BRIDGE

タグ Adjust

第1四半期のモバイルアプリ利用は激増、特にビジネスが顕著に【Adjust調べ】

SHARE:

パンデミックは現実に経済的大混乱をもたらしている。しかし、モバイルアプリエコノミーは別だ。第1四半期、モバイルアプリのセッション数とインストール数は前年比で劇的に増加した。 ベルリンのモバイル測定企業Adjustのレポートによると、COVID-19に直面してもアプリエコノミーにはしなやかさがあることが数値で示されている。2020年に多くの分野のアプリがセッション数とインストール数の増加をみているの…

パンデミックの中、モバイルアプリの夜間使用が急増
Image Credit: Adjust

パンデミックは現実に経済的大混乱をもたらしている。しかし、モバイルアプリエコノミーは別だ。第1四半期、モバイルアプリのセッション数とインストール数は前年比で劇的に増加した。

ベルリンのモバイル測定企業Adjustレポートによると、COVID-19に直面してもアプリエコノミーにはしなやかさがあることが数値で示されている。2020年に多くの分野のアプリがセッション数とインストール数の増加をみているのだ。この傾向は特にビジネス、飲食、ゲームアプリの分野で顕著だ。

パンデミックによって多くの従業員がリモートワークを余儀なくされているので、ビジネスアプリでセッション数が大幅に増加し(2019年第1四半期から105%増加)、インストール数が70%増加したことは当然だ。ユーザが在宅への移行を容易にするためにプレミアムバージョンを選択することにより、収益イベントも75%増加している。

アプリエコノミーはCOVID-19の中でも強靭だ
Image Credit: Adjust

多くのレストランがテイクアウトのみに切り替えざるを得なくなったため、飲食関係のアプリもセッション数が昨年の同時期に比べて73%と大幅に増加し、インストール数も21%増加した。

また、他の記事でも報告したように、ゲームのインストール数も大幅に増加。外出自粛中のエンターテインメントが求められている。 3月の最終週には、ゲーム業界ではインストール数が前年比で132%増加した。第1四半期全体でみると2020年のゲームアプリのセッション数は2019年の同期と比較して47%増加し、インストール数は75%増加した。

Adjustの共同設立者兼CTOであるPaulMüller氏は声明で、インストール後のユーザの行動変容についてはインストール数とセッション数の増加以上に目立ったものは見られなかったと報告している。同氏はまた、ユーザは平均して1日2回強のセッションをもつといったように同じ行動をとりつづけ、カスタマージャーニーで予測されるポイントをぐるぐる回っていると述べている。

このレポートは、有料インストールとオーガニックインストールの違いにも光を当てている。市場の競争が激化するにつれて、ゲームアプリが急速に有料化していることに注目している。総インストール数に占める有料インストール数の割合は、2018年は24%だったのに対し、2019年は30%と増加した。

加えて同レポートでは、ユーザが1日の中でどの時間帯にどの分野のアプリを利用するかを調査し、そのピーク時間と活性化キャンペーンに適した時間についてインサイトを提供している。

eコマースアプリのピークの一つはランチタイムであり、正午から午後2時までで、もう一つは夜間であり、午後7時から午後10時にセッションが多く、この両者で1日の総セッション数の4分の1を占めている。飲食店のアプリは午後5時から午後8時の間に利用が急増し、1日の総セッションの31%を占めている。

一方、多くのゲームアプリでは、1日を通して使用量に大きな変化は見られない。カジュアルゲームのアクティビティは午後12時から午後4時の間にほんの15%ほど増加する程度だ。対してミッドコアゲームは早朝(午前5時)から増加し午後1時にピークを迎える。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

モバイルアプリ計測プラットフォーム提供のAdjust、データ集約プラットフォーム「Acquired.io」を買収

SHARE:

モバイル計測と不正防止企業の Adjust は、データ集約プラットフォームの Acquired.io を買収したと発表した。 Acquired.io は、モバイルのユーザ獲得に向けた複数チャネルによるキャンペーン管理を自動化、単純化する SaaS ソリューションだ。2016年、サンフランシスコで Andrey Kazakov 氏と Max Gannutin 氏が設立した Acquired.io は…

Adjust が Acquired.io を買収
Image Credit: Adjust

モバイル計測と不正防止企業の Adjust は、データ集約プラットフォームの Acquired.io を買収したと発表した。

Acquired.io は、モバイルのユーザ獲得に向けた複数チャネルによるキャンペーン管理を自動化、単純化する SaaS ソリューションだ。2016年、サンフランシスコで Andrey Kazakov 氏と Max Gannutin 氏が設立した Acquired.io は繰り返し作業を軽減し、ROI 改善によるキャンペーン最適化によりユーザ獲得チームが重要な作業に集中できるようにする。

Adjust CEO の Christian Henschel 氏は、声明で次のように述べている。

今回の買収は、技術シナジーや顧客層の相互補完だけでなく、顧客にビジネスを成長させ市場を動かす力をもたらしたいという、我々の目標にも貢献するだろう。

2015年に700だったユーザ獲得チャネルの数は、現在では1,500以上にまで増えた。Adjust によれば、ユーザ獲得マネージャーは数十ものモバイル広告チャネルを同時に取り扱う必要があるようになっているという。それぞれのチャンネルには、手動や繰り返し作業が発生するが、Acquired.io のデータ集約プラットフォームがそれらを自動化する。

<関連記事>

左から:Adjust リーダーの Paul Mueller 氏、Christian Hensche 氏、Manuel Kniep 氏
Image Credit: Adjust

モバイルマーケティング担当者は今日、マーケティング活動の全体像を理解するために、複数のダッシュボードを使う必要がある。彼らはそれを理解して行動するために、全てのデータをマージするという課題に直面している。それはコストがかかり、複雑で繰り返した作業を伴うだけでなく、手間のかかるものだ。

