BRIDGE

タグ ブラケット

代表と二人三脚:1を10にするスピード感で勝負をかけるブラケットの女性取締役、塚原文奈さん【後編】

SHARE:

「この人と腹を据えて働きたい、フリーランスからブラケットに転職し、女性取締役として活躍する塚原文奈さん」の後編をお届けします。【前編】はこちらをどうぞ。 あくまでフラットであるためのチームとの接し方 三橋:ブラケットの取締役になったのはいつでしたか? 塚原:2013年4月なので、ちょうど1年くらい前ですね。別にブラケットに入るタイミングでそういう話があったわけでもなく、勇介さんのご好意かなって思い…

「この人と腹を据えて働きたい、フリーランスからブラケットに転職し、女性取締役として活躍する塚原文奈さん」の後編をお届けします。【前編】はこちらをどうぞ。

Aya-Tsukahara-Bracket-smile

あくまでフラットであるためのチームとの接し方

三橋:ブラケットの取締役になったのはいつでしたか?

塚原:2013年4月なので、ちょうど1年くらい前ですね。別にブラケットに入るタイミングでそういう話があったわけでもなく、勇介さんのご好意かなって思います(笑)あまり役職とかに執着しないので、でもそういうお話をいただいて嬉しかった。

三橋:取締役になって何が一番変わった?

塚原:取締役になった時って、人がいきなり増え始めたタイミングだったの。だから、会社を大きくして行くときに発生する、「主たる業務以外の業務」がこんなにあるんだっていうのがわかった。それこそ捺印とか細かい手続きとか、社長がやると時間がもったいないことがいっぱいあって。

あとは、勇介さんがいない時に判断が求められることもあって、そういう時に自分で決断をする立場なんだなって実感する。あとは意識の違いかな。会社が小さかった頃に比べて、人が増えた分、もっと会社としてちゃんと利益を出さなきゃって思う。そこの意識はさらに高まったと思う。

三橋:チームとの接し方で気をつけていることはある?

塚原:ブラケットは組織が超フラットで。勇介さんと私以外のみんなは、年齢を問わず一緒。でも、単純に肩書きだけ見ると偉い人って感じてしまうメンバーもきっといる。でもそう思われるのがイヤだから、話す時は敢えて自分の席ではなくて相手のところに行って話すとか。肩書きだけで距離で出来たり、それが邪魔にならないように。直接相談しやすいようにしたいから。

代表の光本さんは、一言でいうとロールキャベツ

三橋:文奈さんから見た勇介さんはどんな人?

塚原:私から見た勇介さんは、一言でいうとロールキャベツ。すごく謙虚で物腰が柔らかいし、人当たりも良くて丁寧。とある人から見ると控え目に見えてしまうくらいの感じなんだけど、すごく肉食で攻める。そこのバランスが超絶いいと思う。すごく攻めでアグレッシブなんだけれど、いい形でオブラートに包まれていて、ちょうど良いバランス感覚を持っている人。

三橋:お互いを補い合ってるような感覚はあるのかな?

塚原:彼の、思い切ってチャレンジを行動に移せるアグレッシブなところは素晴らしいと思う。私は、それを形にして動かす感じかな。「陰と陽」ってほど表裏一体のタイプではないと思うけれど。勇介さんはゼロイチの時の最初の生み出すところがすごく強くて、そこのイチを形にするのは私が得意だからバランスが良いのかもしれない。

三橋:文奈さんは、旦那さんもスタートアップをしていて世界が狭く感じることはない?

塚原:でも、彼がやってることを私はびっくりするくらい聞かないの。これどう思う?って聞かれれば答えるし、最近このサービスいけてるよね?みたいな話はするけれど、うちの事業がどうのこうのっていう話は本当に聞かない。だから、同じスタートアップ業界だけれど窮屈に感じることはないかな。

三橋:それは意識して心がけてるの?

