THE BRIDGE

タグ ユーグレナ

リバネスとFocusTech Ventures、小橋工業やユーグレナと農業食品特化VC「Germi8」をシンガポールに設立——今後3年で1億円超を投資

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 日本のリバネスとシンガポールの FocusTech Ventures は、農業機器製造の小橋工業および微細藻類製品の開発・生産企業ユーグレナと提携し、農業食品への投資に特化した民間投…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


日本のリバネスとシンガポールの FocusTech Ventures は、農業機器製造の小橋工業および微細藻類製品の開発・生産企業ユーグレナと提携し、農業食品への投資に特化した民間投資会社 Germi8 をシンガポールで設立することを発表した

Germi8 は農業食品業界でイノベーションを活性化することで、食品供給の持続可能性や気候変動、環境問題といった世界規模の問題を解決することを目的としている。

Image credit: Germi8

リバネスの設立者兼 CEO 丸幸弘氏によると、Germi8 の調達目標額は現時点では決まっていない。しかし、今後3年間で約20のプロジェクトにおよそ1億円を投資していくという。Germi8 はリバネス、FocusTech Ventures、小橋工業、ユーグレナの4社で運営し、すべての資金もこの4社から供給される。

Germi8 の投資対象の一部には、代替タンパク質、動物飼料・水産飼料、廃棄物削減、精密農業、健康と栄養を考えた機能性食品、食物生産・安全性・トレーサビリティを向上させるテクノロジーなどが含まれる。

丸氏は Tech in Asia に次のように語った。

Germi8 を設立した目的を簡単に言うと、シード前とシード期のギャップを埋めるためです。

Germi8 の投資額はプロジェクトあたり10万米ドルを予定しており、追加投資ビークルもそれぞれの案件に合わせて実施されるという。

また、東南アジアを視野に入れるべく、9,000万米ドル規模のリアルテックファンドをシンガポールに進出させる計画を進めていると丸氏は言う。リバネスとユーグレナが設立したリアルテックファンドは日本で43社のディープテックスタートアップに投資しており、その中には農業食品業界も含まれている。

当面の間、Germi8 はリアルテックと緊密に連携して戦略的資本と強力な日本のネットワークを ASEAN 市場に拡大していきます。(丸氏)

東南アジアにおける農業食品

Germi8 の創立メンバー(左から):丸幸弘氏(リバネス創業者兼 CEO)、 小橋正次郎氏(小橋工業 代表取締役社長)、鈴木健吾氏(ユーグレナ共同創業者)
Photo credit: Germi8

シンガポールがブームの中心になると見ている農業特化型企業は他にもある。そのうちの1社がグローバルにアグリテック企業を支援・投資する The Yield Lab だ。同社は昨年後半、アーリーステージの農業食品テック系スタートアップに10万米ドルを投資すべく、シンガポールで Yield Lab Asia Pacific を立ち上げた。

今年初めには、フードテック特化型ベンチャーキャピタル企業 Big Idea Ventures もシンガポールで立ち上げられている。Temasek Holdings、アメリカの食品大手 Tyson Foods、Enterprise Singapore の支援を受ける Big Idea Ventures は1億米ドルを調達して、植物を中心とした食品、代替タンパク質、その他のフードテクノロジーに特化したスタートアップに投資することを計画していた。

シンガポール政府は以前、都市農業と水産養殖テクノロジーのトップに立つべく、2021年までに18ヘクタールの農業食品イノベーションパークを開設する計画があると発表していた。また、農業食品業界の推進とスタートアップのサポート体制強化に向けて、2018年には複数の政府系機関によって、「FoodInnovate」というイニシアチブが立ち上げられている。

東南アジア地域の他の国に目を向けてみると、多くの起業家が農業食品に惹きつけられていることがわかる。

リバネスは、東南アジアにおけるディープテックのイノベーションネットワークとなるべく、2010年にシンガポール支社を設立した。同社の代表的なプログラム「Tech Planter」には今月の時点で合計568チームが参加している。リバネスによると、そのうちの25%以上を農業食品テック系企業が占めており、この数字は2014年のプログラム開始以来、年々増加しているという。

同じく2014年に、FocusTech Ventures も Tech Planter の支援を開始している。同社とリバネスは互いのネットワークを通じて、日本と東南アジアのエコシステムのディープテックスタートアップが交流できるよう2018年2月から提携してきたが、今回の件でその協力関係がより強固なものになる。

リバネスと小橋工業も昨年、東南アジアの様々な農業問題とビジネスチャンスに取り組むべく戦略的な業務提携を結んでいる。

一方ユーグレナは、新たな研究シーズの探索を目的としてリバネスグループとマレーシア工科大学が1月に共同で設立した研究所 Nest-Bio Venture Lab に参画している。

