BRIDGE

タグ Forkwell

エンジニアのポートフォリオ公開ポータルサイト「Forkwell」が大幅リニューアル、コード解析ロボットやオンラインプロフィール機能を追加

SHARE:

エンジニアの転職支援サービスを提供する grooves(グルーヴス)は、エンジニアが自身のスキルセットや開発してきたポートフォリオを公開できるポータルサイト「Forkwell」を提供している。同社は19日、Forkwell 内のポートフォリオサービス「Forkwell Portfolio」をリニューアルし、新機能「コード解析ロボット」や「オンラインプロフィール」を追加した。 これらの機能のリリース…

エンジニアの転職支援サービスを提供する grooves(グルーヴス)は、エンジニアが自身のスキルセットや開発してきたポートフォリオを公開できるポータルサイト「Forkwell」を提供している。同社は19日、Forkwell 内のポートフォリオサービス「Forkwell Portfolio」をリニューアルし、新機能「コード解析ロボット」や「オンラインプロフィール」を追加した。

これらの機能のリリースにより、Forkwell のユーザはキャリアや経験など GitHub 連携で生成できる職務経歴だけでなく、登壇や執筆などのアウトプット、社外での活動などエンジニアとしての包括的な価値を一括管理でき、それらを公開することができるようになる。これは Forkwell にとっては、2013年6月以来の大幅リニューアルとなる。

左から:Forkwell プロダクトマネージャーの谷内祐太氏、事業部長の赤川朗氏
Image credit: Masaru Ikeda

grooves 執行役員で Forkwell 事業部長の赤川朗氏は、このタイミングでリニューアルした理由について、次のように語った。

Forkwell を作って6〜7年、正直なところ、エンジニアにいかにいい転職をしてもらえるかということを考え、リソースを割いてきた。しかし、他社サービスも現れてくる中で、それだけでは差別化要素にならない。スカウトする側の企業より、スカウトされる側のエンジニアの意見に耳を傾け、今回機能を追加した。

Forkwell が成長のティッピングポイントを迎えるきっかけとなったのは、2016年11月にリリースしたスカウトサービスだ。企業はこの機能を使って、エンジニア一人一人に対して、ダイレクトリクルーティングが行える。この種のサービスにありがちな、条件で絞り込んだグループへのメッセージ一括配信の機能は敢えて実装せず、される側のエンジニアの視点から機能改善を続けたところ、YoY(前年比ベース)でユーザ数が2倍の成長を見せることとなった。

コードロボット機能
Image credit: grooves

今回実装された機能の中で特に興味深いのは「コード解析ロボット」だ。GitHub 上の自身のアカウントと連携させると、コミットログを参照し、どのような頻度でどのようなコーディング習慣を持ったエンジニアが評価される。

コードの著作権や業務案件上のコードが GitHub に格納されていることも考慮して、今のところ、コードそのものをインポートして内容を評価しているわけではない。将来的には、このロボットをさらに高度化することで、「エンジニアが転職する際に、わざわざ職務経歴書を用意する必要がないところまで持っていきたい(赤川氏)」としている。

事業責任者として今後も YoY で2倍の成長を続けると、社長にはコミットしている。しかし、Forkwell を通じての転職者数を KPI にはしていない。企業はよいエンジニアを雇いたいと考えているが、そのためには、よいエンジニアに Forkwell を選んでもらわないといけない。エンジニアファーストなやり方でないと、伸びていかないと考えている。(赤川氏)

この話を我が身に転じてみると、THE BRIDGE がユニークユーザ数(UU)やページビュー(PV)を KPI にしていないことにも似ている。もっともそういう時期もあったが、一定の成長を経て次なるフェイズに入ったとき、別の KPI が必要になるわけだ。転職支援サービスの世界も、言うまでもなく取り扱った転職者数と紹介手数料の単純な掛け算では、成立しなくなりつつあるようだ。

Forkwell のコード分析レポート機能
Image credit: grooves
----------[AD]----------

転職支援プラットフォームのgrooves、日本政策金融公庫、NVCC、MSIVCから2.2億円を調達

SHARE:

エンジニア向けの転職支援プラットフォーム「Forkwell」の運営で知られる grooves(グルーヴス)は今日、日本政策金融公庫、日本ベンチャーキャピタル(NVCC)、三井住友海上キャピタル(MSIVC)から2.2億円を調達したと発表した。 「Forkwell」はもともと grooves の子会社である garbs(ガーブス)の事業として開始され、2011年11月にはサイバーエージェント ベンチ…

forkwell_featuredimage

エンジニア向けの転職支援プラットフォーム「Forkwell」の運営で知られる grooves(グルーヴス)は今日、日本政策金融公庫日本ベンチャーキャピタル(NVCC)三井住友海上キャピタル(MSIVC)から2.2億円を調達したと発表した。

「Forkwell」はもともと grooves の子会社である garbs(ガーブス)の事業として開始され、2011年11月にはサイバーエージェント ベンチャーズ(CAV)から(調達額非開示)、2012年4月には日本ベンチャーキャピタルから6,000万円を調達している

一般的な職種の転職希望者と転職エージェントを結ぶプラットフォームである「Crowd Agent」を garbs が、エンジニアの転職支援プラットフォームである「Forkwell」を grooves が担ってきたが、仲介ビジネス(前者)とソーシャル・ビジネス(後者)が統合できると考え、既存投資家承諾の下、今年3月に事業母体を grooves に統合。そして今回、grooves が資金調達を実現する運びとなった。

