THE BRIDGE

タグ MyChef

出張シェフサービス「MyChef(マイシェフ)」が男性からの注文を受付開始、既婚女性にアンケートを実施

SHARE:

2013年9月のサービス開始以降、女性専用のサービスとして展開してきた「MyChef(マイシェフ)」。1人分3,000〜5,000円と良心的な価格帯で、プロのシェフが自宅に派遣されることで調理してくれます。食材の準備から、調理後の後片付けまで対応してくれるため、ホームパーティなどハレの日に活用されています。 そんなマイシェフが、4月5日から男性からの注文受付を開始しました。これまでも「妻の誕生日や…

MyChef

2013年9月のサービス開始以降、女性専用のサービスとして展開してきた「MyChef(マイシェフ)」。1人分3,000〜5,000円と良心的な価格帯で、プロのシェフが自宅に派遣されることで調理してくれます。食材の準備から、調理後の後片付けまで対応してくれるため、ホームパーティなどハレの日に活用されています。

そんなマイシェフが、4月5日から男性からの注文受付を開始しました。これまでも「妻の誕生日や結婚記念日」または「仕事と子育ての両立で日々忙しいのを労う」など、夫が妻へのギフトとしてマイシェフを贈る傾向が見られました。このような問い合わせが増加してきたことを受けて、今回の男性へのサービス解放に至りました。

マイシェフの女性ユーザーの6〜7割を占めるのが、育児ママ・育児世帯です。子どもの誕生日など家族内のお祝いごとには自ら腕をふるい、ママ友との集まりやハロウィンのようなイベントごとなど、ちょっとまとまった人数が集まる機会にマイシェフが利用されているようです。女性利用者のうち仕事に就いている6割の人は、この場合はイベント時に限らず、時間が足りない様々な状況で活用されています。

サービスが順調に伸びているマイシェフですが、リリース前に育児ママに対して実施したニーズ調査の結果は厳しいものでした。マイシェフのようなサービスを「使ってみたいし注文する」と答えた人は、わずか1割。「使いたいけれど、自分で注文しようと思わない」が4割、「使いたいと思わない」が4割、「誰かが払ってくれても、使いたくない」が1割でした。使うか使わないかで分けると、アンケート回答者の9割が「使わない」と答えたのです。

この結果から「何やらセンシティブなものが絡んでいるらしい」というヒントを得たと話す、マイシェフ 代表取締役社長の清水昌浩さん。このセンシティブなものというのは、ずばり彼女たちが潜在的に感じている「罪悪感」です。「本来自分の仕事なのに、それを人に任せてしまっていいものなのか」とためらってしまう育児ママが多く、これをいかに取り除いてあげるかがサービス普及の鍵を握ると感じました。

「この罪悪感をどこまで感じるかは、人によって程度の差がありますが、それがあるという前提でサービスを展開することが必要だろうと考えまし。今回、マイシェフを男性向けに提供する理由のひとつには、こうした背景があります。」

この課題への具体的な施策として、2014年11月に「MyChef ギフト券」の販売を開始。30代〜40代の既婚男性が、奥さんへのプレゼントに贈ることを想定したものです。また、法人のキャンペーン景品としてマイシェフを取り入れてもらうなど、潜在的な罪悪感から高くなってしまいがちな初回利用のハードルを下げるための工夫を続けています。

今後、男性が自らも注文できるようになったことで、「夫が注文したから使ってみる」とマイシェフを活用する女性がさらに増えることが期待されます。最近、マイシェフは既婚女性の会員に対してアンケートを実施しました。調査結果は、資料をご覧ください。

 

 

----------[AD]----------

シェフの出張サービス「MyChef」がマイシェフギフト券をお得に利用できる法人向けプログラムを開始

SHARE:

2013年9月にサービスを開始した個人向けシェフの出張サービス「MyChef(マイシェフ)」。1人分の料理は3,000〜5,000円と比較的リーズナブルで、食材の購入から自宅での出張調理、キッチンの後片付けまで任せられるため、特に未就学児のママや育児家族による利用が盛んです。 家事代行サービスなどとも共通しますが、自分でできることを人にお金を払って頼むことへの罪悪感を感じる女性が多く、それがサービ…

