THE BRIDGE

タグ Withfluence

SEO支援ツール「GinzaMetrics」開発・提供元、インフルエンサーマーケティングの運用基盤「Withfluence」の完全子会社化を発表

SHARE:

サンフランシスコを拠点に、グローバルで SEO(サーチエンジン最適化)のインハウス化支援ツール「GinzaMetrics」を提供する Ginzamarkets は17日、アジアを中心にインフルエンサーマーケティングの運用基盤「Withfluence」を展開するウィズフルエンスを完全子会社化することを決定したと発表した。両社は今後、包括的にウェブマーケティングに必要なソリューションを企業に提供してい…

サンフランシスコを拠点に、グローバルで SEO(サーチエンジン最適化)のインハウス化支援ツール「GinzaMetrics」を提供する Ginzamarkets は17日、アジアを中心にインフルエンサーマーケティングの運用基盤「Withfluence」を展開するウィズフルエンスを完全子会社化することを決定したと発表した。両社は今後、包括的にウェブマーケティングに必要なソリューションを企業に提供していくとしている。

ウィズフルエンスは、ベトナムでメディアや広告会社を営んでいた岡本博之氏(現 CEO)と、訪日外国人向けのウェブサービスや翻訳アプリを開発していた本間圭一氏(現 CTO)が2016年5月に設立。ウィズフルエンスを立ち上げる以前は、岡本氏と本間氏は、タイを拠点に〝アジア版 Shopify〟のようなインスタント EC のプラットフォームを開発していたが、Open Network Lab の第12期アクセラレータプログラムへの参加を経てピボットし、Withfluence をローンチした。今年に入ってからは、在タイ日本大使館JETRO(日本貿易振興機構)が支援するピッチイベントに参加、タイ国内2位の通信大手 True と業務提携を締結している。

一方、GinzaMetrics を運営する Ginzamarkets が連続起業家の Ray Grieselhuber 氏らにより設立されたのは2010年5月のことだ。現在ではサンフランシスコに本社を置き、東京、オハイオ州コロンバスのオフィスのほか、ワルシャワ(ポーランド)、ラホール(パキスタン)、トロント(カナダ)にも拠点を持つ、企業向けの SEO のインハウス化支援ツールをグローバルに提供する企業に成長している。

<関連記事>

左から:Ginzamarkets CEO の Ray Grieselhuber 氏と、ウィズフルエンス CEO の岡本博之氏

Grieselhuber 氏と岡本氏の出会いは10年前に遡るそうだ。当時、岡本氏は 米 Mezi Media(その後、米 Value Click Brands に売却)で日本法人に携わった後、アイレップで海外事業に従事。アドテク黎明期だった当時、岡本氏は海外アドテク企業やデジタルエージェンシーとの業務提携を推進していた。

その頃、Firewatching Media というデジタルエージェンシーを経営していたGrieselhuber 氏に出会うが、Grieselhuber 氏はその後、Ginzamarkets を創業し Y Combinator に参加。岡本氏は Grieselhuber 氏から Ginzamarkets に誘われたものの、自らスタートアップを創業することを選択し、今日に至ったのだという。岡本氏は、Grieselhuber 氏と自分は「SaaS スタートアップの先輩と後輩の間柄」だと語ってくれた。

GinzaMetrics と Withfluence はビジネス面においても相互補完の関係が成立すると言える。グローバルで企業を顧客に抱える GinzaMetrics は、グローバルブランド各社にアジアでのインフルエンサーマーケティングの機会を提供する方法を模索していた。一方で、Withfluence はインフルエンサーマーケティング運用基盤だけでなく、包括的なオンラインマーケティングのしくみを提供できるパートナーを模索していた。

ウィズフルエンスでは今回の買収を受けて、マネージドサービスの本格提供、プロダクトの連携開始とグローバル展開の強化、東南アジアだけでなく、日本・香港・中国など中華圏へのプロダクト展開を強化するとしている。

----------[AD]----------

アジア向けインフルエンサーマーケティング運用基盤の「Withfluence」、タイ通信大手Trueと提携——在タイ大使館やJETRO支援のピッチが契機に

SHARE:

東京・バンコク・シンガポールを拠点に、アジア市場向けインフルエンサー・マーケティングのマネージメント・プラットフォーム「Withfluence(ウィズフルエンス)」を展開するウィズフルエンスは29日、タイ国内2位の通信大手 True と業務提携の基本合意書を締結した。 ウィズフルエンスは、ベトナムでメディアや広告会社を営んでいた岡本博之氏(現 CEO)と、訪日外国人向けのウェブサービスや翻訳アプリ…

29日、バンコクの在タイ日本大使公邸で執り行われた調印式から
前列左から:岡本博之氏(ウィズフルエンス CEO)、Teerapon Tanomsakyut 氏(Chief Innovation and Sustainability Officer, True)
後列左から:三又 裕生氏(JETRO バンコク事務所長)、佐渡島志郎氏(タイ駐箚特命全権大使)、Achaka Sriboonruang 氏(タイ科学技術大臣)、Adhiruth Thothaveesansuk 氏(True 共同社長兼グループ COO)
撮影:田中文章氏

