THE BRIDGE

タグ Zenport

サプライチェーン管理SaaSのZenport、プレシリーズAラウンドで資金調達——商品を軸にしたステイタス管理で、物流効率化のさらに向こうへ

SHARE:

サプライチェーン管理を効率化するクラウドプラットフォーム「Zenport(ゼンポート)」を開発・運営する Zenport は、プレシリーズ A ラウンドで資金調達したことを明らかにした。このラウンドで新規に参加した投資家は、REALITY ACCELERATOR、三菱 UFJ キャピタル、エンジェル投資家で LayerX 社長の福島良典氏(Japan Angel Fund から)、三井住友海上キャ…

Image credit: Zenport

サプライチェーン管理を効率化するクラウドプラットフォーム「Zenport(ゼンポート)」を開発・運営する Zenport は、プレシリーズ A ラウンドで資金調達したことを明らかにした。このラウンドで新規に参加した投資家は、REALITY ACCELERATOR、三菱 UFJ キャピタル、エンジェル投資家で LayerX 社長の福島良典氏(Japan Angel Fund から)、三井住友海上キャピタル。

既存投資家としては、2017年7月のシードラウンドに参加したグリーベンチャーズ(現在の STRIVE)と、ジェネシア・ベンチャーズも、今回ラウンドに参加している。Zenport は今回のプレシリーズ A ラウンド単体での調達金額を明らかにしていないが、前回シードラウンドと今回プレシリーズ A ラウンドを合わせた調達額の合計は1億5,500万円となる。

Zenport は、エンジニアである加世田敏宏氏(現 CEO)らにより、2015年7月に設立(創業時の社名は、Sendee)。貿易や国際物流最適化の B2B SaaS に事業をフォーカスすることになった経緯は、以前の記事に詳述した。当初はターゲットユーザを商社にするのか、フォワーダーにするのかが定まっていなかったが、荷主をメインに据えたサービスに落ち着いた。

Image credit: Zenport

ターゲットユーザが定まってからもマイナーピボットを繰り返し、当初は貿易や国際物流業務のための管理ツールだった Zenport はサプライチェーン全体を管理できるツールへと進化した。国をまたいで、あるいは、会社をまたいでのやりとりだけなら物流管理で済むかもしれない。しかし、例えば、輸入商社の中では、社内の異なる部署間で、物流にとどまらず商品に関わるさまざまなステイタスの共有が必要になる。

そこで Zenport では、商品の企画から販売に至るまでの一連のプロセスをワンストップで管理できるようにした。商品を軸にして、ロット単位で最新ステイタスを記録し、複数部署や関連会社横断で情報を共有することができる。商品のステイタス更新は手動のほか、商社などに導入済の在庫管理システムなどからデータをエクスポートして反映することも可能だ。将来は API 連携により、リアルタイムでステイタス更新できる機能の実装も視野に入れている。

Image credit: Zenport

多品種小ロットでサプライチェーンに多数の企業が絡んでいる業界では、サプライチェーンが分散化しシステム化が遅れており、それこそが Zenport のスイートスポットと言える。この条件にはまりそうな業界としてあげられるのは、例えばアパレル業界。さらに、大企業では、商品が〝動く〟際に関連するプレーヤーも多くなり、Zenport がサプライチェーン管理を効率化できる効果も大きなものとなる。多品種小ロットの商品ラインアップはあらゆる業界で増えつつあり、これが Zenport のユーザ獲得に追い風となっている。

クラウドとか、SNS とかの考え方を、もっとビジネスよりの文脈に組み込んでいったらどうなるか。簡単に国を超えたコミュニケーションができるようになるのではないか。(加世田氏)

Image credit: Zenport

確かにサプライチェーンを通じた商品のステイタス管理には、言語依存の大きな情報のやり取りは存在しない。定量的な情報をわかりやすくリアルタイムで伝えることができれば、国境や言語を超えた商取引はもっとスムーズになるだろう。Zenport は現在、日本語と英語で利用可能だが、ユーザからの需要に応える形で、現在ベトナム語や中国語に対応するインターフェイスも開発中だ。現在、中小規模の商社数社で契約を前提としたトライアル運用を実施していて、今後、より大きな規模の企業でのトライアルが控えている。

