BRIDGE

タグ BoostIO

プログラマー業務効率化「Boostnote」やバグ修正依頼コミュニティ「IssueHunt」運営のBoostIO、シリーズAラウンドで1億円を調達

SHARE:

プログラマーの業務効率化を図るノートアプリの「Boostnote」、バグ修正依頼のコミュニティプラットフォーム「IssueHunt」を運営する BoostIO は、シリーズ A ラウンドで総額1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、以下の2つのファンドと個人投資家9名。ANRI は前回シードラウンドに続くフォローオン。 ANRI NOW 福島良典氏(Gunosy 元 CEO、Lay…

BoostIO のチーム
Image credit: BoostIO

プログラマーの業務効率化を図るノートアプリの「Boostnote」、バグ修正依頼のコミュニティプラットフォーム「IssueHunt」を運営する BoostIO は、シリーズ A ラウンドで総額1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、以下の2つのファンドと個人投資家9名。ANRI は前回シードラウンドに続くフォローオン。

  • ANRI
  • NOW
  • 福島良典氏(Gunosy 元 CEO、LayerX CEO)
  • 松本勇気氏(Gunosy 元 CTO、DMM.com CTO)
  • 海野弘成氏(Increments 代表取締役)
  • 中川綾太郎氏(ペロリ 元代表取締役)
  • 古川健介氏(nanapi 共同創業者、Supership 元取締役)
  • 木下慶氏(メルカリ プロジェクトマネージャー)
  • 加藤將倫氏(Progate 代表取締役)
  • 落合渉悟氏(CryptoeconomicsLab 共同創業者)
  • および非公開1名

今回の調達を受けて、同社では IssueHunt の機能追加や改善、オープンソースを軸としたコミュニティベースでのソフトウェア発展の啓蒙活動に注力するとしている。

IssueHunt は、オープンソース開発者が、自身が管理している GitHub 上のレポジトリを IssueHunt 上にインポートでき、バグ報告(イシュー)を上げて、他ユーザにバグ修正を依頼できるプラットフォームだ。バグ修正してくれたユーザ(コントリビュータ)には、その労力に感謝して報酬の設定や投げ銭(ドネーション)もできるしくみ。BoostIO 自身のプロジェクトである Boostnote も、現在では IssueHunt 上で機能改善・バグ修正などのメンテナンスがなされる一プロジェクトいう位置付けだ。

IssueHunt
Image credit: BoostIO

6月にローンチした IssueHunt はこの数ヶ月で順調に成長し、海外ユーザは92%、世界150カ国からアクセスを集める人気サービスとなった(人数は明らかにされていない)。同社の先行サービスである Bootnote の87%(2018年6月現在)、Boostlog の97%(同)と比べても、圧倒的に日本国外からのアクセスが多い。中には、 Alibaba(阿里巴巴)の金融子会社 Ant Financial(螞蟻金融)の UX 部門が開発するミドルウェア向けデザイン言語「ant-design」のようなプロジェクトも IssueHunt 上で扱われている。

BoostIO 代表の横溝一将氏は、BoostIO で今までとは異なるソフトウェアデベロッパの働き方を実現したいようだ。IssueHunt を使えば、デベロッパは特定の企業に属さなくても生計を立てていける可能性が高まる。他方、ソフトウェアハウスやシステムインテグレータも、社内に(もちろん、リモートワークでも構わないが)最低限のコミッタが居れば、デベロッパを社内に抱えなくてもソフトウェアのメンテナンスが可能になる。実際のところ、社員を雇わず、給料に代えて IssueHunt で報酬を支払う企業も出てきているようだ。

コントリビュータに対する報酬支払において、この分野で先行する Gitcoin は仮想通貨のみに対応しているのに対し、IssueHunt は米ドル建て Fiat(法定通貨)のみの扱いとなっている。IssueHunt が仮想通貨に対応する計画があるかどうかは、現在のところ定かではない。横溝氏はむしろ、エンタープライズユーザによる IssueHunt 利用を促進したいようで、そのための施策をいくつか考えているようだ。その一環として、来年4月には「Open Source Conference」というイベントの開催を計画している。