塚原:うん、意識してる。やっぱり、近い環境にいるからこそ、気づくこと、思うことってあるじゃない?でも近すぎて、場合によっては彼も気持ち良くないこともあるだろうし。どうなってもいいから、自分の思うまま生きることが今の彼のチャレンジだから。

旦那さんは昔から起業したいって言っていて、私がフリーになって働いている姿を見て、私にも出来てるから自分もできるんじゃないかって思ったのかも(笑)。気がついたら2人ともスタートアップで働いていた感じ。

幼少時代に身に付いていたチャレンジ精神

三橋:これまでを振り返って、人生のターニングポイントっていつでしょう?

塚原:やっぱりね、フリーになったタイミング、その期間はすごく大きかったと思う。社会人になって会社に入って、事業について学んだけれど、看板がないところで自分でやっていくってこんなに違うんだって感じた。個人になっていろんな人と仕事して、いろんな人に出会って、人からの信頼の大切さ、お金をもらうってことがどういうことかを自分の中で消化できた。今の自分がある上ですごく大きかったかな。

三橋:チャレンジに対してすごくオープンだよね、昔からそうなのかな?

塚原:多分、親の教育と環境だったかな。うちの父親は40歳くらいで脱サラして事業を始めた人で。サラリーマンの時の父親と独立した父親をどちらも見てきた。きれいだった家がそうでもなくなった時期とか、肌感覚で大変さを感じていて。でも、そんな環境でも父親は独立するのが楽しそうで、チャレンジするって楽しいんだなって思えたんだと思う。

三橋:お父さんの影響もあるのね。

塚原:小さい頃から、両親に言われてきたことがあって。「いずれ私たちが大人になる頃には、女性も独り立ちする時代になる。その時に自立している女性でないと、自分の可能性がすごく狭まってしまう」って。

父親も母親も大学を出ていないけれど、例えば大学に行くということは勉強しなさいということではなくて、自分の可能性を広げるってことだって教わって育ったの。今思うとすごくありがたいし、自分の今のマインドにつながってると思う。

1を10にするスピード感で勝負

三橋:ブラケットが伸び続けてる理由ってなんだろう?

塚原:新しいことをやり続けるってことが一番かな。スタートして運用して、そのものを良くするっていうことは最低レベルやっていく。今を1とするなら、それを2に3ってことはできるけれど、1を10にするスピード感を出すために攻めること。そのスピード感を出し続けるってところは頑張ってやってきていて、だから今の形があるのかなって思ってる。

三橋:こうやってキャリアを積んできて、やり直せるならやり直すことってある?

塚原:文章にするとすごく小さいことかもしれないけど、人に対する信頼かな。インテリジェンスで、すごく可愛がってもらっていた女性のマネージャーがいたの。すごく勉強になったし今でも尊敬しているけれど、辞めますってことをその人に一番に言わなかったことは今でも後悔してる。

続けられるようにっていろいろしてくださったからこそ、本人に直接伝えることがイヤで逃げてしまって。結局そのマネージャーは又聞きで私が辞めることを知った。なんてことをしてしまったんだろうって今でもすごく後悔しているから、筋を通すことにはうるさいかも。

三橋:文奈さんは、これからどうなっていきたいですか?

塚原:会社としては、STORES.jpをメジャーなサービスにしていくことしか今は考えていないかな。それができた時に、それが出来上がった時の一員だったなって思える実感が出るような人でありたいと思う。サービスは終わりがないからその先に何があるかわからないけれど、新しい価値を生み続けられるようにしたい。あと飽きっぽいから、刺激がないとダメなの(笑)だから、まだやったことのないことにずっとチャレンジしていきたいと思う。

 

----------[AD]----------

「この人と腹を据えて働きたい」:フリーランスからブラケットに転職し、女性取締役として活躍する塚原文奈さん【前編】

SHARE:

