THE BRIDGE

タグ FLUX

デジタルマーケティングの「FLUX」が2億円調達、DNXや有安伸宏氏らが出資

SHARE:

ウェブメディア向けSaaSを展開する「FLUX」は11月8日、J-KISS型新株予約権の発行による増資を公表した。引受先となったのはDNX Ventures、Archetype Ventures、個人投資家の有安伸宏氏および複数の名称非公開の個人投資家と事業会社。調達した資金は2億円。同社にとって初めての外部資金調達となる。 今回調達した資金は、既存事業である「FLUX Header Biddin…

flux.png
同社サイトより

ウェブメディア向けSaaSを展開する「FLUX」は11月8日、J-KISS型新株予約権の発行による増資を公表した。引受先となったのはDNX Ventures、Archetype Ventures、個人投資家の有安伸宏氏および複数の名称非公開の個人投資家と事業会社。調達した資金は2億円。同社にとって初めての外部資金調達となる。

今回調達した資金は、既存事業である「FLUX Header Bidding Solution」の開発、カスタマーサクセスの強化に加え、新プロダクトである「FLUX LTV Analytics」の開発に充てられる。

同社が展開する「FLUX Header Bidding Solution」は、1ユーザー毎に広告入札を最適化することで、ウェブメディアの広告収益を最大化するシステム。今年の1月に正式にリリースし、最大手パブリッシャーを中心に契約ドメイン数100以上を達成している。同社の説明によれば、米国では既に大手メディアの80%が導入しており、日本でも今後飛躍的な市場拡大が見込まれるとしている。

また、既存事業で得られるビッグデータをを用いて、購買における各ユーザーのLTV(顧客生涯価値)を推定する「FLUX LTV Analytics」を開発中。「FLUX LTV Analytics」では、導入企業のデータとFLUXの保有データを統計と機械学習で処理し、限られたデータセットでユーザー毎のLTVを予測。分析したLTVセグメントや解約見込み率に応じたマーケティングコミュニケーションの出し分けや、高LTVの見込みユーザーをターゲティングした広告出稿などが可能となるという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

価格・機能・デザインを追求した、漕がなくても高速で走る「Eバイク」自転車が登場

SHARE:

今、世界中の自転車メーカーが注目している「Eバイク」と呼ばれる自転車に走行を補助してくれるモーターを内蔵した種類のバイクがある。 日本でもパナソニック、ブリヂストン、ヤマハなどの電動自転車が普及しているが、電動アシストといって乗り手が漕がなければモーターが働かないのに対して、Eバイクは漕がなくても高速で走れるのが特徴となる。 つまり日本の法規上は原付自転車になり、ウィンカー、ナンバー、そして運転者…

20160403_flux2

今、世界中の自転車メーカーが注目している「Eバイク」と呼ばれる自転車に走行を補助してくれるモーターを内蔵した種類のバイクがある。

日本でもパナソニック、ブリヂストン、ヤマハなどの電動自転車が普及しているが、電動アシストといって乗り手が漕がなければモーターが働かないのに対して、Eバイクは漕がなくても高速で走れるのが特徴となる。

つまり日本の法規上は原付自転車になり、ウィンカー、ナンバー、そして運転者の免許が必要となってしまう…という前提のうえで、サンフランシスコのスタートアップ企業が、価格とデザインと性能のバランスを追求して開発したEバイク「FLUX」を紹介する。

FLUX は、テスラの Model S と同じバッテリーとミッド駆動モーターを搭載、最大時速40km、76kmまで走行可能、フルチャージ7セント(約8円)という仕様。

20160403_flux

ツールド・ド・フランスのロードレーサークラスで時速30~40km、日常の自転車では時速10~15km程度なので、相当スピードが出そうだ。

5つの走行モードがあり、LCD のディスプレイで速度やバッテリーを残量を表示してくれる。
搭載するパナソニックのリチウムイオンバッテリーにはUSBポートも備わり、このバッテリーからiPhoneを70回フル充電することができる。(このバッテリーをフル充電するには、3Aのチャージャーで6時間必要)

FLUX には3モデルあり、通勤など、シティ向けの Roadster(22.2kg/13A)、遠出向けの Trail(22.6kg/13A)、さらに本格的な Attack(23.5kg/17A)がある。

ちなみに、それぞれのモデルの重量は、一般的な26インチの電動自転車と比較して、すこぶる軽いというわけではない。

20160403_flux3

パワフルでスムーズな Bofeili の250wのミッド駆動モーターを搭載。Eバイクは漕がなくても高速で走れるのが特徴だ。

価格は Indiegogo のクラウドファンディング価格で、Roadster で1049ドル(約11万7千円)から。一般市場価格は1999ドル(約22万円)を予定しているため、お得感もあってか、記事執筆時点ですでに目標金額の325%を達成済み。出荷は2016年7月を予定、日本への出荷も可能だが、原付自転車扱いになってしまう。

----------[AD]----------