BRIDGE

タグ Yaodian100

5000万米ドル以上を調達しながら、姿を消した中国のeコマース「Yaodian100(耀点)」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 それは劇的な動きだった。中国のeコマース「Yaodian 100」は、ここ何年かで5000万米ドル以上の投資を受けながらもその姿を消した。ユーザや業界のインサイダーすら何が起きたのかわからない。現在、Yaodian100.comのサイトはSina Weiboの公式アカウント(ここを見て欲しい) に遷移するが、それも7月17日を最後にアップデートされていない。…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

それは劇的な動きだった。中国のeコマース「Yaodian 100」は、ここ何年かで5000万米ドル以上の投資を受けながらもその姿を消した。ユーザや業界のインサイダーすら何が起きたのかわからない。現在、Yaodian100.comのサイトはSina Weiboの公式アカウント(ここを見て欲しい) に遷移するが、それも7月17日を最後にアップデートされていない。

姿を消す直前の7月28日、Yaodian100は、「移動」に伴う無期限の休止を伝える短い文を掲載していた。それから丸3日が経過し、今年の始めに噂された倒産の話が本当だったのではないかという懸念が広がった。QQ Tech社等、中国のテクノロジーブログの数社は、会社の重役に連絡を取ろうと試みたが今のところ音沙汰はない。

上海に拠点を持つYaodian100は2009年に立ち上がり、早期の中国でB to Cを専門にしたeコマースの一つで低価格の洋服を取り扱っていた。2009年8月、Qiming Venture Partnersを筆頭に初回ラウンドで4000万米ドルを受けた。2010年5月には、中国の検索エンジンBaidu(NASDAQ:BIDU)と国内の靴ブランドのDaphne社から6000万人民元(今日のレートで950万米ドル)の投資を受けた。その後、Intel CapitalからシリーズCの投資も受けている。

さかのぼると2010年後半の時点でYaodian100には1日30,000件もの注文があり、毎月の売り上げは3000万人民元(475万米ドル)だった。しかしその後、動きがなくなり、2012年頭に耳にされたのは大量リストラや破産の可能性に関する噂ばかりだった。先週見た最新の中国でのB to Cのeコマースの市場シェアの統計では、固定の上位5社が市場を牽引し中国全土のネット販売ビジネスの3分の2を占めている。

このサイトが復活したり際、あるいはdeadpoolに正式に加わる際にはまた記事をアップデートする。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

yaodian100

Company: yaodian100

中国のeコマース.

About StartupBase