今後に目を向けると、Germi8 は各社の強みを活用して農業食品系スタートアップに資本やコネクション、専門知識を提供していくことになる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ミドリムシ大量培養技術のユーグレナ、IPOが同社にもたらした資金調達以上の価値とは?【ゲスト寄稿】

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏の許可を得て転載するものです。Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしました。 彼はポッドキャスト「Disrupting Japan」を主…

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏の許可を得て転載するものです。Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしました。

彼はポッドキャスト「Disrupting Japan」を主宰し、日本のスタートアップ・コミュニティに投資家・起業家・メンターとして深く関与しています。


日本のスタートアップにとって、SaaS や IoT 企業よりも遥かに多いものがある。最近では、バイオテックスタートアップの存在が目立ち始めた。

今日はバイオテックのパイオニア出雲充氏とともに、ユーグレナでの彼の画期的な仕事について話をしてみたい。ある面では、ユーグレナは NASA が失敗したことにさえ成功している。同社は、ミドリムシという微生物を手頃な価格かつ産業規模で培養するプロセスを開発した。

出雲氏と彼のチームは、ミドリムシを使って安価な栄養補助食品からバイオジェット燃料まで、あらゆるものを作り出している。

ユーグレナ 創業者 兼 代表取締役社長 CEO 出雲充氏

Tim:

ユーグレナについて話を始める前に、ミドリムシについて説明してもらえますか?

出雲氏:

ミドリムシは小さな微生物です。サイズは0.1mm程度、人の髪の直径程度です。光合成をするので緑色です。ミドリムシは藻に似ていますが、植物と動物の両方の特徴を持っています。光合成を行うので植物に分類されますが、厚い細胞膜がなく自ら動き回ることができます。

Tim:

これまで、ミドリムシはどのように使われてきたのですか?

出雲氏:

食品や栄養補助食品として使われています。ミドリムシは植物繊維、食物繊維、脂肪酸、魚油など59種類の栄養素を作り出すことができます。植物のように直射日光のもとで培養できますが、植物のように硬い細胞膜を持たないので、人間や他の動物が消化して栄養素を摂取するのが非常に容易です。

Tim:

ミドリムシは昔から大量培養が難しいと考えられてきました。現在、どのくらい生産されていますか?

出雲氏:

この5年間は、毎年生産量を倍増させてきました。2017年にはミドリムシの乾燥粉末を約160トン生産しました。我々の主要な培養施設は、日光の強さの理由から沖縄県の石垣島にあります。

Tim:

以前はなぜミドリムシを培養するのが難しかったのでしょう?

出雲氏:

ミドリムシは非常に多くの栄養素を含んでいて消化しやすいことから、多くのバクテリアやプランクトンにとって好まれる食べ物です。したがって、その種の生物の汚染を受けずに培養することが大変難しいわけです。以前からのアプローチならクリーンルームのような施設を作ることになるわけですが、それは非常に高価でミドリムシを大規模培養することが困難でした。我々の大きな革新は、ミドリムシだけは増殖でき、他の生物は成長できない新しい培養技術を開発してきたことです。

沖縄・石垣島にあるユーグレナの生産技術研究所
Image credit: Euglena

Tim:

ミドリムシ生産の技術的な問題を解決したとして、さらに、その市場を作らなければならなかったわけですよね? どのように販売したのでしょうか?

出雲氏:

最初は大変でした。製品にミドリムシを取り入れてもらえるよう500社超と話をしましたが、成功したのは数社でした。ターニングポイントとなったのは、伊藤忠との取引です。彼らは我々に出資し、日本中に8,000店舗超あるファミリーマートへのアクセスを与えてくれました。

Tim:

投資を受けたことで、他の事業機会を得ることにもつながったのでしょうね。

出雲氏:

そうです。我々は伊藤忠向けに多くの製品が作り始めていましたが、出資者と販売提携先として伊藤忠を迎えたことで、他社にも販売がしやすくなりました。以前は我々に懐疑的だった企業の多くが、伊藤忠での成功を目にして以降、自社製品の一部にミドリムシを使ってみようと考えてくれるようになりました。

Tim:

アメリカのスタートアップと日本のスタートアップで、その成長過程における最も大きな違いの一つは、アメリカのスタートアップよりも日本のスタートアップは、かなりアーリーな段階で IPO する傾向にあるということです。ユーグレナは IPO したとき、年間販売成長率はまだ50%という若い会社でした。その状況では、たいていのアメリカのスタートアップは株式公開したがらないものですが、上場を決めたのはどうしてでしょう?

