BRIDGE

タグ Xiaoneiwai

Sina(新浪)設立者がオンライン教育プラットフォームXiaoneiwai(校内外)をローンチ

SHARE:

Sina(新浪)の設立者であり前CEOであるWang Zhidong(王志東)氏による最新のプロジェクトがオンライン教育サービスであることが明らかになった。2012年末にベータテストが開始された。 Xiaoneiwai(校内外、XNW.com)と名付けられたこのプラットフォームは、子供や親、先生のためのソーシャルシェアリングプラットフォームである。先生は教材をシェアしたり、グループメッセージを生徒…

xnwSina(新浪)の設立者であり前CEOであるWang Zhidong(王志東)氏による最新のプロジェクトがオンライン教育サービスであることが明らかになった。2012年末にベータテストが開始された。

Xiaoneiwai(校内外、XNW.com)と名付けられたこのプラットフォームは、子供や親、先生のためのソーシャルシェアリングプラットフォームである。先生は教材をシェアしたり、グループメッセージを生徒や親に送ったり、投票などのオンライン活動を行ったりすることができる。

このサービスでは、画像・ビデオ・ボイスメッセージの共有がサポートされており、iOSとAndroidで利用できる。Weibo(微博)、WeChat(微信)、QQ Groups、Feition groups(飛信)といったよく利用されているコミュニケーションソーシャルサービスやメール機能もXiaoneiwaiに搭載されている。

生徒と先生は2012年末にローンチされた国営のオンライン教育プラットフォームNational Public Platform of Educational Resources(国家教育資源公共服務平台)のアカウントでもログインすることができる。

xnw3

Xiaoneiwaiのアイデアは、オンライン出会い系サービスのJiayuan(佳縁)の設立者兼前CEOであるGong Haiyan(龔海燕)氏が先週リリースしたものによく似ている。生徒、先生、親を全て1つのプラットフォームに集約することは巨大なビジネスであるため、今後、中国でそのようなプラットフォームが増えることが予想される。

オンラインコミュニケーションにおけるTencentのように、オンライン教育のプラットフォームも絶えずユーザが集まるようなものになるであろう。巨大なユーザベースからマネタイズするのも時間の問題だ。

Zhidong氏は中国のインターネット業界におけるアイコン的な人物だ。彼は1990年代初頭にPCソフトウェアを開発する最初の会社を立ち上げた。サイドビジネス的なプロジェクトから生まれた彼の会社のオンラインニュースポータルが、アメリカを拠点とする中国語ニュースサイトのSinanet.comと1998年に合併した。Sinaと名付けられた新会社はZhidong氏をCEOとし、2000年にアメリカで株式公開されるはずであった。

しかし2001年にZhidong氏は失脚した。Xiaoneiwaiの前に、彼はコラボとインスタントメッセージソフトに特化したDianjiを設立した。Dianji(点擊)によって開発されたインスタントメッセージサービスであるLava-Lavaは、中国では決して大きな数字とは言えないが数百万のユーザを獲得した。その後、DianjiはオンラインゲームポータルであるLava Games(Lava遊戲盒)をローンチした。

【原文】