塚原文奈さん@ブラケットのオフィス フリーで働くと、会社にいる時よりいろんなタイプの人と一緒に仕事をするじゃない?でも、「この人ともっとガッツリ働きたい、腹を据えて働きたい」って初めて思ったの。 サイバーエージェントなどで会社勤めをした後、フリーランスになり、2年前に代表の人柄に惚れ込んでブラケットにジョインすることを決めた塚原文奈さん。2013年4月には同社の取締役に就任。 ブラケットと言えば、…

Ayana-Tsukahara塚原文奈さん@ブラケットのオフィス

フリーで働くと、会社にいる時よりいろんなタイプの人と一緒に仕事をするじゃない?でも、「この人ともっとガッツリ働きたい、腹を据えて働きたい」って初めて思ったの。

サイバーエージェントなどで会社勤めをした後、フリーランスになり、2年前に代表の人柄に惚れ込んでブラケットにジョインすることを決めた塚原文奈さん。2013年4月には同社の取締役に就任。

ブラケットと言えば、THE BRIDGEでもこれまで何度も取り上げてきた、いま最も注目される会社。誰もがたった数分でオンラインストアを開設できる「STORES.jp」は、次々に新しいことを仕掛けている。

一緒にブラケットの舵取りをする文奈さんについて、代表の光本勇介さんはこんな風に話してくれました。

「僕やブラケットが思い切ったチャレンジが出来ているのは、彼女が支えてくれて一緒に闘ってくれるからです」。

そんな文奈さんのこれまでのキャリア、ブラケットでの今、尽きることの無いチャレンジ精神について伺ってきました。前編・後編でお届けします。

直感で選んできた「ゼロをイチにする」仕事

三橋:ブラケットに入るまでのキャリアについて教えてください。

塚原:2003年4月に新卒でインテリジェンスに入社しました。個人の方の転職をサポートする仕事を1年ほどやって、サイバーエージェントに転職しました。EC事業部の新規事業部で、バイヤーやウェブディレクターのような仕事をやった後、事業部が解散してからは広告代理店事業部に移動して。マーケティングや営業、事業開発なんかをやらせてもらって、トータルで6年くらいサイバーエージェントにいましたね。

三橋:前の会社からサイバーエージェントに転職した理由は?

塚原:新卒の頃から新規事業をすごくやりたくて、当時のインテリジェンスには会社として若手に任せる風土もあったので良かったんです。でも、当たり前だけれど会社がちゃんとしていて…個人的にはもっと動物園みたいなカオスっぽい感じが良かった(笑)。

ちょっと物足りなさを感じていた頃に、たまたま知り合いが声をかけてくれて転職を決めました。当時はまだアメブロもない時代だったけれど、サイバーエージェントはすでに上場企業でもちろん知っていて。本当は転職するならもっと小さいところって思っていたけれど、新規事業がやれそうだなと思って決めました。

三橋:新規事業へのこだわりがあったんですね。

塚原:将来、絶対この職業、この事業ドメインで勝負したいっていう土壌とかは特になかったんです。でも、いずれ何かできるかもしれないから、その時にいつでも対応できるビジネススキルを早く身につけたかった。それをするなら、何もないところから、ゼロをイチにするところをたくさん経験できる方がいいなと思っていました。

三橋:こう進みたいっていうキャリア設計はあった?

塚原:どっちかというと本能のまま、直感で動く感じかな。こういうことがもっとできるようになりたいなっていうボンヤリしたものはあっても、判断軸は一緒にやる人だったり、結局本能で決めてるかも。

三橋:じゃあフリーランスになったのも本能のまま動いた感じなのかな?

塚原:サイバーではいろいろやらせてもらっていたけれど、会社の中にいない自分の力量が知りたくなったから。チャレンジできるうちにしようと思ったのが、たまたま29歳の終わりの頃で。会社はすごく良い会社だったから不満はなくて、でも不満がないとずっといちゃうじゃない?もう30歳になるし、いずれ子どもを産むとしたら区切りのいい30歳でと思って独立しました。

ブラケットに入って役立っているこれまでの経験

三橋:フリーだった期間は?どんな仕事をしていたの?