東京・バンコク・シンガポールを拠点に、アジア市場向けインフルエンサー・マーケティングのマネージメント・プラットフォーム「Withfluence(ウィズフルエンス)」を展開するウィズフルエンスは29日、タイ国内2位の通信大手 True と業務提携の基本合意書を締結した。

ウィズフルエンスは、ベトナムでメディアや広告会社を営んでいた岡本博之氏(現 CEO)と、訪日外国人向けのウェブサービスや翻訳アプリを開発していた本間圭一氏(現 CTO)が2016年5月に設立。ウィズフルエンスを立ち上げる以前は、岡本氏と本間氏は、タイを拠点に〝アジア版 Shopify〟のようなインスタント EC のプラットフォームを開発していたが、Open Network Lab の第12期アクセラレータプログラムへの参加を経てピボットし、昨年8月に Withfluence をローンチした。

今回の業務提携により包含されるのは、True のエンターテイメント部門 True Music 所属の女優・俳優・タレント・歌手へのソーシャルメディア上でのインフルエンサーとしての活動機会の提供、彼らを起用したタイ国外の企業からのプロモーション依頼を簡便化するしくみの開発、コグニティブコンピューティングを活用したインフルエンサーとプロモーション依頼企業(広告主)とのマッチング最適化、Withfluence と True 両社の経営資源を生かした東南アジアにおけるソーシャルメディアマーケティング事業の連携および共同サービス開発と提供、となっている。

今回の業務提携は、昨年9月に在タイ大使館や JETRO バンコク事務所などが主導して開催された「Embassy Pitch」への参加や、その流れを受けた官民連携促進団体日タイイノベーションサポートネットワーク(JTIS)での活動が契機となった(岡本氏は JTIS の理事を務めている)。この提携は True の投資・イノベーション部門である True Incube を通じて行われ、29日に調印式に在タイ日本大使公邸で執り行われた調印式には、岡本氏や True 経営陣のほか、タイ駐箚特命全権大使の佐渡島志郎氏、タイ科学技術省大臣の Atchaka Sibunruang 氏らが同席した。

以下は、岡本氏のコメントである(一部抜粋)。

タイ政府は官民一体となり、〝デジタルエコノミー政策〟を掲げて東南アジアのハブになることを目指しています。テレビチャンネルを持つTrueは、東南アジアのエンターテイメントビジネスにおいて我々の強力なパートナーとなると考えています。また我々としても、Trueから期待されている、日本を含む他のアジア諸国への True の事業展開を支援していく所存です。

Withfluence は現在、日本語、英語、タイ語、ベトナム語、繁体中文(台湾および香港向け)でサービスを提供している。今回の True との業務提携を機に資金調達や営業拡大を進め、アジアの他の市場の進出にも注力するようだ。

----------[AD]----------

アジア向けインフルエンサーマーケティングのマネージメントプラットフォーム「Withfluence(ウィズフルエンス)」がローンチ

SHARE:

東京を拠点とするウィズフルエンスは24日、アジア市場向けインフルエンサー・マーケティングのマネージメント・プラットフォーム「Withfluence」を正式にローンチした。アジア市場でインフルエンサー・マーケティングを実施したい企業に対し、企画・交渉・実行・効果測定を一気通貫に対応できるダッシュボード環境と支援体制を提供する。 目指すは、アジアのインフルエンサー・マーケティングのファシリテーター イ…

withfluence_featuredimage

東京を拠点とするウィズフルエンスは24日、アジア市場向けインフルエンサー・マーケティングのマネージメント・プラットフォーム「Withfluence」を正式にローンチした。アジア市場でインフルエンサー・マーケティングを実施したい企業に対し、企画・交渉・実行・効果測定を一気通貫に対応できるダッシュボード環境と支援体制を提供する。

目指すは、アジアのインフルエンサー・マーケティングのファシリテーター

インフルエンサー・マーケティングのプラットフォームは数多く存在するが、Withfluence の立ち位置をわかりやすくするために、ウィズフルエンスの共同創業者で CEO の岡本博之氏の弁を借りると次のように大別できる。日本内外で有名どころのサービスも含めて例示してみた。

  • マネージド・キャンペーン…TAGPIC3MinuteENGN など
  • インフルエンサー・マーケットプレイス…ROOSTER など
  • 発注主とインフルエンサーのマッチング・サービス…BIZCASTiConcastSPIRITFamebit など
  • インフルエンサーの管理 SaaS(企業が自社でインフルエンサーを管理するケース)…Traacker, TapInfluence など

日本では圧倒的にマネージド・キャンペーンのサービスがシェアを伸ばしている一方、日本企業からはアジア市場へのインフルエンサー・マーケティングの要望が多いため、岡本氏は当初、日本や世界とアジア市場のインフルエンサーを結ぶマッチング・サービスをしようと考えた。確かに、このようなしくみは、99designsdesignclue など、デザインのクラウドソーシングの世界ではワークしている。

