BRIDGE

タグ Weishi/WeShow(微視)

Tencent(騰訊)がVineに似たショート動画アプリWeShow(微視)をローンチ

SHARE:

Tencent(騰訊)はユーザがビデオクリップを作成、投稿し、TencentのSNS上の友人と共有できるVine風のショート動画共有アプリ「WeShow(微視)」をリリースした。 動画クリップの長さは2秒から8秒だ(中国語記事)。 WeShowはTencent Weibo(騰訊微博)、QQ、QQ Mailの3種類のTencentアカウントをサポートしている。加えて、WeShowのアカウントはユーザ…

WeShow

Tencent(騰訊)はユーザがビデオクリップを作成、投稿し、TencentのSNS上の友人と共有できるVine風のショート動画共有アプリ「WeShow(微視)」をリリースした。 動画クリップの長さは2秒から8秒だ(中国語記事)。

WeShowはTencent Weibo(騰訊微博)、QQ、QQ Mailの3種類のTencentアカウントをサポートしている。加えて、WeShowのアカウントはユーザのQQの友人を自動的にフォローしてくれる。両サービスはWeChatのアカウントでは利用できないが、WeShowユーザはTencent WeiboとWeChat(微信)の友人と動画を共有することができる。

WeShowはさらにオーディエンスを呼び込むため、多くのスターに同プラットフォームのアカウントを開設してもらうよう取り込んできた。今のところ、同サービスはiOSプラットフォームでのみ使用可能だ。業界関係者はTencentが今年初めに同プロジェクトの研究開発に着手したことを明らかにしている。

Tencentの社員は、WeShowは2011年にTencentがローンチした同名のサービスとの違いを強調している。以前のWeShowはQQの連絡先に基づいたクロスプラットフォームのビデオ通話ソフトだった。

近年、海外のショート動画サービスがVine、Keek、Instagramの急速な成長によってモバイルインターネット業界において一定の勢力を保っている。Tencentの参入は中国市場におけるショート動画サービス開発の引き金となるかもしれない。中国の似たようなサービスにMiaopai(秒拍)、Weipai(微拍)Papaqi(愛奇芸)WeiCo+(微可拍)がある。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

WeChat(微信)にもビデオクリップ機能か? Tencent(騰訊)のVineクローン「WeShow(微視)」がWeChatに統合

SHARE:

WeChat(微信)はWeShow(または中国語でWeishi=微視)をテストしている。これはVineに似たビデオクリップシェアサービスだ。ビデオクリップはWeChatのプラットフォームであるMoments(微信朋友圈)上にシェアすることができる。 Vineとの違いは、WeChatのビデオクリップは最大8秒間まで載せられるという点だ。ビデオはTencent(騰訊)のオンラインビデオ部門のTence…

WeShow1WeChat(微信)はWeShow(または中国語でWeishi=微視)をテストしている。これはVineに似たビデオクリップシェアサービスだ。ビデオクリップはWeChatのプラットフォームであるMoments(微信朋友圈)上にシェアすることができる。

Vineとの違いは、WeChatのビデオクリップは最大8秒間まで載せられるという点だ。ビデオはTencent(騰訊)のオンラインビデオ部門のTencent Video(騰訊視頻)によってホストされているようだ。

この名前はとてもわかりづらい。それは同社によって2011年に展開されたビデオチャットアプリの名前だからだ。Tencentは後にWeChatは半年前に作られ始めたばかりの新しいものだと説明している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

騰訊網(テンセント)の「微視(ウェイシー)」はクロスプラットフォームのFaceTimeだ

SHARE:

【原文】 中国では、Kik(テキストチャット) と Talkbox(ボイスチャット)を融合させたアプリが人気だ。以前レポートしたように、人々がこのアイデアをコピーするのは、(可能性としてだが)騰訊網を打倒したいからだ。今のところ、雷軍氏(キングソフト=金山軟件股份有限公司CEOで、エンジェル投資家)の「米聊(ミーリャオ)」は調子がよく、これに騰訊網は自らのモバイルチャットアプリ「微信(ウェイシン)…

【原文】

中国では、Kik(テキストチャット) と Talkbox(ボイスチャット)を融合させたアプリが人気だ。以前レポートしたように、人々がこのアイデアをコピーするのは、(可能性としてだが)騰訊網を打倒したいからだ。今のところ、雷軍氏(キングソフト=金山軟件股份有限公司CEOで、エンジェル投資家)の「米聊(ミーリャオ)」は調子がよく、これに騰訊網は自らのモバイルチャットアプリ「微信(ウェイシン)」で反撃する。しかし、騰訊網の力を侮ることなかれ。昨日(7月15日)、騰訊網はビデオメッセージアプリの「微視(ウェイシー)」を発表した。

「微視」はまだパブリックベータテスト中の段階であるが、公式サイトによれば、いくつか興味深い機能を実装しているようだ。

  1.  「微視」は、Kik+Talkboxのように機能する。例えば、「微視」上のソーシャルなつながりは、携帯電話の連絡先情報をベースに形成される。しかし、「微視」はテキストに加え(まだ音声のみのメッセージ機能をサポートしているかどうかは明らかではないが)ビデオのアイデアを追加した。それは、開発者の Loic Le Meur が「ビデオツイッター」と呼んだ Seesmic の初期を彷彿させる。Seesmic は最終的にうまくいかなかったが、Kik のモデル、スマートフォン、3G接続の環境下であれば、ビデオチャットの機能はより期待が持てるだろう。
  2. iOS と Android の両方をサポート – 「微視」は現在、iOS と Android に対応しており、Android Pad と iPad の対応版も近日発表される予定だ。それはまるで Facetime のようであるが、クロスプラットフォームなアプリである。
  3.  高品質のビデオチャット – 我々はまだテストできていないが、公式サイトによれば、高品質のビデオチャット機能の搭載が保証されている。

今回は、私も騰訊網を賞賛するだろう。少なくとも、騰訊網が中国初のプロダクトを出すことなんて、滅多にないのだから。「微視」を試す日が待ちきれない。

【via Technode】(@technodechina)