BRIDGE

タグ Duriana

シンガポール拠点のフリマアプリ「Carousell」、マレーシアの同業「Duriana」を買収——東南アジアのC2C市場寡占を強化

SHARE:

シンガポールの P2P マーケットプレイス Carousell は、マレーシアのモバイルクラシファイド市場における最大手を目指す戦略の一環として、マレーシアを拠点にモバイルクラシファイド事業を行うスタートアップの Duriana を買収したことを本日(1月5日)発表した。 <関連記事> BEENOS出資先の東南アジアのフリマアプリ「Duriana」が約3億円の資金調達 モバイル位置情報ベースのP2…

Image Credit: Carousell
Image Credit: Carousell

シンガポールの P2P マーケットプレイス Carousell は、マレーシアのモバイルクラシファイド市場における最大手を目指す戦略の一環として、マレーシアを拠点にモバイルクラシファイド事業を行うスタートアップの Duriana を買収したことを本日(1月5日)発表した。

<関連記事>

買収後、Duriana のユーザは Carousell のプラットフォームへ移ることになり、より大きなグローバルコミュニティ内でこれまでのようにオンラインで商品を売買することができる。

Duriana 側の共同設立者らは同社を去るようだ。共同設立者で CEO を務める Saeed Gouda 氏は声明でこう語った。

また新たな冒険を追い求めるのが楽しみです。Duriana をこのステージまで持ってこれたことを私たちは誇りに思っています。

シリーズ B ラウンドで3,500万米ドルを調達してから6ヶ月足らずで、Carousell が買収を発表するのは9月の Watch Over Me 買収、10月の Caarly 買収に続き今回で3度目となった。

<関連記事>

この買収により、Carousell は Duriana がマレーシア市場に持つ60万ユーザを手に入れるチャンスを得たことはもちろんだが、それだけでなくフィリピン市場をも手中に収めることになるようだ。図らずも Duriana が同市場にも強固な基盤を持っているからだ。

Duriana

Carousell の共同設立者で CEO を務める Quek Siu Rui 氏は次のように説明している。

今回の買収によって、当社の国際的な成長は加速し、500万以上のリスティングを掲載するマレーシア最大のモバイルクラシファイドマーケットプレイスとして、その地位は強固なものになるでしょう。

フィリピン市場では、他のどの市場よりも早く50万リスティングに達しました。同市場での強固な成長を足場として、公式ローンチからわずか4ヶ月ほどで Carousell はフィリピンのモバイルクラシファイド業界におけるトップ企業へと押し上げられるでしょう。

2012年8月のローンチ以来、Carousell は7ヶ国19都市に拡大し、最近では香港、フィリピン、オーストラリアにも参入している。同社発表によると、2016年第4四半期でリスティング数は5,700万件以上、取引されたアイテム数は2,300万以上だという。

また、マレーシアでは2016年第4四半期でおよそ200万のアイテムが取引され、フィリピンでは2016年第4四半期の取引数は前期比で80%以上増加したと発表している。

【via e27】 @E27co

【原文】

BEENOS出資先の東南アジアのフリマアプリ「Duriana」が約3億円の資金調達

SHARE:

BEENOSの投資先でマレーシア・フィリピンにてスマートフォンフリマアプリ「Duriana(ドゥリアナ)」を展開するDuriana Internetが、BEENOSと既存株主、オーストリア・シンガポールを拠点とするベンチャーキャピタルのAlps Venturesらから総額約250万米ドル(約3億円)の資金調達を実施した。 今回の出資によりBEENOSはDurianaの10%以上のシェアを保有する。…

Duriana

BEENOSの投資先でマレーシア・フィリピンにてスマートフォンフリマアプリ「Duriana(ドゥリアナ)」を展開するDuriana Internetが、BEENOSと既存株主、オーストリア・シンガポールを拠点とするベンチャーキャピタルのAlps Venturesらから総額約250万米ドル(約3億円)の資金調達を実施した。

今回の出資によりBEENOSはDurianaの10%以上のシェアを保有する。BEENOSは日本のフリマアプリ「Fril(フリル)」を展開するFablicに対し、創業期の2012年8月に出資を行っている。

「Duriana」は現在、商品数が60万点を超える規模のフリマアプリ。エスクロー決済システムである「Duriana安心決済(Duriana Safe Payments)」を開発し、アプリ上での安全な決済を提供している。

モバイル位置情報ベースのP2Pマーケットプレイスアプリ「Duriana」が登場

SHARE:

新しいモバイルロケーションベースP2Pマーケットプレイスアプリが登場した。東南アジアの果物の王様ドリアンから名付けられたDurianaが、iOSとAndroid向けに先日公開された。 Durianaが最初に設立されたのは2013年10月で、シンガポールとウィーンにオフィスを構えるインキュベータのAlps Venturesと、Rocket Internetラテンアメリカの元マネージングディレクターで…

Duriana

新しいモバイルロケーションベースP2Pマーケットプレイスアプリが登場した。東南アジアの果物の王様ドリアンから名付けられたDurianaが、iOSAndroid向けに先日公開された。

Durianaが最初に設立されたのは2013年10月で、シンガポールとウィーンにオフィスを構えるインキュベータのAlps Venturesと、Rocket Internetラテンアメリカの元マネージングディレクターであるCamilo Paredes氏とAmanda Ernst氏が共同で始めた。

一般公開に先駆けて、Durianaは3週間のベータテストの期間を設け、同プラットフォーム上に売り手を招いてアイテムを掲載してもらっている。Ernst氏は同アプリで買うことができる品物の数については公表してくれなかったが、e27に対して「私たちは公式にローンチしましたが、まだ製品の改善に努めています。ユーザはこうした改善をご覧になるでしょう。」と語った。

モバイルベースのマーケットプレイスなので、同アプリはすぐ近くにあるアイテムを表示し、売り手と買い手との間ですぐにコミュニケーションをとることができる。直接登録しなくても、FacebookやTwitterを通じてログインすることも可能だ。

The_Duriana_Team

競合?Carousellはどうか?

Ernst氏は、

「4月に設計を始めた際、チームメンバーはもう1つのローカルP2PモバイルベースマーケットプレイスアプリであるCarousellの存在に気づいていませんでした。」

と言う。

さらにErnst氏は、

「私たちはまだスタートしたばかりであると認識しています。これは美をもたらすと共にチャレンジももたらします。私たちは品質とニッチ分野にフォーカスし、全ての市場が持つ流動性の問題を解決すべく当社のサービスを提供することでユーザの皆様に喜んでいただけたらと思っています。」

と述べた。

また、Durianaはしばらくは他の地域に拡大することはしない。Ernst氏によれば、チームはフォーカスすることを信じ、1度に1つのマーケットに取り組むとのことだ。

【原文】