厳選レストラン予約・決済サービス「ポケットコンシェルジュ」、アメックスが完全子会社化

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.1.15

レストラン予約・決済サービス「Pocket Concierge(ポケットコンシェルジュ)」を提供するポケットコンシェルジュが、11日にアメリカン・エキスプレス・カンパニー(アメックス)により完全買収されたことが明らかになった。買収額など諸条件は開示されていない。

ポケットコンシェルジュは、元料理人で飲食店のプロデュース業務に従事していた戸門慶氏が、2013年3月にローンチした人気レストランの予約支援サービス(設立当初の社名はポケットメニュー)。メニューやサービスの質、お店のコンセプト、シェフの想いに焦点を当て、独自の基準で飲食店を厳選し現在約800店舗以上の飲食店を掲載している。

アメックスによる買収を受けて、ポケットコンシェルジュは今後、日本内外のアメックス会員に日本の優良飲食店へのアクセス提供に注力する。なお、買収後も既存サービスは、アメックス会員以外にも提供が継続される見込み。

同社の調達金額は非開示のものが多いため累積調達金額は明らかではないが、アドウェイズ、アライドアーキテクツ、500 Startups Japan、マネックスベンチャーズ、アイ・マーキュリーキャピタル、LINE、日本ベンチャーキャピタル、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、三越伊勢丹イノベーションズなどが過去のラウンドに参加している。

<関連記事>

via American Express

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------