THE BRIDGE

タグ True

アジア向けインフルエンサーマーケティング運用基盤の「Withfluence」、タイ通信大手Trueと提携——在タイ大使館やJETRO支援のピッチが契機に

SHARE:

東京・バンコク・シンガポールを拠点に、アジア市場向けインフルエンサー・マーケティングのマネージメント・プラットフォーム「Withfluence(ウィズフルエンス)」を展開するウィズフルエンスは29日、タイ国内2位の通信大手 True と業務提携の基本合意書を締結した。 ウィズフルエンスは、ベトナムでメディアや広告会社を営んでいた岡本博之氏(現 CEO)と、訪日外国人向けのウェブサービスや翻訳アプリ…

29日、バンコクの在タイ日本大使公邸で執り行われた調印式から
前列左から:岡本博之氏(ウィズフルエンス CEO)、Teerapon Tanomsakyut 氏(Chief Innovation and Sustainability Officer, True)
後列左から:三又 裕生氏(JETRO バンコク事務所長)、佐渡島志郎氏(タイ駐箚特命全権大使)、Achaka Sriboonruang 氏(タイ科学技術大臣)、Adhiruth Thothaveesansuk 氏(True 共同社長兼グループ COO)
撮影:田中文章氏

東京・バンコク・シンガポールを拠点に、アジア市場向けインフルエンサー・マーケティングのマネージメント・プラットフォーム「Withfluence(ウィズフルエンス)」を展開するウィズフルエンスは29日、タイ国内2位の通信大手 True と業務提携の基本合意書を締結した。

ウィズフルエンスは、ベトナムでメディアや広告会社を営んでいた岡本博之氏(現 CEO)と、訪日外国人向けのウェブサービスや翻訳アプリを開発していた本間圭一氏(現 CTO)が2016年5月に設立。ウィズフルエンスを立ち上げる以前は、岡本氏と本間氏は、タイを拠点に〝アジア版 Shopify〟のようなインスタント EC のプラットフォームを開発していたが、Open Network Lab の第12期アクセラレータプログラムへの参加を経てピボットし、昨年8月に Withfluence をローンチした。

今回の業務提携により包含されるのは、True のエンターテイメント部門 True Music 所属の女優・俳優・タレント・歌手へのソーシャルメディア上でのインフルエンサーとしての活動機会の提供、彼らを起用したタイ国外の企業からのプロモーション依頼を簡便化するしくみの開発、コグニティブコンピューティングを活用したインフルエンサーとプロモーション依頼企業(広告主)とのマッチング最適化、Withfluence と True 両社の経営資源を生かした東南アジアにおけるソーシャルメディアマーケティング事業の連携および共同サービス開発と提供、となっている。

今回の業務提携は、昨年9月に在タイ大使館や JETRO バンコク事務所などが主導して開催された「Embassy Pitch」への参加や、その流れを受けた官民連携促進団体日タイイノベーションサポートネットワーク(JTIS)での活動が契機となった(岡本氏は JTIS の理事を務めている)。この提携は True の投資・イノベーション部門である True Incube を通じて行われ、29日に調印式に在タイ日本大使公邸で執り行われた調印式には、岡本氏や True 経営陣のほか、タイ駐箚特命全権大使の佐渡島志郎氏、タイ科学技術省大臣の Atchaka Sibunruang 氏らが同席した。

以下は、岡本氏のコメントである(一部抜粋)。

タイ政府は官民一体となり、〝デジタルエコノミー政策〟を掲げて東南アジアのハブになることを目指しています。テレビチャンネルを持つTrueは、東南アジアのエンターテイメントビジネスにおいて我々の強力なパートナーとなると考えています。また我々としても、Trueから期待されている、日本を含む他のアジア諸国への True の事業展開を支援していく所存です。

Withfluence は現在、日本語、英語、タイ語、ベトナム語、繁体中文(台湾および香港向け)でサービスを提供している。今回の True との業務提携を機に資金調達や営業拡大を進め、アジアの他の市場の進出にも注力するようだ。

----------[AD]----------

タイのオンラインゲーム市場、2014年までに1億3200万米ドル規模に達する見込

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 オンラインゲームはアジア諸国、特に韓国では強い産業だ。東南アジアに視点を移して見てみると、タイのゲーム市場が将来かなり有望であることが証明されつつある。 2003年~2008年、タイのオンラインゲーム市場は年間15~25%の成長を遂げ、Asiasoftの報告によると、2009年~2010年の年間成長率は23%となっている。市場規模は、2009年の6830万米…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Thailand-online-gaming

オンラインゲームはアジア諸国、特に韓国では強い産業だ。東南アジアに視点を移して見てみると、タイのゲーム市場が将来かなり有望であることが証明されつつある。

2003年~2008年、タイのオンラインゲーム市場は年間15~25%の成長を遂げ、Asiasoftの報告によると、2009年~2010年の年間成長率は23%となっている。市場規模は、2009年の6830万米ドルから2010年の8240万米ドルに成長し、2014年までには1億3200万米ドルに達すると予測されている。

タイでオンラインゲームが人気となった理由のほとんどは、ブロードバンドインターネットの普及、さまざまなゲームのリリース、ハードウェアの価格が安くなったことによる。

2011年、AsiasoftとTrueはタイの市場シェアで50%以上を占めた。MMORPGゲームは同国で最も人気のオンラインゲームで、市場シェアの半分以上を占め、その次に人気なのはFPSゲームで26%を占めている。

Pipal Researchによると、オンラインゲームの成長は販売業者と小売業者を経由しないことでゲームのバリューチェーンに大きな影響を与えた。大手ゲームパブリッシャー自身は今やそれぞれのゲームの配信に取り組み、時にはインターネットサービスプロバイダーをアグリゲーターやゲームの販売者として彼らと提携するようになっている。

カジュアルゲームもしくはソーシャルゲームにとって、SanookやKapookなどのゲームポータルは販売者や小売業者の代理として機能し、消費者をパブリッシャーに直接つなげている。

Game & Interactive Digital Entertainment AssociationのプレジデントPaula Komalarajun氏によると、「タイには、オンライン、Facebook、iPhone、その他の携帯アプリケーションなど多くのプラットフォームでゲームを開発している大手に属さない、独立性の高いインディーの、およびフリーランスのゲームデベロッパーがたくさんいます。ですが、タイのデベロッパーはとてもクリエイティブなのですが、コンテンツ管理やプランニングのスキルを身につける必要もあります。」とのことだ。

タイの主要なゲームデベロッパーには、Debuz、Digicrafts、Digitopolis、Game Studio、Sanuk Softwareがいる。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------