BRIDGE

タグ InstaVR

AWS コミュニティの「父」小島英揮氏が InstaVR に CMO として参画ーー利用ユーザー数は1万社を突破

SHARE:

世界的な AWS コミュニティを立ち上げた人物が次に選んだのは仮想空間だった。 VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)体験をウェブベースでインスタントに作成、配信、分析できるツール「InstaVR」は1月19日、アマゾンウェブサービスジャパンでマーケティング本部長を務めていた小島英揮氏を CMO(最高マーケティング責任者)として招聘したことを発表した。着任は2017年1月からで、今後、小…

世界的な AWS コミュニティを立ち上げた人物が次に選んだのは仮想空間だった。

VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)体験をウェブベースでインスタントに作成、配信、分析できるツール「InstaVR」は1月19日、アマゾンウェブサービスジャパンでマーケティング本部長を務めていた小島英揮氏を CMO(最高マーケティング責任者)として招聘したことを発表した。着任は2017年1月からで、今後、小島氏を中心に InstaVR のユーザーグループを構築すると共に、テキサス州オースティンで開催予定のイベント「SXSW2017」にてキックオフイベントを開催する。また同社は今回の発表に合わせ、InstaVR の利用社数が2017年1月時点で1万社を突破したことも伝えている。

小島氏は PFU やアドビなどのマーケティング畑を歩んだ後、アマゾンウェブサービスジャパンの1人目の社員として入社。AWS のユーザーグループ「JAWS-UG(Japan Amazon Web Service User Group)」の生みの親として知られる人物。同氏のコミュニティを活用したマーケティング手法はこのユーザーグループの成功によって多方面に影響を与えている。

2016年9月にアマゾンウェブサービスジャパンを退社した後は個人として CMC(Community Marketing Community)を主催し、ナレッジの共有をしつつ、複数社のアドバイザとして活動していた。なお、小島氏によれば、今後も InstaVR 以外の活動は継続するそうだ。小島氏は今回の参加についてこのようにコメントをくれた。

「『〈インターネット〉の次に来るもの(※)』って読まれました?実は私の考え方はこれに近いんですよね。クラウドが生まれて様々なものを飲み込んでいき、ここをベースにこれまでできなかったことができるようになりました。AI(人工知能)、IoT(Internet of Things)、そして VR 。人の行動様式が変わる、そのタイミングで可能であればそれに関わりたいと考えていたんです。ただ、VR については足跡が乏しく、土地勘がなかったので半ば諦めていたのですが、たまたま 國光(宏尚氏、gumi 代表取締役)さんから話があったんです。そこで芳賀(洋行氏、InstaVR 代表取締役)さんを紹介された、というのが経緯です」(小島氏)。

当初、コミュニティ作りだけに関わるつもりだった小島氏も、芳賀氏との熱量のある会話からより深く InstaVR に関わることを決心し、同社のアライアンスやセールスサポートなどの面もみることにしたという。

「一部の人に閉じこもっている VR の世界を民主化するいいツールだと思ったんです」ーーVR 以外にも IoT やコマース、ペイメントなど複数社のアドバイスに引き続き関与し、これまで得た知見を成長見込める、そして世の中を変えてくれる企業に提供したいと語っていた。

※WIREDの創刊編集長ケヴィン・ケリー著「〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則」

未来の新築マンションがリアルに内覧できる「InstaVR」、グリーベンチャーズ等から総額約2億円の調達

SHARE:

360度コンテンツを制作、配信、解析までできるオーサリングツール「InstaVR」は8月24日、グリーベンチャーズをリードとする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は総額約2億円で、同ラウンドにコロプラ子会社のファンド、Colopl VR Fundも参加している。割当株式の比率や払込日などの詳細は非公開。同社はVR・ARのアクセラレーションプログラム「Tokyo VR Startups…

360度コンテンツを制作、配信、解析までできるオーサリングツール「InstaVR」は8月24日、グリーベンチャーズをリードとする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は総額約2億円で、同ラウンドにコロプラ子会社のファンド、Colopl VR Fundも参加している。割当株式の比率や払込日などの詳細は非公開。同社はVR・ARのアクセラレーションプログラム「Tokyo VR Startups」の第1期生。

InstaVRはウェブベースの360度コンテンツ制作ツール。例えば建設予定のマンションなどの内覧風景をイメージ動画、全天球(360度)画像素材などを組合せて制作することができる。途中にクリックするとYouTube動画を再生したり、次のシーンや場所に「ワープ」するようなリンク、その他のコール・トゥ・アクションなどを設定することもでき、よりインタラクティブな素材制作を可能にしている。

作成したコンテンツは独自プレーヤーで再生可能なアプリとして出力、iOSやAndroidといったスマートデバイスOS、GearVRに対応している。また下記例のようにウェブに埋め込むこともできる。(クリックすると左右に移動可能)


また、特徴的な機能としてヒートマップ解析に対応しており、ユーザーが「どこを見たか」というVR体験ならではの測定ポイントを解析することで、より的確なクリックリンクの配置や、次期コンテンツ制作における検証を可能としている。

image

InstaVRは2016年1月のリリース以来、現在までに全世界100カ国、1800社で利用されており、スミソニアン博物館のような観光産業や建築、マーケティング目的のコンテンツ制作会社、広告代理店など幅広い業種で導入が進んでいる。

InstaVRは代表取締役の芳賀洋行氏が2015年12月に創業。3DオーサリングツールのAutodeskやグリーなどの第一線で技術者として活躍してきた同氏が、2014年に開発したフリーツールが元となっている。

「ツールがダウンロードされるに従い、VRコンテンツを受託したけど開発が難しいので手伝ってくれという話が舞い込むようになりました。当時はエクセルを叩いたらVRコンテンツを作れるようなサービスで、そういったノウハウをこのInstaVRに全て盛り込んでいます」(芳賀氏)。

vr-landscape-july

VRやARの業界ランドスケープの一角を占めるのがオーサリングツールだ。

制作のプラットフォームとしては高性能カメラからスティッチング(360度素材のつなぎ合わせ)、配信まで垂直統合的に提供する「Jaunt」や「NextVR」などのハイエンドタイプ、下記の記事で紹介しているMarxentのように3Dオブジェクトを多用するタイプなどがあるが、InstaVRのように軽めのコンテンツをウェブ上で組合せて制作、配信までできるツールで思い当たるものはない。

VR(仮想現実)で注目したい「ビジュアル・コマース」という用途

InstaVRの有償版の利用料金は月額199ドル。同社は調達した資金を元に開発を進め、年内に1万社への導入を目指すとしている。