渋谷に拠点を置く BoostIO だが、社員はリモートワークを含め日本国内のみならずアジアやヨーロッパなど数カ国で業務に就いている。一般的なスタートアップでは社員数の増加を成長度の指標として書くことが多いが、同じ考え方は BoostIO には当てはまらないかもしれない。BoostIO には3日現在、199のレポジトリ(プロジェクト)が登録されている。

プログラマ向けノート「Boostnote」開発のBoostIO、オープンソースのバグ修正をクラウドソーシング的に依頼できる「IssueHunt」をローンチ

SHARE:

Boostnote を開発する BoostIO(旧称:Maisin&Co.)は20日、オープンソースのバグ修正をクラウドソーシング的に依頼できるプラットフォーム「IssueHunt」をローンチした。オープンソース開発者は、自身が管理している GitHub 上のレポジトリを IssueHunt 上にインポートでき、バグ報告(イシュー)を上げて、他ユーザにバグ修正を依頼できる。バグ修正してくれ…

IssueHunt
Image credit: BoostIO

Boostnote を開発する BoostIO(旧称:Maisin&Co.)は20日、オープンソースのバグ修正をクラウドソーシング的に依頼できるプラットフォーム「IssueHunt」をローンチした。オープンソース開発者は、自身が管理している GitHub 上のレポジトリを IssueHunt 上にインポートでき、バグ報告(イシュー)を上げて、他ユーザにバグ修正を依頼できる。バグ修正してくれたユーザ(コントリビュータ)には、その労力に感謝して報酬の設定や投げ銭(ドネーション)もできるしくみだ。

ファイナンス機能を備えたオープンソース管理プラットフォームとしては、これまでにも Open Collective などがあったが、イシュー単位でコントリビューションを募ることができるプラットフォームとしては、IssueHunt が初めてだという。

BoostIO 代表の横溝一将氏によると、BoostIO が提供する Boostnote は現在、すべてユーザによるコントリビューションで開発されているとのこと。開発に携わってくれるコントリビュータに対し、何かしら還元できる方法はないかと横溝氏と CTO の Choi Junyoung 氏が話し合いを進める中で IssueHunt のアイデアにたどり着いた。IssueHunt はβ版が内部リリースされ、すでに複数のオープンソースのバグ修正に活用されているが、投げ銭のしくみが動いているのは、IssueHunt 上における BoostNote のプロジェクトのみ。

<関連記事>

IssueHunt のビジネスモデルは、バグ報告者からのバグ修正に対する報酬をコントリュビュータとメンテナー(コミッタ)で80%:20%で分け、IssueHunt がコントリビュータの取り分から10%を手数料としてもらうしくみ。つまりバグ修正報酬額全額の8%が IssueHunt の収入となる。

オープンソースのメンテナーが、ここだけで生活していけるような世界を作りたい。1万人規模を目標にしたい。(横溝氏)

福岡出身の BoostIO を最初に THE BRIDGE で紹介してくれたのは、同じく同郷の SaaS ビジネスの成功者ヌーラボの橋本正徳氏だ。ヌーラボもまた、海外からのユーザが多数を占めることで知られているが、BoostIO の場合はそれに輪をかけて、海外からのアクセスが多い。Bootnote は87%が海外からのアクセス、BoostIO が今年2月末にリリースした、マークダウンが使えるプログラマ向けブログプラットフォーム「Boostlog」(横溝氏は、デベロッパ向けの Medium と例えている)は、実に97%が海外からのアクセスだ。Boostnote や Boostlog の成長を追い風に、BoostIO は IssueHunt でも世界市場をターゲットに攻めていきたいとしている。

アメリカでは IT 企業が OpenCollective にドネーションするなどして、デベロッパコミュニティを支える動きがある。日本でも IT 企業がドネーションするような文化が作っていけるといい。コントリビュータとしてのオープンソースへの参加は、自己研鑽と副業が同時にできるから、IT 企業も副業として社員に勧めやすいのではないかと思う。(横溝氏)

プログラマーの業務効率化を図るオープンソース「Boostnote」を開発するBoostIO、シードVCや個人投資家6名から資金調達【ゲスト寄稿】

本稿は、福岡を拠点に「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」といった各種 SaaS サービスを展開するヌーラボの共同創業者兼代表取締役の橋本正徳氏による寄稿である。 橋本氏はヌーラボの運営のほか、オレオカコムや明星和楽など、福岡のスタートアップシーンを盛り上げる複数のプロジェクトに関わっている。 <11日午前10時更新> 投資に参加した部谷氏の肩書きが古かったため最新のものに修正。 福…

