BRIDGE

タグ GoBe

まがい物と指摘されるGoBe、クラウドファンディングで100万ドルの調達が目前に【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします As more experts dispute GoBe’s “bullshit” medical claims, Indiegogo still refuses to pull its near-$1m campaign まがい物じゃないかと疑いをかけられているGoBeですが、THE BRIDGEでもこ…

Gobe01

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

As more experts dispute GoBe’s “bullshit” medical claims, Indiegogo still refuses to pull its near-$1m campaign

まがい物じゃないかと疑いをかけられているGoBeですが、THE BRIDGEでもこちらに掲載すると「まじで?」「皮膚から計測ってできるの?」という声がTwitterなどで散見され、ちょっとした話題になっておりました。

皮膚からグルコースを測定して自動的にカロリー摂取量の計算が可能となるリストバンド型デバイス「GoBe」 – DMM 3Dプリント × THE BRIDGE

追いかけているPandoDailyのライターはさらに調査を続けてえらい長い記事を掲載しておりますが、その追求に反してIndigogoは取り下げなどの態度を変えるわけでもなく、さらにこの盛り上がりに乗じてさらに追加の資金が集まっているらしく、そろそろ100万ドルが見えるところまでやってきてしまっているようです。

日本での投資型クラウドファンディングも来年あたりに始まりそうということですので、この辺りを狙ってる詐欺師たちの対策はメディア側として考えておかねばなりませんね。

Google翻訳でざっくり読む

via PandoDaily

皮膚からグルコースを測定して自動的にカロリー摂取量の計算が可能となるリストバンド型デバイス「GoBe」

SHARE:

HEALBEは、身につけるだけでカロリー摂取量を自動的に測定することができるリストバンド型のデバイス「GoBe」を開発中だ。クラウドファンディングサイトindiegogoで支援を募集しているが、既に目標の10万ドルに対し75万ドルの調達に成功している。小売価格は299.99ドルとなる見込み。 このプロダクトはまがいモノである可能性が指摘されるなど、その実現性に関しては疑問の声も上がっている。「Go…


Gobe01

HEALBEは、身につけるだけでカロリー摂取量を自動的に測定することができるリストバンド型のデバイス「GoBe」を開発中だ。クラウドファンディングサイトindiegogoで支援を募集しているが、既に目標の10万ドルに対し75万ドルの調達に成功している。小売価格は299.99ドルとなる見込み。

このプロダクトはまがいモノである可能性が指摘されるなど、その実現性に関しては疑問の声も上がっている。「GoBe」とはどのようなプロダクトなのか、詳しく見てみよう。

Gobe02

GoBeは手首に装着して皮膚からグルコース量を測定することで、カロリー摂取量を計算することができる。従来のカロリー計算アプリにあるような、商品のバーコードをスキャンしたり食事の写真を撮ったりといったことをする必要が無い。

そのため、推測ではない正確なカロリー摂取量を自動的に測定することが可能とのこと。

Gobe03

圧力センサー、インピーダンスセンサ、加速度計を搭載しており、ジョギングや水泳などの活動中の心拍数、カロリー消費量、代謝率の測定が可能。水分補給レベル、ストレスレベル、睡眠の状態を測定することもできる。

測定したデータはBluetoothで接続されたスマートフォンに送られ、アプリ上で詳細な情報を確認することが可能。健康を改善するための提案を受けることもできるとのこと。アプリはAndroidとiOSに対応している。

Gobe04

デザインはMotorola V70の設計チームを率いたプロダクトデザイナー、Jozeph Forakis氏が担当。ディスプレイ部分には時間の他に、カロリー摂取量や消費量、血圧や心拍数といった取得したデータを表示することができる。

防水のためシャワーを浴びる間や水泳中でも使用可能だ。USB経由での充電に対応しており、1時間の充電で3日間の利用ができるとのこと。indiegogoのキャンペーンでは現在199ドルで購入可能となる見込み。2014年6月に入手可能となる予定だ。

冒頭で述べたまがい物の可能性を指摘した記事を、こちらで紹介している。


クラウドファンディングで73万ドルを集めた「魔法の健康デバイス」、まがい物の可能性を指摘される【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします On Indiegogo, a miracle health device crowdfunds $730k. One problem: it might be total bullshit 「着けるだけ大丈夫!あなたの消費カロリーが分かります!」 まるで深夜のショッピングチャンネルのようなうたい文句です…

Healbe_GoBe__The_Only_Way_to_Automatically_Measure_Calorie_Intake___Indiegogo

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

On Indiegogo, a miracle health device crowdfunds $730k. One problem: it might be total bullshit

「着けるだけ大丈夫!あなたの消費カロリーが分かります!」

まるで深夜のショッピングチャンネルのようなうたい文句ですが、こちらのウェアラブル健康デバイスのGoBe、クラウドファンディングのIndiegogoで73万ドルの集金に成功してなかなかの好評を得ているようです。

ただしPadoDailyはここに疑問の目、というよりは「これまがい物じゃね?」という論調で長々と書いております。

なかなかどうしてこのライターさん、かなり執拗に取材したらしく、PRを請け負ったエージェンシーから関わったデザイナーなどの関係者までインタビューしまくり、ついにCESに出展してたはずなのにどこにもそんな記述ないよ、主要メンバーの二人を捕まえてスカイプ取材、そして画面に映るデバイスはモックアップじゃないかと、いや、斜め読みでも時間かかります。

どうでしょうか、クラウドファンディングでこういったベイパーウェア(特にハードウェア)の類は動いてるかどうか分からないのでなかなか見分けがつきません。国内でもあるデバイスについてはこのような検証記事を書いたりしましたが、最初からだますつもりならまだしも、そうじゃない真剣なスタートアップの場合はどうやって検証し、不正を防ぐべきか、この辺りはメディアの役割が大きくなりそうです。

ということで私たちも国産ハードウェア系スタートアップの監視、もとい取材を続けたいと思います。

Google翻訳でざっくり読む

via PandoDaily