Uber、フードデリバリーのPostmatesを26.5億ドル(約2,860億円)で買収

SHARE:
Image credit: Pixabay

Uberは7月6日、オンデマンドデリバリーのPostmatesを26億5,000万米ドル相当の全額株式交換で買収したことを正式に発表した。1週間前から憶測が飛び交っていたが、7月6日にBloombergが取引完了を報じたことに対し、Uber、Postmates双方からの反応はなかったそうだ。

UberはPostmatesを通して、需要が急増しているフードデリバリーサービス「UberEats」および同社が幅広く展開する「delivery-as-a-service(サービスとしての配達)」をさらに加速させるつもりだ。Uberは買収後、消費者向けアプリの「Postmates」をスタンドアロンとして残しつつ、店と消費者の両方が統合デリバリーネットワークのメリットを受けられるようにする予定だと述べている。

Uberの戦略的買収は以前から行われている。最近では中東の配車サービスのCareemを31億米ドルで買収し、ラテンアメリカの食料雑貨デリバリースタートアップのCornershopの支配権を取得した。同時にUberは事業の一部を東ヨーロッパ中国東南アジアの競合に売却もしている。

IPOせず

サンフランシスコに拠点を置くPostmatesは2020年のIPO候補として有力視されていた。昨年、証券取引委員会(SEC)に非公開申請したが投資家からの反応がパッとせず、計画は延期されていた。今週(7月第2週)中にもIPO計画を復活させるために準備をしているという報道が出たが、それがUberによる買収に拍車をかけた可能性がある。

Postmatesは2011年設立。オンデマンドのフードデリバリー分野における主要企業の1つだ。食品配達で知られるが、あらゆる商品の配達に利用することができる。これは配車サービスの輸送インフラをUber Eatsへと再利用したUberに似た手法だ。Uberは7月6日、Uber Eatsの2020年第2四半期の予約数が前年比で100%増加したと発表した。また同社は数カ月前、ほぼ全てのアイテムを配送できる「Uber Connect」という新サービスを発表した

Postmatesは2017年にメキシコでローンチした時には国外への拡大も模索していたが、現在はアメリカのみで利用可能となっている。Uberはアメリカでのフードデリバリー市場における地位の確立強化に取り組んでおり、昨年はPostmatesの競合のDoorDashの合併を検討したと報じられている(DoorDashは今年IPOを非公開申請したが、その後4億米ドルを調達しIPOへの計画は不明となっている)。この他にUberが買収を検討していたフードデリバリー大手のGrubhubは1ヶ月前にヨーロッパの同業Just Eatによって73億米ドルで買収された

UberがマーケットリーダーのDoorDashとGrubhubを買収できず、Postmatesを次のターゲットとしたことは理に適っている。消費者データ分析会社のSecond Measureによると、Postmatesは5月のアメリカのフードデリバリー市場において8%のシェアを占めている。これはDoorDash(45%)、GrubHub(23%)、Uber Eats(22%)に次ぐものだ。このデータに基づくと、Uberは現在、競争の激しい国内のフードデリバリー市場で2番目に大きなプレーヤーであることは明らかだ。

UberはPostmatesの株式100%に対して約8,400万株の普通株を発行すると述べている。

※本稿は提携するVentureBeat記事の抄訳です

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------