THE BRIDGE

タグ manga camera

香港発のTシャツデザインアプリ「Snaptee」が他社アプリとの連携を開始、第一弾は日本の「漫画カメラ」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 香港を拠点とする Snaptee は、モバイルアプリで洋服をデザインして販売できるサービスを提供するスタートアップだ。同社は、サードパーティーのアプリで Snaptee へのオーダーを可能にする、新パートナーシップ・プログラムを発表した。初めてこの機会を活用することになるのは、ユーザの写真を漫画風にしてくれる、日本で…

partners-flow-press-620x369

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

香港を拠点とする Snaptee は、モバイルアプリで洋服をデザインして販売できるサービスを提供するスタートアップだ。同社は、サードパーティーのアプリで Snaptee へのオーダーを可能にする、新パートナーシップ・プログラムを発表した。初めてこの機会を活用することになるのは、ユーザの写真を漫画風にしてくれる、日本で人気のアプリ「漫画カメラ」だ。

この発表の中で、Snaptee の CEO 項偉倫(Wai-Lun Hong)氏は提携について次のように述べている。

私たちは「漫画カメラ」の大ファンで、今回の提携によって、新しい収入源を確保できることや、ユーザ同士のつながりから、ブランドへのつながりへと拡大できることを漫画カメラのチームが理解してくれたときは、大変わくわくしました。ボタンをタップするだけで、漫画カメラで公開されているすべての漫画を、作者は簡単に Snaptee に転送し、身に付けるアートにすることができます。

筆者はまだ Snaptee を使っていないが、以前、上を向いて親指を立てた状態の自分の写真で、Tシャツを作ったことがある。[1] したがって、Snaptee のようなプラットフォームに潜在するクリエイティブの可能性が好きだ。連携するアプリの数が増え、他サービスからのユーザが流入し、他サービスに新たな収入源を提供するのにつれ、その可能性は大きなものになるだろう。

Snaptee はまた、プラットフォーム上の登録デザインが100万件を突破したと今日発表した。同社は出荷数については教えてくれなかったが、デザイン全体の約半数はアメリカからアップロードされており、中国、日本の順に続く。興味深いことに、日本のユーザのコンバージョン・レートは、アメリカからのユーザの約3倍であり、これは比較的モバイル購入に慣れている日本の状況を反映した結果だろう。

Snaptee-s-1-Million-Designs-620x355


  1. 私の見解では、このようなシャツを誰でも必要とするだろうと思う。 
----------[AD]----------

500万ダウンロードを超える人気の写真アプリ「漫画カメラ」にチャット機能が追加、漫画風なコミュニケーションが可能に

SHARE:

英語の記事はコチラ。 漫画カメラは人気のカメラアプリのひとつで、ユーザの写真を漫画風に変えてくれる。このアプリは200万ダウンロードをリリースから1ヵ月で達成しており、現在では累計580万ダウンロードを達成し、4.5の評価をApp Store上で受けている。 漫画カメラは、最近アップデートを行い、アプリにチャット機能を追加した。ユーザは友人に写真を入れてメッセージを送り、漫画のようなスタイルで会話…

MangaCamera-converted

英語の記事はコチラ。

漫画カメラは人気のカメラアプリのひとつで、ユーザの写真を漫画風に変えてくれる。このアプリは200万ダウンロードをリリースから1ヵ月で達成しており、現在では累計580万ダウンロードを達成し、4.5の評価をApp Store上で受けている。

漫画カメラは、最近アップデートを行い、アプリにチャット機能を追加した。ユーザは友人に写真を入れてメッセージを送り、漫画のようなスタイルで会話することができる。4人の人とチャットしていると自動的に漫画のストーリーのようなものが作成される。この「漫画トーク」機能は、現在 iOS 上でのみ利用可能となっているが、すぐにAndroidでもリリースされる予定だという。

このアプリは、人工知能も組み込まれている。メッセージを漫画カメラの公式アカウントに送ると、このアプリはそのコンテンツからテキストを読み取り、漫画形式で謝罪を行う。そのほかにも興味深い点としては、かなり日本的な点だが、この機能は自分自身に語りかける「ぼっち機能」もついている。写真を作成し、FacebookyaTwitterにシェアすることができる。

こうした人気アプリの珍しい機能により、動作はとてもシンプルなものになっている。ユーザは32の選択肢の中からエフェクトをかけるフレームを選ぶ。フレームを選んだ後は、写真を撮影するか、写真ギャラリーの中から一枚選ぶ。この写真は簡単に漫画的に変換され、クオリティもかなりのものだ。作成した写真はカメラロールに保存もできるし、TwitterやFacebookにシェアすることもできる。

漫画カメラは最近コカ・コーラジャパンの新しいフレイバーのお茶のプロモーションに用いられた。飲料系大手は、この新しいお茶のための特別な背景のフレームを用意され、ユーザが写真をポストしたくなるようにしている。

MangaCamera

----------[AD]----------