THE BRIDGE

タグ ivs spring workshop

やりたいことを見つける方法、続ける方法、そして成功とは #ivs

SHARE:

「1年間アメリカに留学してました。今、ひとつ後悔してることは大学生の間に起業を経験しておけばよかったってことです。だからこれから入社する会社でそれをやろうって。与えられたなかで結果を出すことで次を見つけたいんです」。(古屋託さん) 社会人としてデビューする20代という時期はみるものすべてが新しく、多くのことに新鮮な気持ちで取り組める時期だと思う。年代が進むと、薬にも毒にもなる「経験」というものが体…

4月から広告代理店で新規事業に取り組む成城大学4年生の古屋託さん。彼もまたやりたいことを探して旅に出る一人だ。

「1年間アメリカに留学してました。今、ひとつ後悔してることは大学生の間に起業を経験しておけばよかったってことです。だからこれから入社する会社でそれをやろうって。与えられたなかで結果を出すことで次を見つけたいんです」。(古屋託さん)

社会人としてデビューする20代という時期はみるものすべてが新しく、多くのことに新鮮な気持ちで取り組める時期だと思う。年代が進むと、薬にも毒にもなる「経験」というものが体内に貯まってくる。

この多感な時期に悩むのが「自分のやりたいこと」だろう。

起業家という人種に多くふれると、彼らがやりたいこと見つけ、人からそれをやってほしいと望まれ、そしてそれができる人材であることに気がつく。時代というトレンドもあるので、すべてをピッタリと重ね合わせることは難しい。

スタートアップが稀有と呼ばれる所以だ。

湘南藤沢キャンパスで恒例となったワークショップイベント「IVSワークショップスプリング」のセッションでもこの話題は取り上げられた。

やりたいことはどうやったら見つけられるのか。しばし先を行く先輩たちの言葉に耳を傾けてみよう。

※登壇したのはヒューマン・ライツ・ウォッチ アソシエイト趙正美氏、リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンター加藤史子氏、立命館大学準教授の琴坂将広氏。モデレートはインフィニティ・ベンチャーズLLP共同代表パートナーの小林雅氏が務めた。

起業家からマッキンゼー、そして研究者という人生を歩む琴坂将広氏は「31歳までに人生に必要なピースを埋めていった」と語る。

どうやってやりたいことを見つけるかーー簡単なようで深いこの問いに対しては、小林氏の「様々なことに関心を持つ」ということが簡潔な答えになると思う。

ただ、すぐにそれが自分にとっての正解かはわからない。琴平氏も「自分を知っている他者を大切にしながら10年スパンで新しいものを見つけていく」と話していたように、自分にしっくりくる解にたどり着くまでにある程度の時間がかかるのは自分ごととしても納得がいく。

だからこそ「常に刺激を受ける体験をどうやって作るか」(小林氏)という方法論を自分なりに見つけておくということが大切になってくる。

趙正美氏は在日2.5世として生まれ、アメリカ留学時にパスポート発給を拒否された経緯から国連でボランティアを経験。電通での14年の勤務を経て、2012年から国際人権NGOのヒューマン・ライツ・ウォッチに参加。

では、自分のやりたいこと、もしくはそれに関することに出会ったらその熱意をどう保ち続ければよいだろうか。趙氏は大手広告代理店での激務でやはり自分のやりたいと思っていた難民支援というテーマを忘れそうになったという。

「難民のことやりたいと思っても日々の業務が忙しくて忘れてしまうんですね。だから情報を定期的にインプットしてました。月に2回は情報を読むとか。それと人々に伝えておくと、興味ある?って人がつないでくて縁ができる」(趙氏)。

また、加藤氏は人生は長いと語る。

「学生の時って人生を「生き急ぐ」というか、興味あるからすぐとりかからなきゃって思う。でも人生80歳ぐらいまで生きるんだから、あきらめないでずっとしまっといてもいい。やめなければその時はくるんじゃないかな」(加藤氏)。

やりたいことをやって、もちろん人はそれが上手くいくことを望むだろう。こういうセッションを見ていて、登壇者と会場の学生たちの間に感じられる溝のような感情だ。

じゃらんnetを入社2年目で立ち上げたリクルートライフスタイルの加藤史子氏は「5教科学んだぐらいで人生の方向を決められる訳がない」と語る。

では成功とはなんだろうか?

