タグ Mepple

女性向けウェルネスプロテイン「KOREDAKE」運営、赤坂優氏らから1.5億円を調達

SHARE:

女性特化・植物性由来のウェルネスプロテイン「KOREDAKE(コレダケ)」を運営するメップルは24日、直近のラウンドで1.5億円を調達したことを明らかにした。ラウンドステージは不明。調達額には金融機関からのデットファイナンスが含まれる。このラウンドのリードインベスターは赤坂優氏が務め、mint、セゾン・ベンチャーズ、野口卓也氏(バルクオム 代表取締役)、コロプラネクストが参加した。 これはメップル…

Image credit: Mepple

女性特化・植物性由来のウェルネスプロテイン「KOREDAKE(コレダケ)」を運営するメップルは24日、直近のラウンドで1.5億円を調達したことを明らかにした。ラウンドステージは不明。調達額には金融機関からのデットファイナンスが含まれる。このラウンドのリードインベスターは赤坂優氏が務め、mint、セゾン・ベンチャーズ、野口卓也氏(バルクオム 代表取締役)、コロプラネクストが参加した。

これはメップルにとって、2020年12月に実施したシードラウンドに続くものだ。コロプラネクストは今回、シードラウンドに続くフォローオンでの参加。

メップルは2018年1月、カウモでの勤務経験のある鈴木友樹氏(現代表取締役)らにより創業。2020年3月末から、プロテイン(タンパク質)を主成分し、31種類の栄養素を備えた完全食サプリメント「KOREDAKE」を販売している。定期購入者は全体の90%以上を占めるなど、20代後半~30代女性を中心に多くの方に支持され、累計の会員数は7,000名を超えたという。

「KOREDAKE」
Image credit: Mepple

今年3月には、動物由来の原材料を含まない、100%植物由来製品へとリニューアル。5月には、それまでのフレーバー「ミルクティー」に加わる新フレーバーとして「アーモンド」を発表、7月には初の季節限定フレーバーとして「ピーチ」を販売開始した。ホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」では宿泊プランのスペシャルアメニティとして導入されているという。

今回の調達を受けて、メップルは販売促進・認知拡大に向けたマーケティング強化、新商品の開発及び定期購入サービスの向上、組織体制の強化を図るべく採用に注力するとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


女性向けウェルネスプロテイン「KOREDAKE」運営、コロプラネクストとエンジェル複数からシード資金を調達

SHARE:

女性をターゲットにしたウェルネスプロテイン「KOREDAKE(コレダケ)」を運営するメップルは10日、シードラウンドで資金調達を実施したと発表した。調達金額は非開示。このラウンドに参加したのは、コロプラネクストのほか、児玉昇司氏(ラクサス・テクノロジーズ代表取締役)、藤田恭嗣氏(メディアドゥ 代表取締役社長 CEO)、片石貴展氏(yutori 代表取締役)らエンジェル投資家複数。同社にとっては、前…

Koredake
Image credit: Meppel

女性をターゲットにしたウェルネスプロテイン「KOREDAKE(コレダケ)」を運営するメップルは10日、シードラウンドで資金調達を実施したと発表した。調達金額は非開示。このラウンドに参加したのは、コロプラネクストのほか、児玉昇司氏(ラクサス・テクノロジーズ代表取締役)、藤田恭嗣氏(メディアドゥ 代表取締役社長 CEO)、片石貴展氏(yutori 代表取締役)らエンジェル投資家複数。同社にとっては、前回エンジェルラウンドに続く調達となる。なお、エンジェルラウンドに関する詳細は不明。

メップルは2018年1月、カウモでの勤務経験のある鈴木友樹氏(現代表取締役)らにより創業。鈴木氏は医療従事者の家庭に育ち、普段から健康に目を向ける機会が多かったという。鈴木氏の妹が看護師兼ヨガインストラクターで、彼女から「健康には、身体の健康だけでなく心の健康が影響している」と指摘されたことがきっかけで、心身共に健康な生活を送ることを支援する完全食の事業を今年3月から始めることにしたという。

Image credit: Meppel

KOREDAKE はプロテイン(タンパク質)を主成分とするサプリメント(健康補助食品)であるが、同時に、31種類の栄養素を備えた完全食でもある。当初は女性をターゲットにダイエットを補助するサプリメントとして売り始めたが、その豊富な栄養成分から忙しい朝の代替食として摂取するユーザが増えたため、ブランディングの位置付けをウェルネスに切り替えた。原料にソイプロテイン(大豆たんぱく)を使っていて、食物繊維が多いため満腹感が得られる上、腹持ちがいいのが特徴だ。

世間でプロテインというと、(牛乳を原料とする)ホエイプロテインがほとんどで、筋力アップを意図したものが多い。KOREDAKE はソイプロテインを使っているため、イソフラボンが豊富で女性の美容や健康に最適。二酸化炭素を多く排出する牛にも依存しないことから、サステナブルなプロテインとも言えると思う。(鈴木氏)

左から:片石貴展氏(yutori 代表取締役)、鈴木友樹氏(メップル代表取締役)、内田小百合氏(メップル 管理栄養士/マーケター)、児玉昇司氏(ラクサス・テクノロジーズ代表取締役)
Image credit: Meppel

プロテインが牽引する国内のスポーツニュートリション市場は600億円規模と推計されている。鈴木氏によれば、プロテインは必要三大栄養素の一つであるにもかかわらず、その多くは男性向けのスポーツ商品なのだという。いわゆる筋トレ需要だ。The Global Wellness Institute(GWI)によれば、2018年の世界のウェルネス市場は4.5兆米ドルと見積もられており、女性をターゲットにしたウェルネス向けのプロテインはホワイトスペースで、鈴木氏らはこの市場の開拓を狙う。

完全栄養食を手がけるスタートアップとしては、国内ではコンプBASE FOOD の名前が頭に浮かぶ。今年スタートした「WEIN 挑戦者 FUND」は、ウェルビーイングを投資スコープのトピックの一つに掲げている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録