BRIDGE

タグ Ninebot(納恩博)

セグウェイ買収で知られる中国のスクータースタートアップNinebot(納恩博)、上海STAR Market(科創板)に上場へ

SHARE:

中国のスクーターメーカー Ninebot(納恩博)は21日、上海証券取引所から NASDAQ 型のテック株特化市場「STAR Market(科創板)」への上場登録の最終承認を得た。 重要視すべき理由:ケイマン諸島で設立された北京を拠点とする Ninebot は、中国本土の証券取引所に上場する変動持分事業体モデル(VIEモデル)を持つ初の外国籍企業となることが期待されている。 1年前に取引を開始した…

動画撮影も可能な「Ninebot Plus(九号平衡車 Plus)」
Image Credit: Xiaomi official video

中国のスクーターメーカー Ninebot(納恩博)は21日、上海証券取引所から NASDAQ 型のテック株特化市場「STAR Market(科創板)」への上場登録の最終承認を得た。

重要視すべき理由:ケイマン諸島で設立された北京を拠点とする Ninebot は、中国本土の証券取引所に上場する変動持分事業体モデル(VIEモデル)を持つ初の外国籍企業となることが期待されている。

  • 1年前に取引を開始した STAR Market は、ニューヨークから中国のテック企業を誘致するために、VIE や不採算企業の上場を許可してきた。
  • その努力が実を結び始めた。Alibaba(阿里巴巴)のフィンテック関連会社 Ant Group(螞蟻集団)は20日、STAR Market と香港証券取引所で重複上場する計画を発表した

詳細:STAR Market の Web サイトによると、Ninebot は最終審査のために、中国のトップ証券監視機関である CSRC(中国証券監督管理委員会)に登録申請書を提出することが許可された。

  • Ninebot は中国国内市場から20億人民元(約300億円)以上を調達し、同社のカストディアン銀行を通じて約70億枚の中国預託証券(CDR)を発行する予定だ。CDR は中国の金融市場で取引が認められている非中国企業の株式で、米国預託証券(ADR)と同様の機能を持つ。

背景:2014年に設立された Ninebot は現在、電動スクーターの世界最大のベンダーである。同社は2015年に失敗したアメリカのパーソナルトランスポートメーカーであるセグウェイを買収した。

  • 中国のスマートフォンメーカー Xiaomi(小米)は Ninebot 株式の約22%を所有している。Ninebot は、Xiaomi の小売チャネルを活用し製品を販売する、いわゆる「Xiaomi エコシステム企業」の一つでもある。
  • 目論見書によると、Ninebot は Xiaomi を重要な顧客として挙げており、2019年の Xiaomi への関係者売上高は総売上高の52.3%を占めている。
  • 2019年の収益は46億人民元(約693億円)、純損失は4億5,900万人民元(約69.1億円)となっている。

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

中国のセルフバランススクーター開発会社Ninebot(納恩博)、ユーザの代わりに順番待ちをしてくれるAIロボットを開発中

SHARE:

中国のスマートフォンメーカー Xiaomi(小米)が、Ninebot Mini のローンチから2年を経た6月28日、最新のセルフバランススクーター Ninebot Plus(九号平衡車 Plus)を3,499人民元(514米ドル)で発売した。Ninebot(納恩博)は今回初めて、消費者向け製品に無線位置決定技術を採用しており、また新たに、スクーターにユーザの後を追わせたりロックを解除したりできるリ…

Ninebot Plus のビデオから
Image credit: Xiaomi(小米)

中国のスマートフォンメーカー Xiaomi(小米)が、Ninebot Mini のローンチから2年を経た6月28日、最新のセルフバランススクーター Ninebot Plus(九号平衡車 Plus)を3,499人民元(514米ドル)で発売した。Ninebot(納恩博)は今回初めて、消費者向け製品に無線位置決定技術を採用しており、また新たに、スクーターにユーザの後を追わせたりロックを解除したりできるリモートコントローラが付属している。さらに、Xiaomi PTZ カメラをスクーターに設置できるようになっている。

Ninebot をあまりよく知らないという読者もいるかもしれない。Ninebot は2015年春、セルフバランススクーターを手がけるアメリカ企業Segwayを、同社のセルフバランス車両の特許権と17年間におよぶ研究開発実績と共に買収した。この買収が成立したのは、Ninebot に Xiaomi からのバックアップがあったためだ。

Technode(動点科技)は、TechCrunch Shenzhen 2017 で Ninebot の共同設立者兼社長の Wang Ye(王野)氏に話を聞くことができた。同氏はインタビューで、新製品に関する背景情報と会社が持つ将来のビジョンについて語ってくれた。

Wang Ye 氏はその場では Ninebot Plus の情報を開示しなかったが、同社が人工知能の分野で Intel と協力関係にあることは認めた。革新を求めるすべてのテクノロジー企業にとって、AI こそが突破口になると確信しているという。

セルフバランスロボットがいかにして私たちの日々の生活を助けてくれるか

Ninebot Plus のビデオから
Image credit: Xiaomi(小米)

