クラウドファンディングで73万ドルを集めた「魔法の健康デバイス」、まがい物の可能性を指摘される【ピックアップ】

SHARE:

Healbe_GoBe__The_Only_Way_to_Automatically_Measure_Calorie_Intake___Indiegogo

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

On Indiegogo, a miracle health device crowdfunds $730k. One problem: it might be total bullshit

「着けるだけ大丈夫!あなたの消費カロリーが分かります!」

まるで深夜のショッピングチャンネルのようなうたい文句ですが、こちらのウェアラブル健康デバイスのGoBe、クラウドファンディングのIndiegogoで73万ドルの集金に成功してなかなかの好評を得ているようです。

ただしPadoDailyはここに疑問の目、というよりは「これまがい物じゃね?」という論調で長々と書いております。

なかなかどうしてこのライターさん、かなり執拗に取材したらしく、PRを請け負ったエージェンシーから関わったデザイナーなどの関係者までインタビューしまくり、ついにCESに出展してたはずなのにどこにもそんな記述ないよ、主要メンバーの二人を捕まえてスカイプ取材、そして画面に映るデバイスはモックアップじゃないかと、いや、斜め読みでも時間かかります。

どうでしょうか、クラウドファンディングでこういったベイパーウェア(特にハードウェア)の類は動いてるかどうか分からないのでなかなか見分けがつきません。国内でもあるデバイスについてはこのような検証記事を書いたりしましたが、最初からだますつもりならまだしも、そうじゃない真剣なスタートアップの場合はどうやって検証し、不正を防ぐべきか、この辺りはメディアの役割が大きくなりそうです。

ということで私たちも国産ハードウェア系スタートアップの監視、もとい取材を続けたいと思います。

Google翻訳でざっくり読む

via PandoDaily