しかし、岡本氏は、クライアントから比較的細かい条件が言葉で提示されるマーケティングの世界では、英語がネイティブでなかったり、業務の細部に対する観念が緩かったりするアジア市場のインフルエンサーとの間で、クロスボーダーのマッチング・サービスを展開するのは難しいと判断。ウィズフルエンスはマネージド・キャンペーンとマーケットプレイスの間あたり、ファシリテーター(調整役)に徹することにした。ベトナム(ベトナム・タイ・シンガポール市場をカバー)・台湾・香港にいるウィズフルエンスのチームメンバーが、マーケティングを実施する企業のインフルエンサー探し、インフルエンサーとの間のコミュニケーション、マーケティング・キャンペーンの成功率向上を包括的に支援する。

withfluence-dashboard1_screenshot
Withfluence のダッシュボードにある、インフルエンサーのプロフィール一覧画面

Withfluence のダッシュボード上では、各インフルエンサーが頻繁に使っているハッシュタグのほか、フォロワー数やエンゲージメント率の推移も時系列で追えるので、インフルエンサーのドーピング(インフルエンサーがフォロワーやエンゲージメントをお金を出して買っており、コンバージョンには結びつかないことが多い)を見破ることもできる。現時点では Instagram 上のインフルエンサーにのみ対応しているが、近い将来には、Facebook にも対応する予定だ。

「Influencer Marketing」「Asia」でググると、(Withfluence が)上位3位に来ています。こういうことも影響して、アメリカやヨーロッパからも、正式ローンチ前から多数問い合わせをいただいています。マーケティングしたいターゲット市場として、最も問い合わせが多いのは台湾ですね(岡本氏)

ブランドにはソーシャルメディアのグローバル運用、芸能事務所には所属タレントのマーケティングも支援

Withfluence の開発から派生する形で、いくつかの派生サービスも生まれている。

まずその一つが、ソーシャルメディアの多言語運用だ。以前、THE BRIDGE でも紹介した、お菓子のスタートアップ BAKE は、ソーシャルメディアを使ってブランドを世界展開しているが、ブランディングを統一する観点から、言語や市場毎に分かれているソーシャルメディア・アカウントをを東京の本社で一元管理しているのだそうだ。ウィズフルエンスでは、BAKE の担当者がメッセージを日本語で投稿するだけで、その内容が複数言語に翻訳され、各言語や市場毎のアカウントで投稿されるしくみを実現している。いわば、ウェブサイト翻訳で知られる WOVN.io のソーシャルメディア版。機械翻訳された内容をウィズフルエンスの多国籍スタッフがチェックするほか、社内でサポートできない言語については、人力翻訳サービスの「Gengo」と連携して網羅している。

withfluence-dashboard2_screenshot
Withfluence のダッシュボードにある、インフルエンサー毎のパフォーマンス確認画面

また、ある大手芸能事務所には、所属アーティストやタレントのソーシャルメディアの多言語展開を支援するほか、前出のインフルエンサーのフォロワー数やエンゲージメント率の推移も時系列で追える機能を応用し、ネットメディアでの好感度ランキングに相当するような指標を提供している。これまで、アーティストやタレントのギャラを決めるための参考指標は、ビデオリサーチやニールセンが調査するマスメディアの視聴率などしかなかったが、ウィズフルエンスが提供するしくみを使えば、オンラインに特化した彼らの個々の影響度を可視化できるのだという。

Withfluence から得られた指標をもとに、どういう投稿をすればフォロワー数やエンゲージメント率を上げられるか、芸能事務所は所属アーティストやタレントにアドバイスができるようになる。キャスティング・エージェンシーなどでは、まだ表舞台では活躍していない、将来のインフルエンサーの発掘に応用できるのではないかと期待している。

hiro-okamoto-at-adtech-tokyo-intl-2016-1
AdTech Tokyo International で、Withfluence について説明をする岡本博之氏(23日、東京・上智大学にて)

ウィズフルエンスは、ベトナムでメディアや広告会社を営んでいた岡本博之氏(現 CEO)と、訪日外国人向けのウェブサービスや翻訳アプリを開発していた本間圭一氏(現 CTO)が2016年5月に設立。ウィズフルエンスを立ち上げる以前は、岡本氏と本間氏は、タイを拠点に〝アジア版 Shopify〟のようなインスタント EC のプラットフォームを開発していたが、Open Network Lab の第12期アクセラレータプログラムへの参加を経てピボットし、Withfluence をローンチするに至った。

ウィズフルエンスでは今後、日本内外での顧客獲得に注力し、年内にはシードラウンドでの資金調達を目指したいとしている。

withfluence-hiro-okamoto-keiichi-honma
左から:共同創業者 兼 CEO の岡本博之氏、共同創業者 兼 CTO の本間圭一氏
----------[AD]----------