セルフバランスロボットが Meituan(美団)のフードデリバリーにどのような形で役立つことができるか、同氏は例を挙げて説明してくれた。

ある顧客が12時に、Wanda Mall(万達商城)の5階にある1件のレストランに対し、10件の注文をしたとしましょう。通常であれば、5階に上がり、列に並んで14分間待たなければならないはずです。10体のロボットが彼の代わりに列に並び、それぞれが1件の注文内容を受け取り、モールの出入り口まで自動的に移動してデリバリー担当者に食べ物を渡すことができるとしたらどうでしょう。セルフバランスロボットは、そういった効率化の可能性を秘めているのです。(Wang Ye 氏)

同様に、セキュリティロボットとして CCTV カメラの代わりに活躍することも可能だ。

様々な場所で、警備員と共に可動式防犯カメラが導入されています。ですがこういった防犯カメラは、高周波カメラを搭載したセルフバランススクーターへと置き換えが可能です。またセキュリティロボットは、撮影した動画をコントロールルームに Wi-Fi 経由で送ることができます。そうなれば、公園に設置された100台のカメラを、少なくとも50体のセルフバランスロボットに置き換えることも可能かもしれません。

そういったセルフバランスロボットの将来にB2Bが登場しうることは、容易に予測できる。

Ninebot Plus
Image credit: Xiaomi(小米)

人間による労働の軽減とコスト削減

Wang Ye 氏と同氏のパートナーはまた、 セルフバランススクーターが一般利用用途でも普及し、手頃な価格で入手可能な玩具として認識されることを期待しているという。

初心者向けのチュートリアルを用意しました。携帯電話アプリのインタラクティブゲームのような、ベーシックなチュートリアルです。新しいバージョンでは安全運転チュートリアルもありますから、ユーザはこれを利用して、自分の運転が安全か、またスクーターを使いこなすだけの腕があるかを評価することもできます。

ユーザエクスペリエンスだけに焦点を当てているわけではありません。 オンラインのセールスチャネルに依存したり、販売スタッフや店舗スタッフの人件費を完全に削減したりと、人間の労働力の削減にも関わってきます。(Wang Ye 氏)

Ninebot は人間の労働力よりも機械を活用することで、オートメーションの水準の向上に努めている。

重大なリスクを伴うタスクや人間の労働力に大きく依存するタスクは、機械を利用して完結させます。例えば、センサーを配備する際は、機械を活用し人間による作業の割合を軽減します。

2点目は技術革新によるコスト削減だ。Wang Ye 氏によると、同社はアルゴリズムを細かく検討し、重要なセンサーのいくつかを排除した。それによりコストを大幅に抑えることができたという。

弊社のチームに属するエキスパート2人が、一次抵抗を管理し電流センサーと置き換えるにはどのようにモデルを活用すればよいかについて、2編の論文を発表しました。センサーとして自動調整されるよう、アルゴリズムを調整したのです。これにより、センサーを取り除き、各スクーターにつき何百人民元も節約することができました。少なくなったパーツでも同じように機能しますので、品質対価格比も当然向上するわけです。

セルフバランススクーターのシェアリングについては否定的

Ninebot の共同創業者で社長の Wang Ye(王野)氏

中国ではシェアリングエコノミーが自転車シェアリングによる影響を大きく受けているが、この件に関しては Wang Ye 氏も彼の会社もさほどの関心を示さなかった。

セルフバランススクーターのシェアリングエコノミーに関して言うと、実際の需要はそれほどないと考えています。セルフバランススクーターは中国では販売が基本となっていますし、海外ではPay per Use 型(利用に応じた課金)の運用が普及しています。

Ninebot は海外のホテルやリゾートと協力し、駐車スペース1,800ヶ所、1万体以上のSegway製品、また自社ブランドのセルフバランススクーターの展開に努めていると報じられている。主な収益は特許権使用料から得ることになる。

また、Ninebot Plus 上部にある統一 QR コードと接続できるアプリも作りたいと考えています。そして例えば、ユーザが1時間あたり30~50人民元を支払い Ninebot を利用できるようにします。価格は、サービスを提供する事業体が設定できます。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

Xiaomiもパーソナルモビリティの開発へ

SHARE:

Xiaomi just made a ‘hoverboard’ レクサスがホバーボードの発表をしたあたりから、パーソナルモビリティに関するニュースが増えていますが、ついに中国のハードウェアメーカーもXiaomi(小米)もホバーボードを開発するようです。 Xiaomiは、自社の出資先である中国のスタートアップ Ninebot と共同でパーソナルモビリティ「Ninebot Mini」を開発すると発表し…

153957hsfeswlqwywtvyye.png.thumb

<ピックアップ>Xiaomi just made a ‘hoverboard’

レクサスがホバーボードの発表をしたあたりから、パーソナルモビリティに関するニュースが増えていますが、ついに中国のハードウェアメーカーもXiaomi(小米)もホバーボードを開発するようです。

Xiaomiは、自社の出資先である中国のスタートアップ Ninebot と共同でパーソナルモビリティ「Ninebot Mini」を開発すると発表しました。

Ninebotは、今年の4月にセグウェイを買収している他、Xiaomiなどから8000万ドルの出資を受けたことも明らかにしています。

Ninebot mini

「Ninebot Mini」は重さ12.8kg、時速12kmで走行し、一度の充電で22kmの距離を走行します。アプリから遠隔でコントロールすることもできるんだとか。

1999人民元(315ドル)で、11月3日からの発売を予定していますが、主な販売先は今のところ中国となっています。

Photo by Xiomi

via Tech in Asia