Acquired.io の技術とスキルの高いデベロッパを Adjust のプラットフォームに加え、我々 Adjust のエンジニアリング部門の技術者は100人以上にまで増えることになる。(Henschel 氏)

Adjust は買収額を開示していない。Adjust は Acquired.io を現金で買収し、Acquired.io の技術を Adjust のモバイル計測プラットフォームに統合すると述べている。統合されたプロダクトは、2019年後半には利用できるようになる予定だ。

Kazakov 氏は、声明で次のように述べている。

Adjust と合併する決断は、顧客からの要望や、最も競争力があり包括的なプロダクト群を共に構築できる相手と提携したいという我々の選択など、多くの要因が影響している。

世界のモバイル計測業界で、Adjust は最も完全かつ正確なソリューションを手にできると思う。この成長著しい会社の一部となれることを誇らしく思う。

今回の買収に先立ち、Adjust は昨年中国へ、また今夏インドへの市場拡大している。同社は世界15拠点を持ち、2013年以降、収益を維持しながら、2年毎に売上を2倍以上に伸ばし、従業員も300人にまで拡大している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

DeNAも利用、アプリ広告分析のAdjustが760万ドル調達ほかーーB2Bニュースまとめてインプット

SHARE:

編集部注:「B2Bニュースまとめてインプット」は海外エンタープライズ系テクノロジーの話題をまとめた連載。本誌でも執筆中の「インプットをアウトプットするブログ」ブロガーで、B2Bスタートアップ・インキュベーション「archetype」所属の鈴木大貴氏がセレクトしたニュースをお送りします。 地図上で様々なデータをビジュアライズできるCartoDBが800万ドル調達 クラウドベースのGISサービスを開発…

編集部注:「B2Bニュースまとめてインプット」は海外エンタープライズ系テクノロジーの話題をまとめた連載。本誌でも執筆中の「インプットをアウトプットするブログ」ブロガーで、B2Bスタートアップ・インキュベーション「archetype」所属の鈴木大貴氏がセレクトしたニュースをお送りします。

地図上で様々なデータをビジュアライズできるCartoDBが800万ドル調達

Alternative_Fuels_Data_Center__Alternative_Fueling_Station_Locator

クラウドベースのGISサービスを開発するCartoDBがシリーズAで800万ドル調達しました。CartoDBは手持ちの情報をアップロードするだけで地図上にデータをビジュアライズできるサービスを開発しているスペインのスタートアップ。

CartoDBのWebサイト上ではユーザーが作成した事例が幾つか紹介されており、アメリカ中のガソリンスタンドの位置を表示したり、スーパーボール中の地域別Tweetをアニメーションとして視覚化したりとデータ次第で様々な情報を地図上に表現することが可能です。

サービスはフリーミアムモデルをとっており、CartoDBのクライアントとしてWALL STREET JOURNALやNewsweekといったメディア企業や国連、NASA、赤十字といった組織がサービスを利用しています。

参照記事:CartoDB takes $8M in funding to build platform for “thousands” of niche mapping apps via GigaOm

YC出身でクラウドプリントAPIを提供するLobが700万ドル調達

Lob_-_Printing_and_Mailing_for_Developers

クラウドプリントAPIを開発するLobがシリーズAでFirst Round Capitalなどから700万ドルを調達しました。Lobは開発者向けに写真やポスター、名刺などをクラウドで印刷できるAPIを提供しており、印刷機をクラウド化してしまうという点では日本のラクスルと近しい発想のサービスを展開しています。

LobはY Combinatorの2013年夏期バッジ卒業生で、今までYC以外にScrum Venturesなどから投資を受けています。

参照記事:Cloud Printing And Shipping Service Lob Raises $7M Series A via TechCrunch

従業員向けオンライン学習プラットフォームのLooopが200万ドル調達

Looop___Online_Training__simplified_

従業員向けオンライン学習プラットフォームを開発するオーストラリアのスタートアップ、Looopが200万ドルを調達しました。Looopは主に中小企業を対象にモバイルフレンドリーなEラーニングのプラットフォーム提供しており、ブログのように手軽なUIで学習コンテンツを作成できることが特徴。今回の調達資金でまずはイギリスの市場拡大を狙いつつ、その後アメリカ市場への進出も計画しているようです。

参照記事: Looop, An Online Learning Platform For Employees, Raises $2M To Enter The UK via TechCrunch

AtlassianがリアルタイムコラボレーションのWikidocsを買収

Wikidocs_-_Realtime_collaborative_editing

HipChatやJIRAなどといったコラボレーション系のツールで知られるAtlassianがWikidocsを買収したと発表しました。WikidocsはWebサイトやモバイルアプリにリアルタイムのコラボレーション機能を追加できるAPIを開発するスタートアップ。Wikidocsは10月11日にシャットダウン予定とユーザーにメールを出しています。

参照記事:Atlassian buys Wikidocs and the tech to make websites and apps collaborative via TechCrunch

質の高いユーザーの流入経路を測定するアプリ広告分析のAdjustが760万ドル調達

adjust_com

アプリの広告効果測定サービスを開発するAdjustがシリーズCで760万ドル調達しました。Adjustはソーシャルやアドネットワーク、アフィリエイト等のマーケティング施策で質の高いユーザーがどの媒体経由で獲得できているかを測定できるアトリビューションのサービスを提供しています。クライアントにはDeNAやBuzzfeed、Yelpといった企業も含まれており、今回の調達で日本や中国、アメリカといった市場の拡大に活用するとのこと。

参照記事:App Analytics Startup Adjust Raises $7.6 Million Series C via TechCrunch