BRIDGE

タグ Doctors Me

クラウドワークスが25万人超の会員に向けて、福利厚生としてオンラインヘルスケア相談サービス「Doctors Me」の提供を開始

SHARE:

クラウドワークスは自社サービスの利用者に向けた福利厚生として、サイバーエージェントの連結子会社で、ソーシャルメディアマーケティング事業を展開するサイバー・バズが提供するオンラインヘルスケア相談サービス「Doctors Me(ドクターズミー)」を提供するサービスを本日より開始した。 クラウドワークスに登録するユーザは、本日より同社がユーザ向けに提供する福利厚生サービス「フリーランス ライフサポート」…

20141210_drme_CrowdWorks_lp

クラウドワークスは自社サービスの利用者に向けた福利厚生として、サイバーエージェントの連結子会社で、ソーシャルメディアマーケティング事業を展開するサイバー・バズが提供するオンラインヘルスケア相談サービス「Doctors Me(ドクターズミー)」を提供するサービスを本日より開始した。

クラウドワークスに登録するユーザは、本日より同社がユーザ向けに提供する福利厚生サービス「フリーランス ライフサポート」のページを通じて「Doctors Me」への会員登録を行うことで、医師、歯科医、薬剤師、介護福祉士、栄養士、獣医、心理カウンセラーの7つの士業・専門従事者に対し、回数無制限で相談を行うことが可能になる。

20141210_drme_CrowdWorks

「Doctors Me」のサービスはPC・スマートフォン等の端末を通じて提供され、利用料金は初月無料、翌月以降は税抜月額300円の定額課金で利用できる。

クラウドワークスとサイバー・バズは業務提携しており、士業・専門職領域におけるクラウドソーシングのサービス強化を発表していた。

----------[AD]----------

クラウドワークスが健康Q&Aサービス「Doctors Me」を提供するサイバー・バズと業務提携、薬剤師・獣医・歯科医など士業領域を強化

SHARE:

クラウドワークスは、サイバーエージェントの子会社で、健康Q&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」を展開するサイバー・バズと業務提携し、士業・専門職領域におけるクラウドソーシングのサービス強化の取り組みをすると発表した。 サイバー・バズと業務提携により、同社の健康Q&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に登録する歯科医・薬剤師・介護福祉士・栄養士・獣医・カウ…

クラウドワークスは、サイバーエージェントの子会社で、健康Q&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」を展開するサイバー・バズと業務提携し、士業・専門職領域におけるクラウドソーシングのサービス強化の取り組みをすると発表した。

サイバー・バズと業務提携により、同社の健康Q&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に登録する歯科医・薬剤師・介護福祉士・栄養士・獣医・カウンセラーなどの士業・専門職従事者と、クラウドワークスのクライアントとのマッチング機会を提供するサービス連携を開始する。

「Doctors Me(ドクターズミー)」は9月2日にサービスをリニューアルしており、3日にはサイト内で相談できる職種が7種に増えたことを発表している。今回の業務提携を通じて、クラウドワークスはヘルスケアを中心にした専門分野の知識が求められるウェブサービスやスマホアプリの監修、コンテンツ制作等のニーズに対応していくという。

「Doctors Me」は、以前クラウドソーシングサービスのランサーズとも7月に提携している。今回、クラウドワークスとも提携したことにより、両プラットフォームから専門家への相談が可能となった。

crowdworks doctors me

----------[AD]----------

ランサーズが医療Q&Aサイト「Doctors Me」と提携、200人の医師がクラウドソーシングの活用を開始

SHARE:

クラウドソーシングサービスを運営するランサーズが、サイバー・バズと医療分野での業務提携を発表した。 サイバー・バスは医師200人が登録している医療(ヘルスケア)Q&Aサイト「Doctors Me」を運営している。今回の提携により、「Doctors Me(ドクターズミー)」に登録している医師が、ランサーズにも個々のスキルを登録することになる。子育てや、介護で休職している医師に対して、クラウ…

Doctors Me

クラウドソーシングサービスを運営するランサーズが、サイバー・バズと医療分野での業務提携を発表した

サイバー・バスは医師200人が登録している医療(ヘルスケア)Q&Aサイト「Doctors Me」を運営している。今回の提携により、「Doctors Me(ドクターズミー)」に登録している医師が、ランサーズにも個々のスキルを登録することになる。子育てや、介護で休職している医師に対して、クラウドソーシングを通じてスキルを活かす機会を提供することが狙いだ。

「Doctors Me」と「ランサーズ」が提携することにより、ランサーズに登録する約87,000の企業(発注者)が、医療関連のライティングなど、高度な医療知識を必要とする仕事の相談を、医師200人に対してクラウドソーシングで行うことができるようになる。

専門家がクラウドソーシングに参加することにより、今後ランサーズでは、ヘルス関連のコンテンツのライティングなど、高い専門性が求められる仕事の受発注を引き受けることが可能となる。ライティングにおいて専門知識は非常に重要なもの。コンテンツの需要が増していく中で、こうした組み方は他にも可能性がありそうだ。

----------[AD]----------