MyChef-website

2013年9月にサービスを開始した個人向けシェフの出張サービス「MyChef(マイシェフ)」。1人分の料理は3,000〜5,000円と比較的リーズナブルで、食材の購入から自宅での出張調理、キッチンの後片付けまで任せられるため、特に未就学児のママや育児家族による利用が盛んです。

家事代行サービスなどとも共通しますが、自分でできることを人にお金を払って頼むことへの罪悪感を感じる女性が多く、それがサービスを試す際に大きなハードルとなっています。でも、誰かにプレゼントしてもらったものならきっと使ってみるはずだと考え、マイシェフは2014年11月にプリペイド型のマイシェフギフト券の提供を開始しました。

マイシェフが新たにスタートしたのが、マイシェフギフト券を企業に対してお得に提供する法人プログラムです。ギフト券の種類は、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、40,000円、50,000円の6種類。法人向けですが、最低購入金額は15,000円とギフト券1枚から利用することができます。また法人プログラムでは、ギフト券1枚購入につき、マイシェフ5,000円券が10枚まで無償で進呈されます。

これまで、マイシェフギフト券は、旦那さんから奥さんへのプレゼントやママ友同士のプレゼントに使われることが多く見られました。最近では、高齢の両親がいる夫婦(40〜50代の夫婦が、70〜80代の両親にプレゼント)が両親へのプレゼントとして贈られることも増えていきています。

ここ数年のシェアリングエコノミーの登場によって、物を所有することから体験を重視する傾向がますます高まっています。ハレの日やイベントごとなどを、マイシェフがいっそう特別な体験にしてくれそうです。

----------[AD]----------

プロの調理人が自宅に来てくれる、出張シェフサービスのMyChef(マイシェフ)がローンチ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 今日(原文掲載日:9月4日)、忙しいママに最高のサービスがここ日本でお目見えした。MyChef(マイシェフ)は、良心的な価格で自宅にプロの調理人を派遣してくれるサービスだ。ホームパーティーを開くとき、ディナーに美味しい一皿が欲しいとき、プロのシェフが自宅にやって来て調理してくれる。 このサイトではユーザを女性に限定し…

MyChef

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

今日(原文掲載日:9月4日)、忙しいママに最高のサービスがここ日本でお目見えした。MyChef(マイシェフ)は、良心的な価格で自宅にプロの調理人を派遣してくれるサービスだ。ホームパーティーを開くとき、ディナーに美味しい一皿が欲しいとき、プロのシェフが自宅にやって来て調理してくれる。

このサイトではユーザを女性に限定しており、Facebook 認証でログインする必要がある。ユーザがシェフに来てほしい日付、自宅に最寄りの駅名を入力すると、派遣可能なシェフの一覧が表示される。シェフを選ぶと、MyChef はユーザに短い質問表を送って来る。その回答に基づいて、シェフはユーザの好みにあったメニューを作ってくれる。必要な食材の購入、料理、食後の片付けもシェフにおまかせだ。一連のこのサービスは、最少4人分の料理から注文でき、3,000円からというリーズナブルな価格で楽しむことができる。

MyChef-MasakiKochiMyChef は東京、横浜、川崎、埼玉など、関東地域の大都市で利用可能だ。ローンチの時点で、登録されているシェフの数は約30人に留まっているが、サービスが拡大すれば、この人数は増えてゆくだろう。サイトではさまざまなシェフが紹介されており、中にはレストラン・シェフや料理学校の講師なども含まれる。

子供が生まれると女性の生活は激変し、外出したり食事を楽しんだりする機会は少なくなる。MyChef はそのような女性達に、家で食事を楽しんでもらえる体験を提供しようとサービスをスタートした。同社は3年以内に、この食事体験を多くのユーザに、実用的な選択肢として定着させたいとしている。

----------[AD]----------