THE BRIDGE

タグ Imagine Cup

Microsoftの学生アプリコンテスト「Imagine Cup」で、鳥羽商船高専のCuddly Connectが世界決勝出場へ

SHARE:

Imagine Cup は、マイクロソフトが国際競争力の豊かな学生を育てることを狙いとして、年に一度開催しているグローバルなコンペティション・イベントだ。昨年は、その世界大会がロシアのサンクトペテルブルクで開催され、日本からは「Project N」が出場したのをお伝えした。 シアトルで開催される今年の Imagine Cup では、日本代表として鳥羽商船高専の Cuddly Connect(チーム…

cuddly-connect-team-group-pic

Imagine Cup は、マイクロソフトが国際競争力の豊かな学生を育てることを狙いとして、年に一度開催しているグローバルなコンペティション・イベントだ。昨年は、その世界大会がロシアのサンクトペテルブルクで開催され、日本からは「Project N」が出場したのをお伝えした。

シアトルで開催される今年の Imagine Cup では、日本代表として鳥羽商船高専の Cuddly Connect(チーム名:かぞくぐるみ)が選抜され、シアトルで開かれる世界決勝に向け、このチームの壮行会が、日本マイクロソフト社長の樋口泰行氏や、慶応大学大学院教授で日本マイクロソフト元会長の古川享氏を交えて催された。

cuddly-connect-1

Cuddly Connect は、ぬいぐるみをインタフェースにした遠隔コミュニケーション・システムだ。核家族化が進み、祖父母が遠方に離れて住む孫になかなか会えない、共働きで忙しい両親が幼い子供をケアできない問題を ICT で解決することを目的に開発された。

祖母や両親は、Kinect のジェスチャ・センサーやタブレットPCを用いて、音声や動画のみならず、子供が使う「ぬいぐるみロボット」を操作することができる。ぬいぐるみロボットには、二足歩行ロボット(ロボアクター)、Web カメラ、スピーカー、マイクが仕込まれており、これらをロボット内蔵の .NET MicroFramework 対応のマイコンで制御する。世界的にも注目を集める IoT 分野の作品だけに、世界決勝でどのような評価が得られるか楽しみだ。

なお、世界決勝は太平洋標準時間の8月1日(金)朝8時30分から(日本時間では、8月2日(土)の午前1時30分から)開催され、その様子はこのページでライブストリーム配信される予定だ。彼らの奮闘ぶりをぜひチェックしてみてほしい。

cuddly-connect-team-before-cake
Cuddly Connectを開発した、チーム「かぞくぐるみ」のメンバー。
左から、宮村騎久也氏、Palin Choviwatana氏、濱口堅太氏
----------[AD]----------

Microsoftの国際学生アプリコンテスト「Imagine Cup」が、日本からの出場チームを募集中

SHARE:

Imagine Cup は、マイクロソフトが国際競争力の学生を育てることを狙いとして、年に一度開催しているグローバルなコンペティション・イベントだ。昨年は、その世界大会がロシアのサンクトペテルブルクで開催され、日本からは「Project N」が出場したのをお伝えした。 Imagine Cup は今年も開催される。その日本予選(Digital Youth Award)を一ヶ月後に控え、出場チームの募…

Imagine-Cup-2013
昨年の Imagine Cup(ロシア・サンクトペテルブルグ)での優勝者表彰。

Imagine Cup は、マイクロソフトが国際競争力の学生を育てることを狙いとして、年に一度開催しているグローバルなコンペティション・イベントだ。昨年は、その世界大会がロシアのサンクトペテルブルクで開催され、日本からは「Project N」が出場したのをお伝えした

Imagine Cup は今年も開催される。その日本予選(Digital Youth Award)を一ヶ月後に控え、出場チームの募集締切が3月10日に迫った。今年のテーマは「だれかをハッピーにするタブレットアプリ」で、グランプリ受賞者には賞金10万円のほか、Microsoft アメリカ本社への訪問や、Imagine Cup 世界大会(今年は、アメリカ・シアトル)への出場権が贈呈される。

世界各国から優秀チームが一堂に会するその雰囲気は、IT学生のオリンピックと呼んでも過言ではないだろう。もともとは開発スキルを研鑽するためのイベントだが、これまでの各国選出の受賞作を見てみると、どれもスタートアップとして出資を募ってもよいレベルのものばかりだ。

昨年、この Imagine Cup にゲーム開発環境 Knowall Library 5.0 で参戦した、京都出身の「Project N」の2人がインタビューに答えているので、そのビデオを紹介しておく。彼らに続く若武者に出会えるのを楽しみにしている。

----------[AD]----------

ロシア・サンクトペテルブルクで開催中のImagine Cupで、日本選出チーム「Project N」が躍進中

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Imagine Cup は、マイクロソフトが国際競争力の豊かな学生を育てることを狙いとして、年に一度開催しているグローバルなコンペティション・イベントだ。その世界大会がロシアのサンクトペテルブルクで開催されている。世界71カ国からファイナリストが集まり、5つのカテゴリで世界トップの座を狙って凌ぎを削っている。優勝者が…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

russia-imagine-cup-2013-logo

Imagine Cup は、マイクロソフトが国際競争力の豊かな学生を育てることを狙いとして、年に一度開催しているグローバルなコンペティション・イベントだ。その世界大会がロシアのサンクトペテルブルクで開催されている。世界71カ国からファイナリストが集まり、5つのカテゴリで世界トップの座を狙って凌ぎを削っている。優勝者が決まるのは7月11日(木)の深夜(日本時間)となる予定だ。(このページでライブ中継される予定。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
会場のサインボード前でポーズを決める、
Project N の Chester Lee Chin Zhen 氏と米山哲平氏(写真提供:Microsoft)

日本からは、この国で最古のコンピュータ専門学校、京都コンピュータ学院の米山哲平氏と Chester Lee Chin Zhen 氏の二人で構成される Project N が、Knowall Library 5.0 という作品でコンペティションに挑んでいる。Knowall Library は開発に4年間を費やした一連のゲーム開発環境で、この環境を使うことでゲーム開発者は2Dや3Dのゲーム作品を比較的容易に開発することができる。既に彼らや彼らの仲間は、このゲーム開発環境を使って複数のゲームタイトルを開発しており、市販の開発環境と同じくらい洗練された機能を備えているとして評価が高い。

以下のビデオは米山氏の出身校でのプレゼンテーションを収録したものだ。日本語のプレゼンテーションだが、彼の作品がどのように動作するのかを理解できるだろう。Imagine Cup でゲーム開発環境がファイナリスト作品に選ばれることは珍しいとのことで、彼のチームが世界大会で優秀な成績を勝ち取ることを期待したい。

 

----------[AD]----------