<関連記事>

crowdagent-forkwell

池見幸浩氏
grooves 代表取締役
池見幸浩氏

ところで、冒頭にある日本政策金融公庫であるが、日本で事業を営む企業の経営者であれば知らない人はいないだろうが、同庫は低利の融資は行っても投資はしないのではないか、と思うだろう。grooves 代表取締役の池見幸浩氏によれば、これは「資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)」というもので、呼称は融資ながら、無担保・無保証人で金融検査上は自己資本として計上できる投資のような性質を持っている。バリュエーションを不用意に上げたくないものの第三者から資金を調達したいスタートアップは、この制度を活用するとよいだろう。

今回調達した資金を使って、grooves ではシステム化を進めたい意向だ。Forkwell のメディアである Forkwell Jobs では、紹介される人材案件の品質を維持するために、依頼のある案件のうち43%の掲出を断っており、年内の掲出受注は年末を待たずに既に終了している。これは案件掲出の需要過多に加え、掲載内容を grooves の社員が人的に精査していることにも起因しているが、grooves ではこの精査プロセスを自動化し、掲載企業の担当者自らが登録できるようにする。

現時点で内容は明らかではないが、2015年には「Crowd Agent」「Forkwell」に加え、「新たな事業をローンチしていきたい」(池見氏)ということなので、今後の同社の動向にも注目したい。

----------[AD]----------

エンジニアのSNS「Forkwell」が大幅リニューアル、求人サイト「Forkwell Jobs」もローンチ

SHARE:

ガーブスのチームに最初に出会ったのは、2011年にシンガポールで開催された Echelon のブースでのことだ。昨年4月には Forkwell という名前のエンジニア向けSNSをローンチ、直後の 4月4日の Startup Dating Salon でこのサービスを披露してくれた。 当時、エンジニアを体系的にスキルセットでタグ付けできるのは面白いコンセプトだと思ったが、正直な所、何かが欠けていると…

forkwell_logoガーブスのチームに最初に出会ったのは、2011年にシンガポールで開催された Echelon のブースでのことだ。昨年4月には Forkwell という名前のエンジニア向けSNSをローンチ、直後の 4月4日の Startup Dating Salon でこのサービスを披露してくれた。

当時、エンジニアを体系的にスキルセットでタグ付けできるのは面白いコンセプトだと思ったが、正直な所、何かが欠けていると感じていた。それはおそらく、マネタイズの要素だ。その後、QiitaWantedlyJobShareGunosy Career(未公開)、Grrefer など、片手で足りない数の競合が次々と生まれる中、Forkwell がその存在感を維持し続けるには、もう一歩先への進化が求められていた。

そんな中、Forkwell は今日、サービスのリニューアルを実施した。加えて、メインサイトの Forkwell と連動する形で、求人/転職サイト Forkwell Jobs をローンチした。

forkwelljobs_screenshot

メインサイトでは、以前からのコンセプトを踏襲して、エンジニアが自らのスキルセットをタグ付けできるようになっている。エンジニアの情報は、Facebook に登録されたプロフィールを元に、現在勤務している会社に紐づけられる。その結果、ソフトハウス、システム開発会社、テック・スタートアップ毎に、どのような技術分野に強いエンジニアがどれだけ在籍しているかが体系的に表示される。エンジニアの視点から見たとき、「A社は Hadoop に強い会社」とか「B社は Ruby のスーパープログラマが多数在籍する会社」とかいう情報が客観的に把握できるわけだ。

メインサイトの情報は転職・求人サイト Forkwell Jobs にリンクされる。転職を考えるエンジニアは、勤務地・報酬・就労条件といった必要最低限の企業プロフィールに加え、「どのようなエンジニアと一緒に仕事ができるか」を具体的にイメージしながら、自分のキャリアパスに合った転職先を探すことが可能になる。

今回のリニューアルに至った背景を、共同創業者で代表取締役を務める池見幸浩氏は次のように語ってくれた。

昨年の7月にGitHubが1億ドルを調達したニュースを見て思ったんです。彼らが世界中から集めたユーザは300万人です。日本には国内だけで、プログラマ55万人、クリエイター12万人、合計67万人の市場があります。その30%(=約20万人)に使ってもらえるサービスにしようと思いました。

同社では Ruby コミッターの松田明氏が取締役を務め、Forkwell と Forkwell Jobs の開発は、プログラマのおおかゆか氏を筆頭に進められている。ウェブビジネスではマネタイズも大事な要素だが、それよりも、彼らの尽力によって、Forkwell と Forkwell Jobs が、圧倒的にエンジニア志向の視点でサービス設計されているのは、私が気に入っている理由の一つである。

今後の展開については、エンジニアのキャリアに対して、リファレンスの要素を組み込んでいきたいとのことだ。

欧米では、人材を採用する際、担当者が前職の会社にリファレンスを取るのは一般的です。LinkedIn などには過去の仕事関係者が recommend 文や endorse を投稿してくれる機能が備わっているものの、依然レジュメと面接に情報の多くを頼っているのが、日本の人材採用の現状です。企業がニーズに合った人材を獲得し、エンジニアが期待通りの職場に転職できるよう、リファレンスを取る文化が定着するしくみをつくっていきたい。(池見氏)

ガーブスは2011年1月に設立され、2011年11月にサイバーエージェント・ベンチャーズから(金額、シェアは非公表)、2012年4月に日本ベンチャーキャピタルから6,000万円を資金調達した。これまでに、Facebook に求人票タブを追加できる「Social Job Posting」や、エンジニアのための勉強会情報をキュレーションしてくれる iOSアプリ「IT勉強会」などをリリースしている。

----------[AD]----------