本稿は、福岡を拠点に「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」といった各種 SaaS サービスを展開するヌーラボの共同創業者兼代表取締役の橋本正徳氏による寄稿である。

橋本氏はヌーラボの運営のほか、オレオカコム明星和楽など、福岡のスタートアップシーンを盛り上げる複数のプロジェクトに関わっている。


左から:ANRI 代表の佐俣アンリ氏、BoostIO Co-founder / CEO の横溝一将氏、BoostIO Co-founder / CTO の Choi Junyoung 氏
Image credit: BoostIO

<11日午前10時更新> 投資に参加した部谷氏の肩書きが古かったため最新のものに修正。

福岡発、プログラマーの業務効率化を図るノートアプリの「Boostnote」を開発する MAISIN&CO. は先ごろ、社名を BoostIO に変更し、ANRI、F Ventures、その他6名の個人投資家から資金調達していたことを明らかにした。調達額は非公開となっている。

この調達に参加した個人投資家には、九州出身の起業家であるアラタナ代表取締役社長の濵渦伸次氏、元 Uhuru Technical Rockstars 代表で現 tsumug Tech Lead の部谷修平氏など、九州のスタートアップコミュニティーのプレイヤーの顔ぶれがちらほらと見える。福岡市で明星和楽などのイベントを仕掛けるスタートアップコミュニティーのキーマン村上純志氏は「スタートアップコミュニティーが活性化するためには、ベンチャーキャピタルだけではなく、個人投資家も必要だ」と語っており、福岡市内に個人投資家を増やしていく活動に着手している。

他にもは、ユーザーローカル代表取締役社長の伊藤将雄氏、元スカイプジャパン代表取締役で Atomico 日本法人代表の岩田真一氏、フリークアウトホールディングス代表取締役社長の佐藤裕介氏、非開示の個人投資家1名が今回の調達に参加している。

今回の調達に参加された投資家の皆さん
Image credit: BoostIO

Boostnote はプログラマー向けのノートアプリで、ダウンロードしてユーザー登録などもせずにすぐに使い出すことができ、Mac、Windows、Linux、Android、iOS 向けアプリを提供している。以前、THE BRIDGE でもβ版リリース時に取り上げているが(当時の名前は「BOOST」)、その後ソースコードを公開し、オープンソースプロジェクトとして世界中の協力者を巻き込み、グローバルなコミュニティを構築。現在では、世界各国のプログラマーが開発に参加し、Boostnote を良くするための議論がなされ、寄せられた質問やバグに対してユーザー同士が助け合って解決するなど、 暖かいコミュニティとしてゆるく運営されている。今後は、技術的な課題を検証しつつ、より汎用的なソリューションを提供していくそうだ。

Boostnote
Image credit: BoostIO

Boostnote の特徴は、開発者コミュニティもユーザーもグローバルに広がっている点だ。100名ほどのオープンソースの開発者のほぼ100%、ユーザーのうち82%が国外に居住している人達。200カ国以上の国からアクセスが有り、国内からではなく最初から世界に展開していくグローバルファーストなやり方で成長しており、今後にも期待できる。ノートアプリというと思い出すのは Evernote だが、同アプリは機能を詰め込みすぎた結果、複雑になり、動作も非常に重たいアプリになりユーザーが離れていった。Boostnote にはそのシンプルさを保ちつつも、プログラマーをワクワクさせてくれるものであってほしいと願う。

また、BoostIO の強みはソフトウェアもさることながら、コツコツと築いてきたオープンソースプログラマーのコミュニティ。横溝一将(BoostIO Co-founder / CEO)氏と、Choi Junyoung(BoostIO Co-founder / CTO)氏は、Boostnote のオープンソース活動を通してワークスタイルの未来を観ており、すでにステルスで次の成長に向けて動き出している。彼らの投資家とのミーティング後、話す機会を得たのだが、少しテンション高めに「2018年中にはヤバいことをやりたいと思います」と語っていた。

あけましておめでとうございます。

<関連記事>