビリティを拡大できるだろう。

今回の調達に先だち、WeFit は2017年、ESP Capital と VIISA からシードラウンドで資金調達している。

2016年に設立された WeFit は、ベトナムのハノイとホーチミンシティでフィットネスや美容サービスを、モバイルを使った定額サービスで提供するパイオニアだと自称している。これまでに、1,000カ所の店舗で予約サービスが利用できるそうだ。ユーザの近隣にあるフィットネスや美容サービスの利用可能時間帯を検索・予約することができる。同社はフィットネスセンターや美容スパと提携し、彼らの運営コストを最適化し、WeFit からの送客で利益増大を支援する。

同社は、公式声明で次のように述べている。

WHO のデータによれば、すべての人に対するソリューションの利便性や多様性の欠如から、ベトナムは現在、世界中で最も運動をしない国のトップにランクされている。WeFit はこの問題の解決を狙っており、より多くの人にさらなる利点と手間のかからないサービスを、商業施設に付加価値を提供したい。

WeFit は現在、毎月15万件以上の予約を取り扱っているという。

サイバーエージェント・キャピタルのベトナム・タイ地域における投資責任者 Nguyen Manh Dung 氏は次のように述べた。

WeFit は近い将来、全く異なる美容やヘルスケアを形にできると思う。

WeFit は2019年にユーザ100万人達成を計画しており、2019年中にシリーズ A 調達に向けて前進する構えだ。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------