タグ B Capital Group

B Capital、インドとインドネシア向けに4億米ドル超のファンドを組成——中国でも投資活動を開始

SHARE:

Facebook の共同創業者 Eduardo Saverin 氏が創業したグローバル VC である B Capital Group は、インドとインドネシアでの投資活動の拡大を計画している中、新たな投資カテゴリとして4億1,500万米ドルのファンドをクローズしたと発表した。「Elevate」と名付けられたこのカテゴリは、B Capital のポートフォリオの中で、業績の良いレイターステージスター…

Photo credit: B Capital Group

Facebook の共同創業者 Eduardo Saverin 氏が創業したグローバル VC である B Capital Group は、インドとインドネシアでの投資活動の拡大を計画している中、新たな投資カテゴリとして4億1,500万米ドルのファンドをクローズしたと発表した。「Elevate」と名付けられたこのカテゴリは、B Capital のポートフォリオの中で、業績の良いレイターステージスタートアップにフォローオン資金を提供する。

B Capital にとって今回のファンドは、正式にレイターグロースステージのスタートアップへの投資に特化した最初のファンドであり、アーリーステージから IPO まで、企業のライフサイクル全体をサポートできるようにするというミッションの次のステップとなる。新ファンドの設立により、同社の運用資産(AUM)は19億米ドルに達した。

また、B Capital は1日、中国で正式に事業を開始することを発表した。中国では、ジェネラルパートナーの Daisy Cai(蔡薇)氏が責任者となり、アーリーおよびグロースステージの地元テクノロジー企業に投資するチームを統括する。この新組織は香港を拠点とする。

B Capital は2015年の設立以来、アメリカとアジアにオフィスを開設し、グローバルな業界でデジタル革新を推進する60社以上のアーリーおよびグロースステージの企業に投資している。共同創業者の Raj Ganguly 氏は、発展途上にある中国の B2B テクノロジー市場における機会について言及した。

中国の過去20年が消費者向けインターネットの台頭であったとすれば、次の20年は、ヘルスケア、銀行、保険、工業などの伝統的な産業におけるデジタルトランスフォーメーションの時代になるだろう。

中国の大手企業10社の中で、真に企業規模の技術ソリューションを提供しているのは Huawei(華為)だけだ。エンタープライズ・テクノロジーの次のマーキー・ネームが今まさに開発されているのだから、我々は今が中国に進出するのに適した時期だと考えている。次の Salesforce や Oracle を中国で見つけられるのではないかと期待しているし、すでにそのような可能性を秘めた企業をいくつも視野に入れている。

新たにジェネラルパートナーに就任した Cai 氏は、約10名の投資専門家からなるチームを率いる。彼女は、SoftBank Vision Fund でパートナーを務めた後、B Capital Group に参加した。これまでに、Goldman Sachs や Bakdu Ventures(百度風投)に所属していたことがある。

B Capital の中国チームは、中国の急速なデジタルトランスフォーメーションを促進する、データドリブンでソフトウェア定義型のビジネスへの投資を検討している。また、B Capital には、新興企業の市場参入や商業化を支援し、投資を成功させてきた実績があるため、ヘルスケアも戦略的に重視している。(Cai 氏)

B Capital Group は中国への進出と並行して、インドとインドネシアへの投資を拡大しているが、これは、アジアで最も急速に成長している2つのテクノロジーハブの成長に参加するためだ。

インドネシアでは最近、EC プラットフォーム「Ula」が2,000万米ドル調達したシリーズ A ラウンドで、また個人向け金融プラットフォーム「Payfazz」が5,300万米ドル調達したシリーズ B ラウンドでそれぞれリードインベスターを務めた。

また、インドでは、中小企業向けフィンテック「Khatabook」、物流関連「BlackBuck」、スクーターや自転車のシェアリングを行う「Bounce」、包装資材の B2B マーケットプレイス「Bizongo」など、主要スタートアップを支援している。

【via e27】 @E27co

【原文】

Facebook共同設立者Eduardo Saverin氏率いる投資会社B Capital、NASDAQ上場で3億米ドル調達へ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 投資会社 B Capital Group が設立したブランクチェック会社 B Capital Technology Opportunities は、米国証券取引委員会(SEC)への申…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


投資会社 B Capital Group が設立したブランクチェック会社 B Capital Technology Opportunities は、米国証券取引委員会(SEC)への申請書類によると、NASDAQ で3億米ドルを調達するため IPO を申請した。株価は10米ドルで、3,000万株の売り出しを計画している。