この分野の競合を見てみると、国際物流だけにとどめるなら、アメリカの Flexport や日本の shippio などがそれにあた流が、Zenport がサプライチェーンにまで領域を拡大していることから、DNX Ventures らが支援する Haven、ERP 大手 Infor が買収した GT Nexus(現在は Infor Nexus)、近鉄エクスプレスが買収した APL Logistics などに近いかもしれない。

<関連記事>

----------[AD]----------

貿易や国際物流をクラウドで最適化するZenport、グリーベンチャーズとジェネシア・ベンチャーズからシード資金を調達——オープンβ版を公開

SHARE:

貿易や国際物流業務を最適化するクラウドプラットフォーム「Zenport(ゼンポート)」を開発・運営する Zenport は10日、シードラウンドでグリーベンチャーズとジェネシア・ベンチャーズから資金を調達したと発表した。調達金額は明らかになっていないが、数千万円程度とみられる。これは Zenport にとって、2016年に実施した DG インキュベーションからの500万円の調達に続くものだ。今回の…

貿易や国際物流業務を最適化するクラウドプラットフォーム「Zenport(ゼンポート)」を開発・運営する Zenport は10日、シードラウンドでグリーベンチャーズジェネシア・ベンチャーズから資金を調達したと発表した。調達金額は明らかになっていないが、数千万円程度とみられる。これは Zenport にとって、2016年に実施した DG インキュベーションからの500万円の調達に続くものだ。今回の調達とあわせ、同社は4月にクローズド版としてリリースした Zenport を、オープンβ版として公開したことを明らかにした。

Zenport は、エンジニアである加世田敏宏氏(現 CEO)らにより、2015年7月に設立(創業時の社名は、Sendee)。創業当初は、Ethereum 取引所やブロックチェーンを用いた真贋証明サービスなどを開発していたが、2016年に Open Network Lab 第12期参加中、現在の事業にピボットした(デモデイ直前のピボットだったため、デモデイには登壇しなかった)。かねてからブロックチェーンを活用したアプリやサービスの開発に傾倒していた同社だが、「国境を超えた取引活動では、どんな国も国際機関も担保や保証ができない(加世田氏)」ことから、貿易や国際物流こそ、ブロックチェーンの強みを最も活かせる分野と考え、Zenport の開発に至った。

<関連記事>

Zenport のプラットフォームでは、クラウド上で輸入業者(発注側)・乙仲(海運貨物取扱業者、フォワーダー)・輸出側業者(受注側)をつなぎ、発注側のユーザは、どの乙仲を使うか(および、どの物流会社を使うか)、どの海外業者から輸入するかなどをオンラインで自在に選択できる。荷物の運搬状況はコンテナに備わった GPS と連携して捕捉できるほか、通関手続の進捗状況なども把握が可能だ。

Zenport のスクリーンショット(クリックして拡大)

加世田氏らが実現しようとしているのは、ブロックチェーンを用いた「貿易の民主化(democratizing trade business)」だ。このワンフレーズだけでは意味がよくわからないが、Zenport が今後実現しようとしているサービスを見れば、その一端が明らかになる。

  • フェーズ1………Cloud: 貿易管理クラウドソフトとしての「Zenport」を提供、貿易の取引データを収集
  • フェーズ2………Analytics: 集めた取引データをもとにビッグデータ分析し、ユーザに最適な輸送手段やサプライヤを紹介
  • フェーズ3………Marketplace: 海上輸送保険など付随サービスの提供、新規サプライヤの紹介を強化
  • フェーズ4………L/C 決済取引の支援と、それに関連した融資機能の提供
  • フェーズ5………ブロックチェーンによる決済手段の提供

国際貿易においては、L/C 決済(Letter of Credit、信用状決済)という手段を取ることがよくある。これは、いわば C2C 取引おけるエスクローのようなもので、銀行に間に入ってもらうことにより、取引の安全性を高めようというものだ。ただ、L/C 決済は手数料がかかったり書類の到着に時間がかかったりすることから、受発注の両サイドに一定の信頼関係がある前提で、T/T 決済(Telegraphic Transfer、電信送金決済)が増える傾向にもある。