加藤氏のこの発言がひとつヒントになるかもしれない。

「SFCって学生時代から起業する人も多くて、ある種の課題感は持ってました。自分はこういうことに適性があるからこういう価値を作りたいとか。でも、起業したいとか「ひとかどの人」になりたいとかそういうのは思ったことがないんです。社会に価値を提供するために’、(入社した)会社のリソースをどう活用できるか、そういうことを考えていました。

また若ければできる、というものでもないです。大学卒業時期には男子学生と同じと野心に燃えてるわけです。でも、28歳ぐらいになると「これでいいんだっけ?」って思うようになって夢が小さくなった。でも、気持ちを持ち続けていれば何度でもチャンスはやってきます。だから若いときにスタートアップで成功しなくても、どうしたいのかっていうのを持ち続ければ世に出る機会はやってくるんです」(加藤氏)。

失敗というものがもしあるとしたら、私はそれを諦めて、なおかつ将来に何も役立つものを残さないことだと思っている。つまり時間の無駄、人生を無駄に使うことこそ「失敗」と表現していい。

3人(モデレーターの小林氏も語ってたので実質4人)がずっと壇上で話していたのは、やり続けることの方法、それによって自分たちが今、どの場所にいるかという体験談だったように思う。

多くの学生が質問に手を挙げていた。

では最後に、これから新入社員として社会に出る人もいるということで、「つまらない仕事」にどう向き合うかという話もひとつ追加しておこう。

「学生の時って万能感とかあるんですよね。その感覚で(大きな企業の)利益創造システムの一部にさせられるのでよくわからないんですよね。でも1年ぐらいやってると(そのシステムの)全貌が見えてくる。そうすると(自分がなぜその仕事をやっているか分かるので)楽しくなってくる」(加藤氏)。

人は理解できないモノやコトを嫌う。でも、理解する努力を一つずつ積み上げていくと、彼らのようにぱっと目の前が開けるタイミングがあるように思う。それを経験した人は、その楽しさをもう一度味わいたいと思って次にいく。

そういうものなんじゃないのかな、と今回のセッションを聞きながら自分も振り返っていた。

----------[AD]----------

起業家(志望)の方、またまた話聞かせくださいーー学生向け「IVS春ワークショップ」3月28日開催 #IVS

SHARE:

今年もまた起業意欲ある若手向けにIVSワークショップ(春)が開催される。招待制カンファレンス「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット」の内容を学生向けにアレンジしたもので、今回から学生は中学生から、上は1985年生まれ以降であれば社会人でも参加ができる。(但し審査あり) 参加予定者数は500名ほどで、私も当日メディア協力で伺う予定だ。詳しいタイムテーブルや参加方法はこちらのページを確認してほしい。…

今年もまた起業意欲ある若手向けにIVSワークショップ(春)が開催される。招待制カンファレンス「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット」の内容を学生向けにアレンジしたもので、今回から学生は中学生から、上は1985年生まれ以降であれば社会人でも参加ができる。(但し審査あり)

参加予定者数は500名ほどで、私も当日メディア協力で伺う予定だ。詳しいタイムテーブルや参加方法はこちらのページを確認してほしい。また、さらに本格的に起業を意識した人向けの少人数プログラムも開催されるそうなので、希望者は併せてこちらもチェックするといいだろう。

登壇者(一部抜粋)の顔ぶれ
登壇者(一部抜粋)の顔ぶれ

で、以前もやったのだが、今回もまたスタートアップ希望の学生さん(今回からは若手社会人の方もいるそうなので、そちらももちろんOK)にインタビューをしたいと思っている。

当時学生だった友巻憲史郎さん(写真真ん中/現在はクックパッド)。

ちなみに以前のワークショップでインタビューした、当時学生だった友巻憲史郎さんは、その後クックパッドに就職。おでかけ先を探せるサービス「Holiday」のプロジェクトマネージャーとして本誌に再度登場してくれている。

参考記事:挑戦する人生ーー語る経験者、挑むルーキー #IVS(2013年6月)

参考記事:2年の猶予を与えられ、クックパッドの新卒チームが手掛ける「Holiday」が紐解く「おでかけ」の本質(2014年9月)

取材されてもいいよ、という学生の方は直接私のfacebookTwitterなんかでメッセージ頂ければ幸いだ。当日取材している私を捕獲してもらってももちろん構わない。ぜひお待ちしている。

Infinity Ventures Summit Summer Workshop 2015 開催概要

名称 Infinity Ventures Summit Spring Workshop 2015 in SFC
IVSスプリングワークショップ2015 in SFC
略称: IVSスプリングワークショップ
主催:インフィニティ・ベンチャーズLLP
開催日: 2015年3月28日(土) 9:30 – 22:00(予定)
会場: 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
θ(シータ)館 600名の多目的ホール

----------[AD]----------

デキる旦那を育てるのは人事と一緒ーー #IVS で語られた「女性の働き方」

SHARE:

