BRIDGE

タグ Ohdio

「Ohdio」が目指すのはインドネシア版Spotify?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Ohdioはインドネシアのスタートアップで、オンラインでミュージックストリーミングを提供し、インドネシア国内の音楽業界を揺るがそうとしている。現在はウェブ版しかなく、数日前にベータ版がローンチしたばかりだ。 Ohdioは、YouTubeのミュージック版みたいなものだ。アプリをインストールすることなく、同サービスのデータベースに収録されている曲をいつでも聴くこ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Ohdioインドネシアのスタートアップで、オンラインでミュージックストリーミングを提供し、インドネシア国内の音楽業界を揺るがそうとしている。現在はウェブ版しかなく、数日前にベータ版がローンチしたばかりだ。

Ohdioは、YouTubeのミュージック版みたいなものだ。アプリをインストールすることなく、同サービスのデータベースに収録されている曲をいつでも聴くことができる。ユーザ登録をしたら、あとは「Jukebox」に曲を追加して聴くだけだ。

大手のレコード会社3社としか提携していないために収録曲はあまり多くなく、最近の曲もあまり収録されていないことがわかった(私の好きなSheila on 7の曲はどこにあるんだ?)。だが、Yoga Nandiwardhana氏(Ohdioの設立者)と彼のチームはさらに収録曲を増やす努力をしているところだ。だから、今のところはDewa 19の曲が数曲聴けるか、もしくは30代の人ならKaton Bagaskaraの方がいいかもしれない。欧米の曲や韓国の曲はどうだろう?Yogaによると、当面はインドネシアの曲だけに特化するとのことだ。

インタフェースやユーザーエクスペリエンスに関しては、きれいで使いやすいので気に入っている。検索バーも優れていて曲を探すのが楽だ。さて、OhdioはインドネシアのSpofityになりたいのだろうか。Ohdioの設立者兼CEOのYoga Nandiwardhana氏は次のように語っている。

「私たちはインドネシア版の何かになろうとはしていません。本当です。というのも、インドネシアの音楽視聴やオンラインでの行動は独特だと信じているからです。だから、外国のコンセプトを直にインドネシアの市場に導入しても上手くいきません。フリーミアムモデルに関しては、有料ユーザにはさらに楽しいサービスを提供するとだけ言っておきましょう。

未登録のユーザがジュークボックスに入れられる曲は2曲ですが、それはこのサービスが現在はベータ版でまず皆さんに体験してほしいからです。もう少し長く利用したいと思えば、そのために登録する必要があることがわかるでしょう。正式なローンチやモバイルアプリについては現時点ではお教えすることはできません。」

OhdioはEast Venturesから資金を調達している[1]。だから、ミュージックライブラリーを構築しサービスを拡大する可能性は十分にあると思う。多くのインドネシア人がこのようなプロダクトを待ち望んでいるが、無料ユーザをプレミアムユーザに移行していくのはかなり難しいのではないだろうか。

1. 注:East Venturesは本ブログの出資者である。更なる情報については、私たちの倫理指針を参照してほしい。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

East Ventures、インドネシアのストリーミングミュージックサービス「Ohdio」に投資

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 East Ventures[1]が、ユーザへのシームレスなストリーミングミュージックの提供をうたうインドネシアのスタートアップ「Ohdio」に投資したとのニュースが入った。家、モバイル、インターネットカフェなどどこからでも、ブラウザを通してユーザの膨大な音楽ライブラリを提供することを目的としている。 同サービスは無料だが、インドネシアのユーザしか利用すること…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

East Ventures[1]が、ユーザへのシームレスなストリーミングミュージックの提供をうたうインドネシアのスタートアップ「Ohdio」に投資したとのニュースが入った。家、モバイル、インターネットカフェなどどこからでも、ブラウザを通してユーザの膨大な音楽ライブラリを提供することを目的としている。

同サービスは無料だが、インドネシアのユーザしか利用することができない。追加機能が付いたプレミアムサービスの提供も約束しているが、プレミアムサービスに関しての詳細は明らかになっていない。サービスが開始されたのは6月14日で、現在は招待制となっているが、同社ホームページ上で登録すれば利用可能だ。実際にどのようなサービスになるのかは予測できなかったが、サービス開始日が来て明らかになった。

どこかSpotifyに似通っているが、インドネシア市場向けにローカライズされており、面白いアイディアだ。Spotifyはクライアントを用いるが、Ohdioはブラウザを通じて音楽を配信する。Spotifyはインドネシアでは利用できないため、同サービスはインドネシア国内では多少ユニークなものになるはずだ。また、インドネシア人のユーザーがオンラインでデジタルミュージックを購入できるMelon.co.idもある。私の知る限り、iTunesはインドネシアのアカウントを通じて登録した場合には使用できない仕組みになっている。だが、Ohdioと音楽アーティスト達が、いかに双方にとって有益となるよう話を進めているのか気になるところだ。Ohdioの代表者であるArio Tamat氏は次のように述べている。

「私たちはフリーミアムビジネスモデルを用いており、市場の海外大手企業を凌ぐつもりです。現在、インドネシアのコンテンツにのみ焦点を置いており、ほぼ全ての大手ローカルミュージックレーベルとの契約を結んでいます。(Aquarius、Trinity、Nagaswaraなど)」

Grooveshackと似ているとも言えるが、Ohdioが実際にインドネシアの音楽ファン達にとってどのようなサービスになるのかはローンチ後の姿を見て判断するしかない。

開示事項:East Venturesは本ブログの出資者だ。更なる詳細は、我々の倫理指針を参照してほしい。

編集者注:編集を行った時点で、Ohdioはローンチされており一部原文と異なる箇所がある。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------