BRIDGE

タグ Postmates

Uber、フードデリバリーのPostmatesを26.5億ドル(約2,860億円)で買収

SHARE:

Uberは7月6日、オンデマンドデリバリーのPostmatesを26億5,000万米ドル相当の全額株式交換で買収したことを正式に発表した。1週間前から憶測が飛び交っていたが、7月6日にBloombergが取引完了を報じたことに対し、Uber、Postmates双方からの反応はなかったそうだ。 UberはPostmatesを通して、需要が急増しているフードデリバリーサービス「UberEats」および…

Image credit: Pixabay

Uberは7月6日、オンデマンドデリバリーのPostmatesを26億5,000万米ドル相当の全額株式交換で買収したことを正式に発表した。1週間前から憶測が飛び交っていたが、7月6日にBloombergが取引完了を報じたことに対し、Uber、Postmates双方からの反応はなかったそうだ。

UberはPostmatesを通して、需要が急増しているフードデリバリーサービス「UberEats」および同社が幅広く展開する「delivery-as-a-service(サービスとしての配達)」をさらに加速させるつもりだ。Uberは買収後、消費者向けアプリの「Postmates」をスタンドアロンとして残しつつ、店と消費者の両方が統合デリバリーネットワークのメリットを受けられるようにする予定だと述べている。

Uberの戦略的買収は以前から行われている。最近では中東の配車サービスのCareemを31億米ドルで買収し、ラテンアメリカの食料雑貨デリバリースタートアップのCornershopの支配権を取得した。同時にUberは事業の一部を東ヨーロッパ中国東南アジアの競合に売却もしている。

IPOせず

サンフランシスコに拠点を置くPostmatesは2020年のIPO候補として有力視されていた。昨年、証券取引委員会(SEC)に非公開申請したが投資家からの反応がパッとせず、計画は延期されていた。今週(7月第2週)中にもIPO計画を復活させるために準備をしているという報道が出たが、それがUberによる買収に拍車をかけた可能性がある。

Postmatesは2011年設立。オンデマンドのフードデリバリー分野における主要企業の1つだ。食品配達で知られるが、あらゆる商品の配達に利用することができる。これは配車サービスの輸送インフラをUber Eatsへと再利用したUberに似た手法だ。Uberは7月6日、Uber Eatsの2020年第2四半期の予約数が前年比で100%増加したと発表した。また同社は数カ月前、ほぼ全てのアイテムを配送できる「Uber Connect」という新サービスを発表した

Postmatesは2017年にメキシコでローンチした時には国外への拡大も模索していたが、現在はアメリカのみで利用可能となっている。Uberはアメリカでのフードデリバリー市場における地位の確立強化に取り組んでおり、昨年はPostmatesの競合のDoorDashの合併を検討したと報じられている(DoorDashは今年IPOを非公開申請したが、その後4億米ドルを調達しIPOへの計画は不明となっている)。この他にUberが買収を検討していたフードデリバリー大手のGrubhubは1ヶ月前にヨーロッパの同業Just Eatによって73億米ドルで買収された

UberがマーケットリーダーのDoorDashとGrubhubを買収できず、Postmatesを次のターゲットとしたことは理に適っている。消費者データ分析会社のSecond Measureによると、Postmatesは5月のアメリカのフードデリバリー市場において8%のシェアを占めている。これはDoorDash(45%)、GrubHub(23%)、Uber Eats(22%)に次ぐものだ。このデータに基づくと、Uberは現在、競争の激しい国内のフードデリバリー市場で2番目に大きなプレーヤーであることは明らかだ。

UberはPostmatesの株式100%に対して約8,400万株の普通株を発行すると述べている。

※本稿は提携するVentureBeat記事の抄訳です

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Square、買物・宅配代行のPostmatesと提携——米国でレストランや小売店舗がオンデマンドデリバリ対応できるサービスを開始

SHARE:

Square が宅配サービス Postmates と提携して、より多くのレストランと小売業者を対象としたオンデマンドデリバリを開始した。 5月9日から提供が開始された両社の統合サービスにより、Square の支払いプラットフォームを使用しているあらゆる規模の小売業者が、どんな商品でも顧客に配送できるようになる。 Square はすでに、2014年に買収した Caviar を通じてフードデリバリを提…

squarepostmates.jpg
Square と Postmates

Square が宅配サービス Postmates と提携して、より多くのレストランと小売業者を対象としたオンデマンドデリバリを開始した。

5月9日から提供が開始された両社の統合サービスにより、Square の支払いプラットフォームを使用しているあらゆる規模の小売業者が、どんな商品でも顧客に配送できるようになる。

Square はすでに、2014年に買収した Caviar を通じてフードデリバリを提供していることも忘れてはならない。また、FastbiteEntrees on-Trays といったフードデリバリプラットフォームも買収している。しかし、今回の Postmates との提携により、Square のデリバリサービスを大幅にスマートなものにすることができる。

サンフランシスコに拠点を置く Postmates は、間近に迫った IPO に向けて、最近になって1,000以上の都市にサービス範囲を拡大した。今ではアメリカの70%の家庭をカバーしている。約30万人の配達員を抱える Postmates のプラットフォームは、小売業者と消費者の橋渡しをするだけでなく、リアル店舗の業者がオンライン取引を実現する手助けをする。主力ビジネスはフードデリバリだが、どんな製品でも配達する方針であることから、Square との相性もぴったりだ。

オムニチャネル

square-postmates_2.png
Square + Postmates: 店頭受け取りかそれとも宅配かを選ぶ

Jack Dorsey 氏が設立した Square は、業者がモバイルデバイスを使って実店舗でカード支払いに対応できるモバイル支払いサービスでよく知られている。しかし、同社はスモールビジネスの中でシェアを拡大すべくあらゆる形式商取引手を伸ばしているWeebly の買収によってオンラインとオフラインの境界をなくしていくことを3月に明らかにしており、この取り組みの一環として、同社のオンラインストアサービスをアップグレードしている。このサービスは2013年以来、業者がオンラインでより多くの商品を販売するためのシンプルな方法を提供してきた。刷新された Square のオンラインストアには、オンラインストアからリアルタイム在庫へのアクセスや、実店舗での商品受け取りサービスなど、数多くの新機能が導入されている。

Square はすでにオムニチャネルビジネスに名乗りを上げており、Postmates との提携によって Square の支払いエコシステムに小売業者を惹きつけて離さない方法を手に入れることになる。

Postmates の製品部門シニア VP を務める James Butts 氏は次のように語った。

Square との提携によるオンデマンドデリバリで、数百万ものスモールビジネスやローカルビジネスが、これまでできなかったようなことをできるようになります。30万人以上の配達員を利用することで、地元の販売業者は開発者を雇うことなく顧客にまったく新しいサービスを提供できるようになります。さらに、ビジネスの成長という最も重要な仕事に集中することもできます。

Postmates の活用に興味がある Square 利用業者は、指示に従って Square アプリのマーケットプレイスを使うことで Postmates を自身のダッシュボードに統合できる。それが終わったら、顧客は即時配達か時間指定配達を選択して商品を配達してもらうことができるようになる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】