インフィニティ・ベンチャーズLLP(以下IVP)が4月19日に開催したスプリング・ワークショップでは、SFC出身の起業家や事業家が学生に向けて語る、いくつかの興味深いセッションが実施された。 Lalitpur(ラリトピュール)代表取締役の向田麻衣氏、リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンターの加藤史子氏、ヒューマン・ライツ・ウォッチ アソシエイトの趙正美氏のセッションでは、インフィニティ・ベ…

スクリーンショット 2014-04-19 23.34.04

インフィニティ・ベンチャーズLLP(以下IVP)が4月19日に開催したスプリング・ワークショップでは、SFC出身の起業家や事業家が学生に向けて語る、いくつかの興味深いセッションが実施された。

Lalitpur(ラリトピュール)代表取締役の向田麻衣氏、リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンターの加藤史子氏、ヒューマン・ライツ・ウォッチ アソシエイトの趙正美氏のセッションでは、インフィニティ・ベンチャーズ LLP(以下IVP)の小林雅氏によるモデレートで「女性としての働き方」が語られた。

女性が働き続けるということは

リクルートライフスタイルの事業創造部で活躍している加藤氏は、仕事場での男性の素振りについて「普段は女性を応援してくれるのですが、ライバルになるとわかった瞬間牙を剥きますね」と語る。彼女もまた子育て中のキャリアウーマンとして、女性が働く環境についていろいろ考えがあるようだった。

「時間に関係なく、自分がパフォーマンスを発揮できることが証明できれば、子供の為に早く帰っても大丈夫なんです。子供の保育園のお迎えのために早く帰らなきゃっていうのは従来ではタブーのことかもしれませんが、早く帰っても仕事ができてれば問題ないんです。これは女性でも男性でも関係ありません。自分をコントロールできるかできないかっていうことが一番重要なんでしょうか」(加藤氏)。

国際的な人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ アソシエイトで、ファンドレイザーとして活躍する趙氏も「いまの団体ではすごく働きやすい」と語る。「かなり国際的な団体なので、パフォーマンスさえだせれば時間とか関係なく自由に働くことができるんです」(趙氏)。

スクリーンショット 2014-04-19 23.36.17

ヒューマン・ライツ・ウォッチ アソシエイトの趙正美氏

ただ、同氏は電通に14年間務めた経験を持ち、当時は仕事と出産の両立は厳しかったという。

「電通では、男性社員のように働くことを求められました。電通は男女とか関係なくフェアな会社なので、女性もフロントでトップランナーとして活躍したいのであれば徹夜も当然する必要がありました」(趙氏)。

趙氏は結婚後、出産するか、仕事をフロントでやり続けるかで悩んだという。結果的に仕事を選択した趙氏は、会社は男性社員が自宅で家事をする時間を持てるようにすれば、自然と女性の働きやすい環境になると考えている。

仕事で女性だと意識するとき

そもそも「女っていうタイトルで話すこと自体、違和感を覚えます」と向田氏は語る。また「女性だからって実感することはあまりないです。昔と比べて今はあまり女性の働きづらさは感じません。ただ体力とか身体的なディスアドバンテージはあるなと感じます」と続けた。

さらに「女性の労働環境」という議論があることについて加藤氏は冷静にこう分析する。

「最近また女性としての働き方っていうような取材が増えてきました。この動きって一連のは流行廃りがあるなって思っています。これは景気と連動していて、景気が良くなると、人材が不足し始めて優秀な女をいれる必要がでてくるから起きる議論なんですよ。だから2~3年後はなくなるんじゃないですね、この流れは」(加藤氏)。

妻として、「デキる」旦那を育てるには?

「男性は生き方を選べないというか、挑戦をしませんよね。」自身が電通を辞め、転職という選択した趙氏は語る。「男性は猿山にのこらなければいけないっていう感覚があるなあっておもいます。むしろ女性のほうが自由です」(趙氏)。

スクリーンショット 2014-04-19 23.41.51

リクルートライフスタイルの加藤史子氏

スマートフォンゲームの開発会社コロプラの取締役副社長、千葉功太郎氏と結婚している加藤氏は、できる旦那を育てる方法を人事にたとえてこんな風に語る。

「できる旦那を育てる方法は人事と一緒です。できる旦那を選ぶのが7割で、残り3割が研修ですね」

さらに加藤氏は育児をスタートアップに例えて「途中から育児にジョインしてもだめなんですよ。出産のときからきちんと男性がジョインする必要があります」と話し、会場の笑いを誘った。

Image by Infinity Ventures Summit

----------[AD]----------