出雲氏:

その一つは、私が東大発のスタートアップから、最初の上場創業者になりたかったというのがあります。2005年の大学発スタートアップは1,773社ありましが、そのほとんどが失敗に終わっています。しかし、上場の決断には、他に重要な側面がありました。東証一部に鞍替え上場したことで、大企業や政府に製品をもっと効果的に宣伝できるようになったからです。

Tim:

つまり、以前、伊藤忠を出資者に迎えて中小企業から信用を得られるようになったと同様、公開会社になったことで大企業に求められる信用を得られたということですか?

出雲氏:

それは的を得た見方ですね。製品は言うまでもなく重要ですが、日本企業は製品を見ただけで決断をしません。他に誰が使っていて、どのような関係性を築いているのかを見たがります。アメリカ企業は、(日本企業よりも)製品そのものの評価で判断する傾向にあると思います。

Tim:

これまで、ユーグレナは食品や化粧品として使い方に注力してきました。他の使い方はないのでしょうか?

出雲氏:

たいていの使い方は、コストに依存してきます。食品以外にも、まったく違った種類のミドリムシを使って全日空や JXTG と提携しバイオジェット燃料も開発しています。ミドリムシは信じられないほど柔軟な微生物です。NASA は1970年代、ミドリムシが食品としてだけでなく、燃料や二酸化炭素を酸素に変換する能力もあることから、長期宇宙飛行に使える可能性を研究しました。NASA は素晴らしい仕事をしましたが、最終的には断念しました。ミドリムシを大量に培養する方法を見つけられなかったからです。


出雲氏の話の中で最も面白かった部分の一つは、彼らが外部から資金調達や IPO を求める決断をした理由だ。日本企業は欧米のそれに比べ、遥かに早い段階で、また少ない資金調達額に対して、IPO する傾向にある。

実際のところ、たいていの日本企業は IPO の結果、一社あたりの時価総額が2,000万米ドル未満に終始している。しかし出雲氏が説明してくれたように、日本では IPO が尊敬を意味する。非公開企業のときには、彼はモノにすることができない取引があった。ユーグレナは急速に成長していて多くの民間資金を利用することができたが、上場は財政的な理由よりも、航空会社、石油会社、食品小売業など保守的な企業に対して威信を示す意味があったわけだ。

----------[AD]----------

リブセンス村上氏やオークファン武永氏、ユーグレナ出雲氏が登壇、ダイヤモンド経営者倶楽部による学生向け起業家スクール

SHARE:

  ダイヤモンド経営者倶楽部が6月8日、学生向けの起業家講座「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー特別版1日集中講座」を開催した。同団体のダイヤモンド経営者倶楽部銀座サロンには慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学を中心とする大学生50名が全国から集まった。 同団体は2012年に「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー起業家講座」という、数ヶ月に渡る学生向け講座を開催しており、今回の特別講…

 

diamond-zentai

ダイヤモンド経営者倶楽部が6月8日、学生向けの起業家講座「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー特別版1日集中講座」を開催した。同団体のダイヤモンド経営者倶楽部銀座サロンには慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学を中心とする大学生50名が全国から集まった。

同団体は2012年に「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー起業家講座」という、数ヶ月に渡る学生向け講座を開催しており、今回の特別講座はその一日限定版とのこと。

株式会社リブセンス代表取締役社長の村上太一氏、株式会社オークファン代表取締役の武永修一氏、株式会社ユーグレナ代表取締役出雲充氏の三名が登壇し、創業当時から上場、現在までを語った。

Skyland Ventures代表パートナーの木下慶彦氏、ANRIの佐俣アンリ氏、JASCA一般社団法人全国学生連携機構理事の喜多恒介氏らも参加した。佐俣氏によると、木下氏との出会いもこのダイヤモンド経営者倶楽部とのことだ。

生涯起業家でいる決意ーリブセンス村上太一氏

diamond-murakami

ご存知の通り、株式会社リブセンスの村上太一氏は東証一部への史上最年少上場を果たし若手を代表する起業家だ。中学生で起業に興味を持ち、大学時代に起業した同氏は、華々しい経歴からはわからない、現在までの険しい道のりを語った。

早稲田大学のインキュベーション施設内で創業した当時、同氏は「当時は大量に白髪がはえてきてしまうほどのストレスを抱えてた」というほどに、既存の大手企業の存在や周囲からのマイナスな意見によって追い込まれていたという。

「できないことを言われると、できると思っていた自分が間違っていたんじゃないかっておもってしまうんですよね。そんなときに創業メンバーが抜けて、辛くて辛すぎたんです」(村上氏)。

