THE BRIDGE

タグ FlixBus

ドイツで進化型バスサービス提供のFlixBus、評価額20億米ドル超で5億3,100万米ドルを調達——AIモビリティ基盤に相乗りオプションを追加

SHARE:

ドイツの FlixMobility がベンチャーキャピタルラウンドで5億3,100万米ドルを調達し、これによって同社の評価額が20億米ドルを超えたと報じられた。 同社は18日のプレスリリースで大規模な資金調達ラウンドを行ったと発表したが、額は明らかにしなかった。しかしながら情報筋がロイターに述べたところでは、その額は5億3,100万米ドルであり、これは今年のドイツ企業の中では群を抜いて最大のもので…

左から:FlixBus 共同創業者 Daniel Krauss 氏、André Schwämmlein 氏、CEO Jochen Engert 氏
Image credit: FlixMobility

ドイツの FlixMobility がベンチャーキャピタルラウンドで5億3,100万米ドルを調達し、これによって同社の評価額が20億米ドルを超えたと報じられた。

同社は18日のプレスリリースで大規模な資金調達ラウンドを行ったと発表したが、額は明らかにしなかった。しかしながら情報筋がロイターに述べたところでは、その額は5億3,100万米ドルであり、これは今年のドイツ企業の中では群を抜いて最大のものである。

同社はヨーロッパでは至るところで目にする FlixBus ネットワークでよく知られており、そのライムグリーンの車両はデータドリブンなプラットフォームと人工知能を使用してスケジューリングされた低価格な路線を提供している。最近では、同社は列車にも進出し、またバスサービスをアメリカにも拡大させている。FlixBus は今回の資金を使い FlixCars.mm というカープール(自動車の相乗り)サービスを導入し、ビジネスの領域を拡大させる計画。

声明の中で FlixMobility の CEO 兼設立者 Jochen Engert 氏はこう述べている。

2013年にドイツのスタートアップとして始まった弊社は、ヨーロッパとアメリカで数百万人の移動方法を変え続けている力強いプラットフォームになりました。

FlixMobility は交通業界のスタートアップがデータや人工知能、自動化を使い、古臭い旧式の交通サービスにディスラプションを起こしている好例である。路面電車やバスといったサービスの自由化のルールを活用し、FlixMobility は現代的な競争力を発揮している。

Image credit: FlixMobility

しかし FlixMobility だけではない。同社は運営中の国営事業者といったライバルや、国営の低価格バスサービスを買収したフランスのカープール企業 BlaBlaCar のような、スタートアップ界隈の競合と対峙している。

両社ともに拡大中のユーザベースからもたらされるデータや AI にますます頼るようになってきており、それらを路線計画、運転手と乗客のマッチング、様々な交通手段を使った旅行計画の最適化といったことに使用している。

列車やバスの路線を補完するために、FlixCar は都市間およびバスや列車の路線間で乗客を運ぶカープールという選択肢を提供すると FlixMobility は述べている。これは BlaBlaCar が提供しているカープールサービスと似たコンセプトだ。

さらに、FlixMobility は南アメリカとアジアで2020年にローンチする予定。また一方では、加盟国が競争を認めるよう求める EU の新たな規則の実施を受けて、同社は FlixTrain のサービスも拡大させている。

競争が激化している中で、資金調達のメガラウンドは間違いなく役立つだろう。このラウンドはグロースエクイティ企業の TCV と Permira が共同でリードし、長期的投資家の HV Holtzbrinck Ventures ならびに European Investment Bank からの資金も含まれていると同社は述べている。

同社は29ヶ国でサービス展開しており、2018年には4,500万人が FlixBus と FlixTrain を利用したという。従業員は1,300人である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ドイツのデータドリブン型バス会社FlixBusがアメリカでローンチ——バス移動をもう一度クールなものに

SHARE:

ドイツでローンチしてからおよそ5年、FlixBus はデータドリブン型のバスサービスをアメリカでローンチすることで、戦略的にも地理的にも最大の跳躍を行おうとしている。 同社は本日(5月15日)アメリカ南西部でサービスを開始したと発表した。今のところはロサンゼルスから運行している一連の路線である。地元住民はヨーロッパ中の道路を走っているライムグリーンとオレンジのバスの切符が買えるようになるのだ。 F…

flixbus
ドイツでローンチしてからおよそ5年、FlixBus はデータドリブン型のバスサービスをアメリカでローンチすることで、戦略的にも地理的にも最大の跳躍を行おうとしている。

同社は本日(5月15日)アメリカ南西部でサービスを開始したと発表した。今のところはロサンゼルスから運行している一連の路線である。地元住民はヨーロッパ中の道路を走っているライムグリーンとオレンジのバスの切符が買えるようになるのだ。

FlixBus USA のマネージングディレクター Pierre Gourdain 氏は同社が負っているリスクを認めながらも、アメリカにおけるバス移動を新たに作り直す機は熟したと自信を見せた。

同氏は次のように述べた。

Flixbus をローンチしてから最も時間をかけて分析してきたのは、市場です。市場が求めているかどうかを知る必要がありました。そしてその結果は驚くべきものでした。