塚原:結局2年弱くらいフリーランスだったかな。当時はなんでもやっていました。プロモーション、Webマーケティングのお手伝い、TV出演のキャスティングをしたり、声をかけてもらった仕事は何でもやっていた。途中からはネット系の人から声がかかるようになって、収益を生み出せるプロジェクトを立ち上げる事業開発が多かったかな。考えたものを形にするのが好きで得意だから、ちゃんと遂行していけるところまでまるっとやるとか。

三橋:フリーランスの経験でブラケットで一番役に立っているのは?

塚原:お金の感覚ですかね。例えば、会社員だった頃は毎月お給料がでて、自分のプロジェクトの収益が対価に直結することってなかったから。フリーになるとそれがリアルになるし、やるかやらないかも自分次第。私が初めてブラケットにジョインした時はまだ3人規模だったから、自分がやる仕事がお金に直結する感覚は小さい会社でより活かせていると思う。

三橋:じゃあ、サイバーの6年間で学んだもので大きかったのは?

塚原:スーパー雑食になれたこと。スペシャリストっていうよりは、その時々の求められるものになることが多かったから。同時進行で複数のことをやっていたし。やったことがないことにチャンレジしやすいマインドになった気がする。

三橋:雑食でいると、このままでいいのかって悩まない?

塚原:それは、今も本当にそれがいいのかわからない。20代の時は、このままでいいのかなってもっともっと悩んでたかな。いろいろできるけど、何かで一番か?というと、それぞれ別に一番じゃないなって。ただ、本当に柔軟にいろいろできるところは今も活かされてるかなって思う。

フリーへの名残惜しさに勝る「この人と、とことん働きたい」

三橋:フリーからブラケットに参加した決め手は?

塚原:本当に人のご縁で、勇介さんと共通の知り合いの人から声がかかって。出会ったその日に入社するって決めちゃったの。本能で生きてるから。やっぱり決め手は、勇介さんの人柄だった。それ以外の何ものでもない。フリーで働くと、会社にいる時よりいろんなタイプの人と一緒に仕事をするじゃない?でも、「この人ともっとガッツリ働きたい、腹を据えて働きたい」って初めて思ったの。

三橋:フリーランスが名残惜しいっていう気持ちはなかった?

塚原:身動きが取りやすいし、どうせ一人だからチャレンジできるし、まったくそういう気持ちがなかったかというと嘘になるかな。でも、逆にフリーだから歯がゆいことも多くて。私って思い入れが強くなってすごく仕事にコミットしちゃう方だから、お客さんにとって絶対にいいと思うことでも結局は相手が決めて叶わないこともあって。良くも悪くも自分は責任がとれない立場だから、自分たちの会社、サービスならそこが変わる点は魅力だった。

三橋:ブラケットに入社したタイミングではどんな仕事を?

塚原:入社したのは私で4、5人目くらいだったから、本当に何でもやりますっていう環境で。残念ながら、私は絶対これがやりたいっていうタイプじゃなくて、どちらかというと、目指すべき方向とかゴールに対して、私がやることで一番効果が出るなら何でも良いタイプ。職種とか役割に関して執着がないというか。

三橋:サポートしたいっていう気持ちが強いのかな?

塚原:サポートしたいって気持ちは強いし、強いていえば世の中のためになることがしたいんだけれど、何より成果を出すってことに執着してるかな。成果を出すために自分が何をしたらいいのか。結果的にそれがサポートにもなっているのだと思うけど。

自分がイニシアチブをとって決断した方が良ければそうするし、サポートに回った方が良ければサポートに回る。その環境によってどっちにもなれる。だからこそ、この人なら信頼できる、この人のためなら何があってもいいって思える人でないと一緒に働けないかな。

後編につづく。

----------[AD]----------