そんな時、ある企業からジョブセンスを事業買収したいという話があり、サイトを畳むか非常に悩んだという。村上氏は一度は買収に同意し、その方向で話が進んでいたが、冷静に「なぜ自分で会社をやろうとおもったんだっけ」と考えてみたところ、自分の本質に気づいた。

「昔から純粋に、人を喜ばれるのがすきでした。改めて考えてみると、自分はずっと事業をやりたいんだとおもう人なんだと気づいたんです。一度は売却しようと思ったのですが、一生起業家を続ける覚悟をしました。その時に先方の企業の方から、『選択肢があると弱くなる。将来起業家であるという意思決定をしろ』と言われたんです。それからはもう逃げることは考えず、会社を良くすることしか考えなくなったんです」(村上氏)。

村上氏は感情が原動力だと一時の感情でぶれてしまうことがあり、あえてやりたい理由を言語化することで、本当にやりたいことが一貫してできるようになると語った。

上場はあくまで通過点ーオークファン武永氏

diamond-takenaga

株式会社オークファン代表取締役の武永修一氏は上場までの流れや起業家に必要な要素を自身の経験とともに語った。

「オークファンが他の価格比較サイトと違うのは、売り手がネットオークションなどで販売する際の一般的な価格がわかるということなんです。売り手のためにやっているのはうちだけなので、課金制でも多くのユーザーの登録していただけたんです」(武永氏)。

もともと武永氏は小学生の頃からビックリマンカードやゲームなどの転売でお金を得ていた商売人で、売り手のニーズをよく理解していたという。

同氏は何かをネットオークションや中古買取店などで売る際に「中古の適正価格」を調べるためにあるサイトをみていたという。オークファンはそのサイトを買収して作った会社だと語った。

 

「上場前は常にピリピリしていました。上場の準備は数年前から始めましたが、直前の1年間は本当にハードでした。上場っていうのは会社も個人も本当にお金がかかるんです。私は上場前に株を買い戻すのにかなりお金を使いました」(武永氏)。

と語り、上場に費やした資金をかなり明確な数値を出して説明をした。(筆者としてもここまで起業家が明確な数値を曝けだして話しているのは初めてで、非常に勉強になった。)

「上場は所詮通過点、その後の方が厳しくて楽しい戦いになるんです。上場はしなくても良い会社はいっぱいありますが、上場すれば他の株主の期待を背負う分、資金調達やM&Aなど資本市場を活用することができます。しかし個人としては、上場してもしなくても変わらなかったりします。」(武永氏)。

起業家に必要な要素として、同氏は逞しさと人に好かれる能力であるという。

「何かで一番になるにはやはり逞しさが必要です。そして人に助けてもらえるようなキャラであることも重要な要素。さらに思想が偏りすぎていないことも大事で、会社の利益を追求するのと、社会的な幸福を追求するのと両方が必要です」(武永氏)。

とにかく一番を目指すーユーグレナ出雲氏

diamond-izumo

大学時代にバングラディッシュで見た栄養不足の子供たちがきっかけで、栄養失調を防ぐ食品に興味を持った同氏は、大学三年生の時にユーグレナ(和名:ミドリムシ、藻の一種)に出会ったという。大学を卒業後、仲間とともに株式会社ユーグレナを設立したが、上場までの道のりは想像以上に険しいものであった。

「2年間で500社に営業したんですが、採用実績のない我々の商品を買ってくれる人はいませんでした。月給を下げれるだけ下げても毎月赤字で、会社を倒産させる方法っていう本も買い、覚悟を決めていました」(出雲氏)。

そんな時、とある会社から問い合わせの電話があったことがきっかけで、ユーグレナは一躍注目を集めることとなる。

「伊藤忠商事から電話があり一緒に仕事をさせていただくようになりました。
その後食材としてユーグレナを扱ってくださる企業も増えました。現在はバイオ燃料の研究開発を行っており、2020年東京オリンピックでは、ユーグレナ由来のバイオ燃料で飛行機を飛ばしたいと思っています」(出雲氏)。

同氏によると、現在のトウモロコシからつくるバイオ燃料には大量の農地が必要となるという。ユーグレナであれば、様々な海域などで量産が可能だ。

「ベンチャーと研究は、どんなにニッチな世界であっても一番になることが大切です。ファーストランナーは本当に大変ですが、1%の確率のことでも100回やれば64%になり、459回やれば99%になるんです」(出雲氏)。

出雲氏はエネルギー不足の解決と、最終的に栄養失調状態にある10億人を健康にしたいと熱く語った。

(Photos by 北村和郎氏)

----------[AD]----------