十分な信頼関係がまだ成立していないサプライヤが相手だったり、自分が L/C 決済をはじめとする貿易特有の業務知識を持っていなかったりしても、安心して取引が行える環境を確立する上で、中央集権化しない状態で情報の真正性を担保できるブロックチェーンは、格好のテクノロジーと言える。前出のプランの中で、フェーズ4〜5 までの機能を Zenport が提供できるようになれば、商社でも華僑でもない小規模事業者が、(個人輸入とかではなく)ビジネスベースで貿易取引を行えるようになるわけだ。

この分野には、先ごろシード資金調達を発表した「Shippio」運営サークルインのほか、海外をみてみると Flexport(デジタル版フォワーダー)、GizTixShipwise(物流会社やフォワーダーのマッチングプラットフォーム)などが存在するが、ロジスティクスまわりだけでなく、今後サプライヤの紹介やマッチングを提供していくという点で、Zenport はより一気通貫したプラットフォームを目指していると言えるだろう。

Zenport はサービス開発当初から国際展開を念頭にしており、加世田氏以外のメンバーは、アメリカ・台湾・スペイン・フランスなど、世界中から集めた人材で構成されている。同社では今回調達した資金を使って、日本国内でのクライアント数の拡大に注力するとしている。

前列左から:湊雅之氏(Zenport コンサルタント)、加世田敏宏氏(Zenport CEO)、Kevin Nguyen 氏(Zenport エンジニア)、河野優人氏(ジェネシア・ベンチャーズ アソシエイト)
後列左から:天野雄介氏(グリーベンチャーズ 代表取締役社長兼パートナー)、Chiu Neo 氏(Zenport エンジニア)、田島聡一氏(ジェネシア・ベンチャーズ ジェネラルパートナー)

以下は、投資家からのコメント(いずれも、原文ママ)。

グリーベンチャーズ 代表取締役社長兼パートナー 天野雄介氏:

国内の輸出入を合わせた貿易総額は約150兆円と、過去30年で約3倍に成長をしている巨大市場。一方で、貿易の現場は荷主、フォワーダー、船会社、通関業者等々、多くの業者が電話やメールを主体とした手続きや管理をする等、オンライン化による変革の余地は非常に大きいと考えています。今回グリーベンチャーズは、貿易市場の可能性やそこにチャレンジする Zenport 社の加世田社長とそのチームに魅力を感じ、同社を支援することを決めました。同社の長い航海はまだ始まったばかりですが、今後業界にとってなくてはならない存在になれるよう、弊社も同じ舟に乗り末永く応援していく所存です。

ジェネシア・ベンチャーズ ジェネラルパートナー 田島聡一氏:

輸出入業者やフォワーダー間の取引は、未だに FAX やメールなど極めて非効率なやり取りが行われており、SaaS を活用して生産性を上げる余地が十分にあると考えました。また貿易は、取引額が世界で1,800兆円、日本だけでも150兆円に達する、金融取引としての巨大なマーケットでもあります。この金融マーケットの変革に、ブロックチェーンなどの先端テクノロジーに精通した加世田さんと共にチャレンジしたいと感じました。

<参考文献>

----------[AD]----------

Sendeeが貿易の全自動化ツール「Zenport」をリリース、人工知能やブロックチェーン技術を活用

SHARE:

AIやブロックチェーン事業を展開するSendeeは4月25日、貿易業務の全自動化クラウドソフト「Zenport」のクローズド版の公開を発表した。 Zenportは貨物のトラッキングや受発注、在庫管理、貿易に関する情報管理など貿易に必要な手続きを全自動化するツール。空輸や船舶輸送など各運送モードにも対応しており、蓄積したデータを解析して最適なETDや輸送ルートを提案する。またZenport以外の基斡…

d14987-7-879577-1

AIやブロックチェーン事業を展開するSendeeは4月25日、貿易業務の全自動化クラウドソフト「Zenport」のクローズド版の公開を発表した。

Zenportは貨物のトラッキングや受発注、在庫管理、貿易に関する情報管理など貿易に必要な手続きを全自動化するツール。空輸や船舶輸送など各運送モードにも対応しており、蓄積したデータを解析して最適なETDや輸送ルートを提案する。またZenport以外の基斡業務ソフトともAPI連携が可能。

既に一部の荷主がサービスの導入を進めており、利用者拡大と人工知能やブロックチェーン技術の活用による機能強化を図っていく方針。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------