その結果とは、Gourdain 氏によると、若い人ほど車の所有に興味が薄く、ライドシェアリングを多用する現状と自動運転車が約束された未来像をますます受け入れるようになってきているということであった。一方でカリフォルニア州北部では Apple や Google のような巨大テック企業が大規模なバスのネットワークを運営しており、従業員が快適にバスで移動できるように、また通勤途中でも仕事ができるように環境を整えている。

近いうちに、飛行機に代わる手ごろなものを求める人に向けて、FlixBus はより高い信頼性と娯楽性を持った都市間移動を提供したいと考えている。

Gourdain 氏は以下のように述べた。

新たな世代はもう運転したいとは思っていないのです。はっきりとそう聞いてきました。運転する時間は効率的ではないのです。

同社は FlixBus としてリブランドした地元のバス会社と提携し、路線決定やブランディング、マーケティング、そして切符の販売を取り扱う。FlixBus はヨーロッパの28の市場を通じて300社のバスパートナーを持っており、アメリカでは6社のパートナーと共にスタートする。

アメリカでは本日(5月15日)より乗客はロサンゼルス、ラスベガス、フェニックス、サンディエゴといった目的地間の予約を取ることができる。場合によっては切符は99セントという安価で手にすることができる。最初のローンチでは180の路線を提供するが、同社はこれを2018年末までにアメリカ西部全体で1,000まで拡大したいと考えている。

FlixBus はドイツで Jochen Engert 氏、Daniel Krauss 氏、André Schwämmlein 氏によって共同設立され、比較的昔ながらの産業に現代的な e コマースでの購入やロジスティクスをもたらすことを目標としている。今日の FlixBus は広々とした座席や車中での娯楽、Wi-Fi を備えている。問い合わせや乗り心地から収集したデータを使い、路線や停車時間、価格を決定している。また「CO2ニュートラル」チケットを販売し、購入した乗客がカーボンフットプリントをオフセットできるようにしている。

地元であるヨーロッパでは、このモデルを活用し列車サービスの展開も始めた。ヨーロッパの国々が鉄道の規制緩和を行う中でこの動きは起きている。鉄道とアメリカ進出から、同社の野望がどれだけ大きいものかは明らかだ。

共同設立者でマネージングディレクターの Engert 氏はこう述べた。

バスに乗るということのイメージを変える必要があります。過去数年間にわたってドイツとヨーロッパではそれを成し遂げました。以前はバスに乗るのは単純にダサいことでした。そしてそれが、弊社が今アメリカで挑戦していることです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ドイツで進化型のバス運行サービスを提供するFlixBus、こんどは鉄道旅行の改革を目指し「FlixTrain」をローンチ

SHARE:

ドイツの運輸会社 FlixBus は過去5年間かけて、バス旅行を再び魅力的なものにしようと取り組んできた。そんな同社が本日(3月6日)、鉄道に特化した新たなサービスをローンチすると発表した。 黄緑色が特徴の同バスは、低運賃やデジタル予約、映画や Wi-Fi などのアメニティの充実により、今やヨーロッパ地域において当たり前の存在となった。そして、親会社の FlixMobility は、 新サービス「…

heroimage_early2018_flixtrain-12-kopie_0.jpg
FlixTrain

ドイツの運輸会社 FlixBus は過去5年間かけて、バス旅行を再び魅力的なものにしようと取り組んできた。そんな同社が本日(3月6日)、鉄道に特化した新たなサービスをローンチすると発表した。

黄緑色が特徴の同バスは、低運賃やデジタル予約、映画や Wi-Fi などのアメニティの充実により、今やヨーロッパ地域において当たり前の存在となった。そして、親会社の FlixMobility は、 新サービス「FlixTrain」を立ち上げ、バス事業で培ったサービスの多くを鉄道業界に持ち込もうと模索している。

FlixBus の共同設立者でマネージングディレクターの Jochen Engert 氏は以下のように語った。

弊社は鉄道業界に注目しており、運営方法や利用客について入念に調べました。その結果、鉄道はバスの拡大版に過ぎないと確信したのです。

FlixBus は現地のバス会社と提携し、同社のスケジューリングやチケット発行システムを提供することで運営されている。また、FlixBus ブランドの付与、バスによる環境保護への貢献も果たしている。Engert 氏によると、ヨーロッパ各地の規制解除により、デジタルシステムやマーケティングに投資する資産がない小規模の会社が、次々とバス事業に参入したという。

本国ドイツにおいては鉄道システムが自由化されており、他のヨーロッパ諸国も自由化の完了、もしくは規制撤廃に向けて検討中である。同社は FlixTrain において現地の鉄道会社と提携するという、バス部門のサービスとよく似たモデルを採用する予定で、FlixBus ブランドの知名度を活かし、利用客を新たな鉄道サービスへと呼び込む狙いだ。

競争に参加しようとした民間の鉄道会社は存在します。しかし、ブランドの構築ができず、列車内を乗客で埋めることもできず、非常に苦戦していたのです。(Engert 氏)

当面の間、FlixTrain の利用はドイツのみ。正式なサービス開始は3月24日で、ルートはハンブルグ-デュッセルドルフ-ケルンとなっている。2018年の4月末までに行き先を国内28ヶ所まで増やすことを目標にしている。

この新サービスのほかに、FlixBus は年内のアメリカ進出も準備しており、西海岸が運行開始の候補地だとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------