Photo credit: B Capital Group

ニューヨーク拠点の特別目的買収会社(SPAC)である B Capital Technology Opportunities は、消費者向けイネーブルメント、金融サービス、ヘルス&ウェルネス、産業・運輸の4つの業種において、従来の大規模な産業を変革するテックビジネスの買収やターゲットの組み合わせに焦点を当てている。特に、越境ビジネスに焦点を当てていると、同社は申請書類の中で述べている。

Eduardo Saverin 氏は、この SPAC の特別顧問を務める。Saverin 氏は、B Capital Groupの 共同創業者であり、共同マネージングジェネラルパートナーであり、Facebook の共同創業者でもある。

B Capital Group 共同創業者兼会長の Howard Morgan 氏、B Capital Groupの共同創業者で会長のハワード・モーガン、元 Bain Capital 幹部の Raj Ganguly 氏、元 Eight Roads Ventures パートナーの Kabir Narang 氏、Hillhouse Capital(高瓴資本) の元マネージングディレクター Angela C. Huang 氏、NASDAQ 元副会長 Bruce Aust 氏が、B Capital Technology Opportunities をリードすることになる。

B Capital Groupは、アーリーステージスタートアップから変革を遂げたレイターステージ企業まで、テクノロジー主導型のビジネスに投資している。66社以上のポートフォリオ企業を擁し、約16億米ドルの資本を運用している。このニュースが明らかになる前、Patrick Grove 氏の Catcha Group は、ブランクチェック会社を通じてニューヨーク証券取引所への2億7,500万米ドル規模の IPO を発表している。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

Facebook共同設立者Eduardo Saverin氏のB Capital、2号ファンドに8億2,000万米ドルを調達し最終クローズ

SHARE:

Facebook 共同創業者 Eduardo Saverin 氏が運営する VC ファンド B Capital Group は、8億2,000万米ドル相当の2号ファンドの組成完了を発表した。Medium の記事によると、このファンドの最終的な終了により、同社の運用資産総額は14億4,000万米ドルに達したという。 B Capital Group は、シンガポールを拠点とする Ninja Van や…

B Capital Group
Image credit: B Capital Group

Facebook 共同創業者 Eduardo Saverin 氏が運営する VC ファンド B Capital Group は、8億2,000万米ドル相当の2号ファンドの組成完了を発表した。Medium の記事によると、このファンドの最終的な終了により、同社の運用資産総額は14億4,000万米ドルに達したという。

B Capital Group は、シンガポールを拠点とする Ninja Van や CXA など、アジア、ヨーロッパ、アメリカの30社近くの企業に投資してきた。TechCrunch によると、2号ファンドは同グループが2016年に登場した1号ファンドで最終的に調達した3億6,000万米ドルの2倍以上になるという。

<関連記事>

2号ファンドは、大規模な産業を変革し、急速にスケールアップしている成長段階のスタートアップに投資する。

B Capital の共同創業者でマネージングパートナーの Raj Ganguly 氏は、以下のようにコメントしている。

テクノロジーはすでにほぼすべての分野・日常生活の中に浸透していますが、ここ三ヶ月を通して、まだまだ多くの膨大かつ未消化のデジタル化ニーズの存在が明らかになりました。

起業家たちが新しい角度から産業や慣行を検証し、システム、企業、人と人とのつながりを加速させる方法を見つけることで、今後10年でイノベーションに大きな変化が起こると確信しています。

Eduardo Saverin 氏
Image credit: B Capital

2014年に Ganguly 氏と Saverin 氏によって設立された B Capital は、エンタープライズテクノロジー(SaaS、インフラストラクチャ AI(人工知能)/ML(機械学習)、セキュリティなど)やフィンテック、ヘルステック、消費者エンパワー系テクノロジー、輸送・物流などのB2B および B2B2C 企業に投資している。

同社は通常、シリーズB、C、Dのステージにある企業に1,000万〜6,000万米ドルを投資する傾向がある。Ganguly 氏は、B Capital は過去1年間で大幅な成長を遂げ、投資、オペレーション、プラットフォームチームなどの分野で重要な役割を果たしてきたと主張している。

B Capital は、BCG との独占的なパートナーシップを通じて、起業家と企業を結びつけ、最先端の技術を規模に応じて適用する相互に有益な関係を模索している。同グループの他のポートフォリオ企業には、AImotive、Atomwise、Blackbuck、Bounce、Bright.md、Evidation Health、Icertis、INTURN、Plastiq、Notable Labs、SilverCloud Health などがある。

【via e27】 @e27co

【原文】

Facebook共同設立者Eduardo Saverin氏のB Capital、2号ファンドに4億600万米ドルを調達しファーストクローズ

SHARE:

有名な元 Facebook の共同創業者 Eduardo Saverin 氏が共同設立したテックファンド B Capital は、2号目となるファンドの資金調達で、4億600万米ドルを集めファーストクローズを迎えたと発表した。詳細は、米国証券等取引委員会に申請された内容でわかる。 Deal Street Asia によれば、B Capital は、調達クロージング日や調達目標額を開示していないもの…

Eduardo Saverin 氏
Image credit: B Capital

有名な元 Facebook の共同創業者 Eduardo Saverin 氏が共同設立したテックファンド B Capital は、2号目となるファンドの資金調達で、4億600万米ドルを集めファーストクローズを迎えたと発表した。詳細は、米国証券等取引委員会に申請された内容でわかる。

Deal Street Asia によれば、B Capital は、調達クロージング日や調達目標額を開示していないものの、先月の2号ファンド組成開始から62の投資家を魅了している。ファーストクローズはを受けて、B Capital の1号ファンドと2号ファンドの調達合計額は、
7億6,610万米ドルに達した。B Capital Fund の名前で知られる1号ファンドは3億6,000万米ドルで始まり、今回はそれに続き、B Capital II LP(2号投資組合)となっている。

B Capital 共同創業者の Raj Ganguly 氏とパートナーは、当局申請にある通り同ファンドを管理する予定。

B Capital は、Ganguly 氏と Saverin 氏により設立された。Saverin 氏は2011年、B Capital を提げる形でシンガポールへ移住、コンシューマ・エネイブルメント、金融サービス、保険、健康とウェルネス、産業と交通分野の B2B スタートアップに投資してきた。

B Capital は今日までに、Boston Consulting Group の支援を得、同社のインキュベーション部門である BCG Digital Ventures と提携。ポートフォリオ各社に対し最大で2,000万ドルをの投資、または将来成長調達に向けたリザーブ(権利予約)を実施している。

B Capital の投資先は、AImotive、Bright.md、Capital March、CXA、Evidation Health、Icertis、INTURN、Lanetix、Mswipe、Ninja Van、SilverCloud Health など12社。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

Facebook共同設立者Eduardo Saverin氏のB Capital Group、3億6,000万米ドルのファンド募集をクローズ

SHARE:

投資企業の B Capital Group は本日(2月9日)、グローバルに活躍するスタートアップを対象とした3億6,000万米ドルのファンド募集をクローズしたことを発表した。 B Capital Fund は本来の目標額を超過したとされている。 B Capital Group の共同設立者でパートナーの Eduardo Saverin 氏はプレス声明でこう語った。 私たちは幅広い業種の起業家たち…

B Capital Group
Image credit: B Capital Group

投資企業の B Capital Group は本日(2月9日)、グローバルに活躍するスタートアップを対象とした3億6,000万米ドルのファンド募集をクローズしたことを発表した。

B Capital Fund は本来の目標額を超過したとされている。

B Capital Group の共同設立者でパートナーの Eduardo Saverin 氏はプレス声明でこう語った。

私たちは幅広い業種の起業家たちの発射台となることを目指しており、投資先の企業に必要な資金を与え、もっとも重要なビジネスリーダーとのつながりを持つことを求めています。

同氏は次のように付け加えた。

世界を変える技術を生み出す次世代の起業家を支援することを目標とし、ベンチャー投資にディスラプションを起こすべく戦略的に構えています。

Raj Ganguly 氏と Saverin 氏(同氏は Facebook の共同設立者として広く名が知れている)が設立した B Capital Group は経営コンサルティング企業の The Boston Consulting Group(BCG)と戦略的パートナーシップを結び事業を行っている。

ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、シンガポールに拠点を持ち、ヘルスケア、金融サービス、保険、産業および消費者向けサービス企業などにグローバルに投資を行っている。

アジアにおいては、ファンド設立から最近に至るまで、シンガポールを拠点とする物流スタートアップの Ninja Van、ムンバイのフィンテックスタートアップ Mswipe、シンガポールの医療テクノロジースタートアップ CXA、香港のフィンテックスタートアップ Capital Match をはじめとする企業に投資を行っている。

2017年10月には、金融業界のベテラン Howard Morgan 氏が会長に就任した

Morgan 氏は Uber の機関投資家第一号である First Round Capital の設立者として知られている。

アドバイザーから会長に転じ、B Capital Groupの成功をその設立から見届けることができたのは非常に価値のある経験でした。

同氏はこのようにコメントした。

さらに続けて次のように述べている。

ベンチャー投資企業に寄せられる不満の一つとしては、スタートアップを大企業とつなぐための適切な構造と資金の欠如があります。B Capital Group はこの問題を適切に解決し、従来のベンチャーキャピタルのモデルを再定義することによって未来の技術と既存の事業をつないできました。

【via e27】 @E27co

【原文】